20代女性に起こりやすい薄毛の原因一覧【今すぐできる対策とは】

20代女性でも、薄毛と無縁というわけにはいきません…

拡張器を持つ女性

抜け毛が増えた気がするけど、まだまだ20代の私には薄毛は無縁…なんて思っていませんか?

最近では、薄毛になってしまう20代の女性が増加し続けている傾向にあります。

薄毛になる原因は、何も加齢だけではありません。普段の生活の中にも薄毛になってしまう原因は隠れているんです。

20代だからと言って、決して薄毛と無縁とは言えません。
手遅れになる前に、しっかりと対策を考えていきましょう!

20代女性がなりやすい薄毛の特徴

頭を抱える女性

20代で薄毛?と思うかもしれません。でも、実際に20代で薄毛になってしまう女性はたくさんいます。

そう言われても、にわかに信じることはできないかもしれませんね。20代女性でも薄毛になることを裏付けるために、まずは20代女性がなりやすい薄毛の特徴をみてみましょう。

びまん性脱毛症(FAGA)

20代女性に多い薄毛の一つに、びまん性脱毛症があります。

びまん性脱毛症はFAGAとも言われ、男性の脱毛症であるAGAの女性版、女性男性型脱毛症のことを言います。

分け目などから、頭皮全体に薄毛が広がっていくのが特徴です。

地肌が髪の上から透けてきたり、つむじや分け目がだんだん目立つようになってきたら、びまん性脱毛症の可能性があります。

以前は加齢が原因になることばかりが注目されていましたが、最近では20代という若さでもびまん性脱毛症によって薄毛担ってしまう女性が増えています。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症も20代女性に多い薄毛の一つです。特に髪のオシャレを楽しんでいる女性に多い薄毛の症状だと言えます。

牽引性脱毛症は髪が長期間引っ張られることで、頭皮や髪に負荷がかかり引き起こされます。
そのため、ポニーテールやおだんごなど、髪を引っ張る髪型をよくしている人や、エクステをつけている女性にも多く見られます。

脂漏性皮膚炎による薄毛

脂漏性皮膚炎というのは、皮脂が分泌しやすいところに炎症が起きる皮膚炎で、悪化すると大きなフケや皮膚が剝がれ落ちるという症状が現れます。

脂漏性皮膚炎は、1度なってしまうと、適切な治療を受けない限り治ることはありません。
治療しないで放置しておくと、抜け毛が増えて薄毛へとつながっていきます。

20代女性の薄毛の原因とは?

2人のお医者さん

特徴がわかっても原因がわからなければ、対策を立てて改善することはできません。そのため、薄毛になってしまう原因をしっかりと把握しておきましょう。

心当たりのある原因があるかもしれませんよ。

ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れは女性の薄毛の原因の一つといわれています。

ホルモンと女性の薄毛には大きな関りがあります。
女性の体の中には、女性ホルモンも男性ホルモンも存在しています。

正常な時には、女性ホルモンが優位に立っていますが、何らかの原因でホルモンのバランスが乱れ、男性ホルモンが優位に立つと、抜け毛が増えて薄毛になってしまいます。

加齢によってホルモンバランスが乱れることはありますが、20代女性の生活の中でもホルモンバランスが乱れてしまう要因は多く存在しています。

例えばピルなどの服用が原因で女性ホルモンのバランスを崩したり、妊娠出産でもホルモンのバランスは乱れてしまいます。

ストレス

ストレスも女性の薄毛の原因として挙げられます。ストレスは体だけでなく、髪にも影響を与えてしまいます。
特に、残業が続いたり、飲み会が頻繁にあったりする20代女性には注意が必要です。

ストレスがかかると、自律神経のバランスが崩れ、血行が悪くなります
頭皮の血行が悪くなると、毛を生やす毛包の細胞分裂がうまくいかず、ヘアサイクルも乱れます。

また血行が悪いと栄養分を髪に届けられず、不健康な髪になり抜けやすくなるため、薄毛へとつながります。睡眠不足や暴飲暴食など生活習慣が悪いことでも、体にはストレスになります。

