オナニーすると薄毛になるって本当!?【噂の真相を解説】

オナニーが薄毛の原因に!?

薄毛に驚く女性

誰しも1度は聞いたことがある「オナニーすると薄毛になる」
まことしやかに囁かれるこの噂は本当なのでしょうか?

この噂のほとんどが男性に向けられたものだと思っている人も多いでしょうが、ネット上ではチラホラと女性の1人エッチと薄毛との関連性について説明されているサイトも多く、男女関係なく同様の噂が存在しています。

もし本当であったら一大事ですよね!
今回は、オナニーと薄毛の関係性について詳しく見ていきましょう。

オナニーで薄毛になるって本当!?

抜け毛を見て心配する人

「オナニーのし過ぎでハゲるかもしれない」と心のどこかで悩みを抱えている人は、男性・女性関係なく、少なからずいることでしょう。
なかなか相談できることではないですから、実際どうなのか気になりますよね。

はっきりいうと、オナニーのし過ぎで薄毛になることは、男性・女性共にほとんどありません!
薄毛とオナニーの因果関係は基本的には認められていませんから、1日何回も連続でオナニーをしすぎたりしなければ、大丈夫でしょう。

ですが、中には医学的見解から薄毛の原因になる可能性があるという説も…。
実際のところ100%関係ないとは言い切れないのです。

オナニーが薄毛に関係すると言われている理由

悩む女性

何故、「オナニーをすること=薄毛になる」というような話が広まったのでしょうか。
このような話が広まった理由として様々な経緯があります。
その理由について考察してみましょう。

オナニーで男性ホルモンが増える

「オナニーをすると男性ホルモンが増える」と聞いたことありませんか?
性的興奮によってテストステロンという男性ホルモンの分泌を伴うと言われています。
これは、男女関係なく分泌されると言われており、テストステロンは、AGA(男性型脱毛症)の原因になるDHT(ジヒドロテストステロン)の元となるので、これがオナニーと薄毛を結びつけていると考えられます。

しかし、性的興奮で分泌されるテストステロンとDHTは全く別物ですし、すぐさまAGAの進行に繋がる訳ではありません。
また、オナニーによるテストステロン値(男性ホルモン量)は変化せず、むしろ禁欲している方が男性ホルモンが多く分泌されるという見解もあるので、あまり気にする必要なないでしょう。

射精による栄養分の流出

髪の毛は、大部分がケラチンたんぱくと呼ばれるタンパク質からできています。
その他に、水分やメラニン色素、脂質、微量元素などの成分が含まれ、ごく少量のリンやケイ素、マグネシウムなどの成分で生成されています。

射精をすることで、たんぱく質や亜鉛、ビタミン等の髪の毛の生成に必要な成分を排出してしまうことになってしまいます。
ですが、射精による栄養分の排出量は、髪の毛が薄くなるほどのものではないですから、心配する必要はないです。

オナニー禁止が薄毛の原因になるという考え方も

頭を抱える女性

オナニーを我慢しすぎると、極度のストレスがたまります。
過度なストレスは、体の様々な部分に悪影響をもたらしてしまいます。
もちろん、頭皮も例外ではありません。

ストレスを溜めすぎてしまうと、筋肉が圧縮してしまい、血液の流れが悪くなってしまいます。
そうすると、髪の毛の発育に必要な栄養が頭髪全体の行き渡らないために、薄毛を進行させてしまいます。

禁欲生活は、ストレスを溜めすぎないようにしましょう。

薄毛になるのが心配でオナニーができない

髪の毛の仕組み

オナニーが薄毛の直接の原因にはほとんどならないと説明しましたが、それでも心配だという人もいるでしょう。
そんな人はどうしたら良いのでしょうか?

大事なのは、頭皮・頭髪全体に栄養を行き届かせることです。
しかし、残念ながら食事だけで必要な栄養を届かせることは、なかなか出来ません。
そんな時に頼りたいのは、やはり育毛剤ですね。
育毛剤は、直接頭皮・頭髪全体に直接効能を作用してくれるので、薄毛が心配だという人には大変おすすめです。

育毛剤と聞くと、あまり良いイメージが持てない人も多いとは思いますが、最近では若者向けの物や、女性用の物など使用しやすい育毛剤も増えているので、薄毛が気になっている人はぜひ気軽に試してみてはいかがでしょうか。

気にしすぎは体に毒!

適度にオナニーをすることは、全く問題ありません。
むしろ、我慢しすぎは体に毒ですし、ストレスを止めることで、逆に薄毛の原因になることも。

あまりにもオナニーばかりしているのはよくないですが、気にしすぎる必要はありませんので、オナニーは適度にした方がいいですね。