シャンプーが原因で女性が薄毛に…?正しいシャンプー方法で対策しよう!

女性はシャンプーが原因で薄毛になる!?

シャンプー中の抜け毛

シャンプーが女性の薄毛の原因を作っている…。そう言われても、なかなか信じられないかもしれませんね。
でも、これは事実なんです。
正しいシャンプーができているかと聞かれた時、あなたは自信をもってイエスと言えるでしょうか?

毎日行うシャンプーだからこそ、正しく行わないと頭皮に悪影響を与えてしまうことになります。何気なく行っているシャンプーの方法を今一度見直してみましょう。

こんなシャンプー法が女性の薄毛を引き起こす!

シャンプーで薄毛になってしまうとしたら、毎日薄毛を助長しているかもしれず、とても怖いですよね。
ヘアケアをよくしている女性は多いと思いますが、ケアするはずが逆効果…ということも考えられます。

まずは、シャンプーが原因で起こりうる薄毛の理由を3つご紹介します。

①シャンプーがすすぎきれてない

すすぎをさっと済ませてしまう人は、多いかもしれませんね。でも、シャンプーはすすぎがとても重要なのです。
すすぎが不十分で、シャンプー剤が頭皮に付着したままになると、汚れで毛穴をつまらせる原因になります。
毛穴が詰まったまま放置しておくと、抜け毛が増え、薄毛の原因になります。

特に女性は、髪の長い人が多いので、生え際や襟足などのすすぎが十分にできていないことがあり、注意が必要です。

②頭皮をゴシゴシ洗いすぎる

体を洗う女性

シャンプー時に頭皮を洗うことはとても大切なことですが、洗いすぎると頭皮の環境を悪化させることになります。
汚れを落とそうと、ゴシゴシ洗う人が多いと思いますが、力を入れて頭皮を洗うと、頭皮を傷つけてしまうことがあります。
頭皮の環境が悪化すると、ヘアサイクルが乱れ薄毛の原因になってしまいます。

女性では、爪を伸ばしてネイルをしている人もいると思いますが、爪を立てて頭皮を洗うことは控え、やさしく洗うようにしましょう。

③刺激の強いシャンプーを使っている

薄毛になる原因は、シャンプー自体にもあります。
シャンプーはどれも同じと思っているかもしれませんが、それは大きな間違いです。
シャンプーによって使用されている成分が異なります。
市販されているシャンプーの中には、泡立ちを良くしたり保存期間を長くするために防腐剤をが入っていたり、色々な成分が含まれています。

また、汚れを落としやすくするため、洗浄力の高い成分が含まれているものもあります。
刺激の強い成分は、髪や頭皮に悪影響を及ぼし、薄毛の原因になります。
女性では、シャンプーのパッケージや香りによって、シャンプーを選ぶ人もいますが、そのシャンプーが刺激の強い成分の可能性があります。

女性の薄毛を防ぐ正しいシャンプー法

何気なく行っているシャンプーでも薄毛になる可能性があるのが、理解できたと思います。
その原因を踏まえて、ここではシャンプー時の5つのポイントをご紹介します。

自分がシャンプーをしている時のことを思い出しながら、シャンプーのやり方で薄毛の原因を作っていないか、ポイントをしっかりチェックしてみましょう。

①しっかりと髪を濡らす

シャワーを浴びる女性

薄毛に悩む女性のためのシャンプー時のポイント1つ目は、シャンプーをつける前の髪をしっかりと濡らすことです。
髪を十分に濡らしていない状態でシャンプーすると、髪同士がこすれて摩擦の原因になります。
それは、髪を傷める原因となり、薄毛を助長することになってしまいます。

また、最初の髪のすすぎを十分にすることで、ある程度髪に付着した汚れを落とすこともできます。
女性は髪が長い人が多いので、しっかりと髪の内側まで髪を濡らすようにしましょう。

②シャンプーを頭につける前に泡立てる

薄毛に悩む女性のためのシャンプー時のポイント2つ目は、シャンプー剤の使い方にあります。
シャンプー剤を直接髪につけていませんか?
シャンプー剤を直接髪で泡立てると、髪を摩擦させる原因になり、薄毛につながってしまいます。

また、シャンプー剤を多く使う原因にもなり、シャンプー剤が頭皮に残りやすくなってしまいます。
シャンプー剤は、髪につける前に手に500円玉ぐらいの量を取って、泡立ててから髪につけるのがポイントです。
髪の長い女性は、どうしてもシャンプー剤を多く使ってしまいがちになりますが、手に取ることで、量を確認しながら使うことができます。

③マッサージするように頭皮を洗う

髪の毛を洗う女性

薄毛に悩む女性のためのシャンプーのポイント3つ目は、髪の洗い方です。
頭皮の汚れを落とそうと、力を入れてゴシゴシ洗っていないでしょうか?
実は、頭皮は皮膚の中でも薄く、とてもデリケートで傷つきやすいので、少しの刺激でも傷つけてしまうことがあります。
爪をたてて、思い切り洗うことは避けましょう。

頭皮は、マッサージするように指の腹を使って、やさしく汚れを押し出すように洗うのがポイントです。
髪の長い女性は、髪が絡まないように、手ぐしで髪をとくようにシャンプーの泡で洗うのがポイントです。