ダイエットなどによる栄養不足

20代女性に特に多いのが、ダイエットが原因となり薄毛になることです。

若い女性であればスタイルを気にするのも無理はありませんが、過度なダイエットは体にも髪にも悪影響を及ぼします。
極端なダイエットで栄養が不足すれば、体の末端にある髪には影響が届きません。

栄養不足になった髪は不健康になり、脆く弱い髪になります。特に髪はタンパク質でできているため、タンパク質不足は髪を形成することができなくなります。

悪化すると頭皮にも栄養が不足して、髪を生やすことができなくなり、薄毛の原因となります。

現在は20代女性を中心に栄養不足だと言われているので、ダイエットで更に栄養不足にならないようにしなければなりませんね。

20代女性におすすめの薄毛対策法!

考える女性

20代女性が薄毛になってしまう原因がわかりましたね。

原因がわかったところで重要なのは、若いながらに進行してしまった薄毛をどうやって改善するかということです。

対策しなければ、良くなることはありません。
では、20代女性におすすめの具体的な薄毛対策法を見てみましょう。

①女性用育毛剤を使用する

20代で育毛剤は…と抵抗がある女性も多いかもしれませんが、薄毛の対策法としては育毛剤は必需品です。

育毛剤は、ただ単に発毛を促すだけではありません。
血行を促進したり、頭皮の環境を整えたり、薄毛対策に関する総合的な働きをするのが育毛剤です。

薄毛の原因は様々で複雑なため、どれか一つの原因を対策したとして、薄毛の対策としては即効性が感じられないことが多いです。

その点、マルチな作用がある育毛剤は、薄毛の原因に対して即効性があると言えます。

そのため、20代でも育毛剤の使用は早すぎることはないのです。

②頭皮をマッサージする

ポイントは、頭皮の血行をよくすることです。ストレスなどが原因で、血行不良になってしまうことで薄毛につながります。

ストレスを無くすことができれば一番いいのですが、全くなくすことは、現代社会では不可能なことだと思います。
少しでも血行不良であるとこを避けるため、頭皮をマッサージして血行を促しましょう。

ゴシゴシこするのではなく、やさしく揉みほぐすようにマッサージすることが重要なポイントです。

③生活習慣を変える

なかなか難しいことかもしれませんが、生活習慣が薄毛の原因になっている場合は、悪い生活習慣を変える必要があります。

薄毛対策の生活習慣改善は、以下のようなものがポイントとなります。

  • 睡眠をしっかりとる
  • バランスの良い食生活を心がける
  • 暴飲暴食をしない
  • タバコを控える

睡眠中に髪の成長を促す成長ホルモンが多く分泌されすので、睡眠をしっかりとることで薄毛の改善につながります。

また、体が栄養不足にならないためにも、偏った食生活は避け、バランスの良い食事を心がけましょう。更に、タバコはストレス同様、血管を収縮させる働きがあり、血行不良にさせる原因となってしまうのでなるべく控えましょう。

20代女性には育毛剤による対策がおすすめな理由

上記で紹介した対策法のうち、20代女性には以下のような理由から、育毛剤の使用を一番におすすめします。

育毛剤は早期に使用する方がいい

育毛剤は他の対策法に比べ即効性があるものの、薄毛が進行しすぎてからではその効果も現れにくくなるため、20代からの使用したほうがいいです。

手軽に使用でき、継続しやすい

生活習慣を改善するのは、仕事などもあり、環境を変えるのがなかなか大変な場合もありますが、育毛剤はヘアケアの一環として手軽に使えるのでおすすめです。

パッケージがオシャレ

育毛剤と言うと、どうしてもおじさんのイメージがあるかと思いますが、女性用の育毛剤は20代女性にも嬉しい化粧品のようなパッケージになっていて、育毛剤とわかりにくくなっていて周囲にバレにくく使用できるようになっています。

20代だからこそ、薄毛と本気で向き合いましょう

いかがでしたか?
20代でも薄毛になってしまう可能性が充分にあることが、わかっていただけたのでないでしょうか。

放置しておくと、将来後悔することになってしまいますよ。
まだまだ若いから大丈夫、と軽く考えず20代の今だからこそ、薄毛と本気で向き合っていきましょう。