薄毛に悩む50代女性必読!見た目が若返るとっておきの髪型を紹介

50代女性の薄毛は髪型選びが重要!

薄毛に悩む50代女性は年々増加の一方です。
年齢とともに髪の毛の量が少なくなり全体的に薄毛になってきてしまいます。
でも、まだ諦めるには早過ぎます。
多少の薄毛なら髪型でなんとかなるのです。
場合によっては若返ってしまうことも!
薄毛が目立たなくなる50代の女性のための髪型を厳選して紹介しましょう!

薄毛の50代女性におすすめの髪型10選!

薄毛の女性の髪型にはロングは禁物です。
長い髪の毛は見た目で頭頂部の薄さを強調してしまう視覚の効果があります。
それに長い髪の毛の重さが毛根にかかり続けることになり、さらに抜け毛を誘発してしまいます。
50代の薄毛が気になる女性の髪型はショートかミディアムがおすすめなのです。

① ナチュラルショート

ナチュラルショート

50代女性のシンプルなショートの髪型です。
薄毛の感じをなくすためには、薄くなった部分をワックスで持ち上げて散らすようにした後スプレーで固定してしまいます。
髪型をショートにするだけで髪の毛が立ち上がりやすくなりますので、薄毛になり始めていたとしてもボリューム感を出すことは十分可能です。

ナチュラルショート

50代女性にふさわしいシンプルショートの髪型です。
薄毛に注意がいかないように前髪を大きく前下がりにします。
一方で後頭部を持ち上げることで頭頂部の薄毛感をなくし、ボリューム感を出してくれるので、つむじ付近が薄毛の女性にオススメです。
耳を出すこともサイドのアクセントとなり大人っぽさを出すことができます。

② ショートボブ

ショートボブ

50代女性の薄毛に見せない髪型の定番は、やはりショートボブです。
外はねや内巻きを併用することで、髪にボリューム感を出せます。
薄毛に思わせないようにするには髪の毛の分け目はつくらず、前髪を下げるようにしましょう。

 

ショートボブ

シンプルなショートボブです。
50代女性には、薄毛を隠す髪型としては一番のおすすめです。
髪の手入れもブローするだけで簡単。
髪型の工夫も軽く内巻きにする程度で極めてシンプルです。
ただシンプルな分、頭頂部の薄毛がかなり進行してしまっていたら別の髪型にした方が良いかもしれません。

③ ゆるふわミディアム

大人っぽさ全開の50代女性の髪型です。
薄毛を感じさせないゆるふわのクラシカルです。
あえてレイヤーを持ち込むことで、髪の毛の表面に動きを出して薄毛の印象を消します。
毛先もパーマをかけて動きを出し、レイヤーとの相乗効果を狙いましょう。

 

ゆるふわミディアム

50代女性の薄毛を隠すゆるふわミディアムの髪型です。
髪の毛の根元から立ち上がるようにふんわりパーマをかけて薄毛を隠します。
髪の毛の薄い部分に、髪の毛を盛れるように分け目をつけて自然な感じで流します。

④ ミディアム

ミディアム

ミディアムにウェーブをかけた50代女性向けの髪型です。
髪の毛のカラーは明るい感じにすると重い感じや薄毛の感じをなくせます。
立体感を感じさせるように大きな動きのパーマをかけると効果的です。

50代の女性に似合うクラシカルミディアムの髪型です。
薄毛を隠すためにはレイヤーにカールをつけて動きを感じるようにスタイリングします。
髪の毛の分け目ははっきりとは付けずに、薄毛の部分に髪の毛を盛るようにもっていきます。

⑤ ロブ

ロブ

50代女性の薄毛でも似合う髪型のロブです。
後頭部の方から髪の毛を持ってきて前髪を長めにすることで、薄毛を隠すことができます。
毛先を外はねにすることで、髪の動きとボリューム感を出すことができます。

ロブ

50代女性の薄毛対策のロブの髪型です。
50代の女性のロブのポイントは先の髪型もそうですが前髪をなるべく後ろから持ってくることです。
その髪型で薄毛の印象を消すことができ、額の皺なども隠せます。
ロブ自体が可愛らしさを出すので、前髪の効果で見た目の年齢を少な目にすることができます。

そもそも50代女性の薄毛はなぜ起こる?

女性ホルモンにエストロゲンというホルモンがあります。
エストロゲンは女性の体内で様々な働きをします。
エストロゲンの髪の毛に関する作用としては、髪の毛の発毛・太く長く育毛・その成長期間の維持です。
そのエストロゲンは更年期になり50代ともなるとると急激に減少します。
すると髪の毛は育ちにくくなり、成長期の維持も困難となり抜け毛となり、頭髪全体では髪の毛の量が減り薄毛となるのです。
つまり50代の女性の薄毛は、加齢+更年期によるエストロゲンの減少が原因なのです。

薄毛の50代女性が髪型を考える際に注意すべきこと

では、少しでも薄毛の症状の進行を止めたり改善したりすることはできないものでしょうか?
50代の女性の髪型にとっての注意点をまとめました。

①白髪染めやパーマの頻度は抑える

50代の女性の頭皮は若いころとは違います。
熱い熱やパーマ液の刺激に対する抵抗力も弱まっています。
また髪の毛を引っ張ると抜けやすくもなっています。
そこで頭皮や髪の毛に負担のかかる白髪染めやパーマの頻度はできる限り少なくしましょう。

② ヘアカラーは明るめ・薄め

色の濃い色や暗い色あるいは黒髪のままでは髪の毛の見た目が重い感じとなりボリュームの少なさが目立ちます。
一方で明るい色や薄い色の髪の毛では、髪の毛のボリュームは目立ちません。
50代になったからこそ、ヘアカラーの色合いは以前より慎重に選ぶようにしましょう。

③ 意外に効果的なブロー

毎日のドライヤーも、当て方次第で意外に髪の毛のボリュームを出すことができます。
ポイントは以下の2点です。
・下向き、うつむき加減の状態でドライヤーを下からあてます。
・髪の毛の根元にドライヤーをあてて、髪の毛を立ち上がるようにします。
50代の女性の髪型でもかなり効果が得られますので、ぜひお試しください。

50代女性でも若々しくいられるとっておきの髪型とは?

どうしても自毛だけではボリュームをカバーできないという女性には、ウィッグを使用をするという手段もあります。
ウィッグなら、いったん作っておきさえすれば装着するだけですから時間も手間もかからずに薄毛を増毛できます。
実際50代の女性でウィッグを使っている人は大勢います。
オーダーメイドでウィッグを作ることもできますので、自毛と見分けのつかない出来栄えになります。

髪が薄い50代女性でも、髪型次第で若さは保てる!

50代で薄毛の女性でも髪型を変えれば、若く見える人や全く別人に見える人までいます。
薄毛で悩んでいるよりは髪型を変えたりウィッグを使うなどして外見も内面も一気に若返ってしまいましょう。
せっかくの人生ですから、50代からでも大いに楽しみましょう!