④すすぎは十分に

薄毛に悩む女性のためのシャンプーのポイントの4つ目は、シャンプー剤のすすぎにあります。
シャンプーで、とても重要なのは、このすすぎです。
汚れをおとすためののシャンプーなのに、すすぎが十分できていないと、汚れが付着したままになり、薄毛につながります。

シャンプー剤で洗う時間を1とすると、すすぎはその3倍の時間をかけるようにしましょう。
ちゃんとシャンプー剤を落としたつもりでも、髪の内側部分にシャンプー剤が残っていることがあるので、しっかりすすぐ必要があります。
髪の長い女性は、襟足などにすすぎ残しが多いので、十分にすすぐようにしましょう。

⑤シャンプー後はドライヤーでしっかり乾かす

ドライヤーをする女性

薄毛に悩む女性のためのシャンプーのポイント5つ目は、乾燥です。
自然乾燥している女性もいるかもしれませんが、髪はシャンプーの後、必ずドライヤーで乾かすことが大切です。
なぜなら、髪は浸透性が高く水分を吸収することで膨張してしまい、乾いた髪と比べると髪をとかす時に摩擦が多くかかり、ダメージを受けやすくなるため抜け毛の原因になってしまいます。

また、髪を濡れたまま放置すると、湿ったところが好きな細菌が繁殖してしまう原因になります。
こうして増えた雑菌は皮脂をえさにしてさらに増加し、そのせいで一時的に皮脂が減ると、体は余計に皮脂の分泌を活発に行うため、結果的に皮脂が過剰分泌されるという悪循環に繋がるわけです。
頭皮環境を悪化させる原因にもなるので、濡れたまま放置することは避けましょう。

また、髪を濡れたまま放置することで、頭皮の乾燥にもつながり、さらに髪同士の摩擦の原因にもなります。
シャンプーの後は、ドライヤーを使って、できるだけ早く乾かすことがポイントです。

薄毛が気になる女性におすすめのシャンプーの特徴

シャンプーを持つ女性

シャンプー時の5つのポイントが、分かりましたね。
シャンプーの仕方が分かっても、シャンプー自体が良くなくては、完全な薄毛の対策にはなりません。

女性の薄毛にとって、最適なシャンプーとはどんなものでしょうか?女性の薄毛対策に必須のシャンプーの条件を見ていきましょう。

①天然成分配合で無添加である

洗浄力の高いシャンプーには、刺激の強い成分が含まれていることは前述しましたね。泡立ちが良いからと言って、それが良いシャンプーであるとは言えません。
洗浄力の高いシャンプーは、石油由来の成分が含まれていることがほとんどです。
洗浄力が高いと、頭皮にとって必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

植物由来の天然成分配合のシャンプーであれば、頭皮に優しく、必要な皮脂は残しながら、表面の汚れを落とします。
さらに無添加であれば、頭皮に刺激になることもなく、女性の薄毛対策に最適のシャンプーであると言えます。

②ノンシリコン

ノンシリコンのシャンプーは、最近よく耳にするようになったので、知っている女性も多いのではないでしょうか?
一般的に、シリコンは髪をコーティングする作用を持っていて、髪をすべりの良い感触にします。
そのため、シリコンを配合したシャンプーが多く販売されています。

しかし、シリコンはそのコーティング力によって、頭皮に付着すると毛穴を塞ぐ原因となるとされています。
毛穴を塞ぐと髪が生えにくくなり、薄毛になるという理由から、シリコンを含まないノンシリコンが注目されるようになりました。
薄毛対策としては、ノンシリコンシャンプーがおすすめです。

③洗浄成分はアミノ酸系

血管や筋肉や皮膚、私たち人間の体は、タンパク質で作られています。
そのタンパク質は、たくさんのアミノ酸が連なって構成されているのです。
そんな私たちの体に欠かせないアミノ酸で作られているアミノ酸系のシャンプーは、頭皮に刺激が少ないのが分かっていただけると思います。

アミノ酸系の洗浄成分は、それほど洗浄力が高くはありませんが、汚れや不必要な皮脂は洗い流し、必要な皮脂を残すことができます。
できるだけ刺激を避けたい薄毛の女性に対して、適していると言えます。

逆にこんなシャンプーには注意しましょう

洗浄力の高いシャンプーは、頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまいます。皮脂は頭皮に薄い膜を作り、外部の刺激から頭皮を守る働きをしています。
必要な皮脂がなくなってしまうと、頭皮を守るため、毛穴からどんどん皮脂を分泌していきます。
皮脂は多すぎても少なすぎても頭皮に悪影響を与え、薄毛の原因になります。

ドラッグストアなどで安価で売られている石油系のシャンプーは、洗浄力が高く、刺激が強いのが特徴です。
「ラウリル硫酸…」という成分が含まれているものは、石油系シャンプーです。
石油系シャンプーは頭皮に炎症を起こすこともあり、薄毛を助長させる可能性もあります。

シャンプーによる薄毛の原因にサヨナラ!

お医者さん

いかがでしたか。
習慣的に行っているシャンプーにも、薄毛に繋がる原因が潜んでいるのが理解できたのではないでしょうか?
自分に合ったシャンプーを選んで、適切にシャンプーをすることが重要なポイントです。

女性はやっぱりいつまでもキレイな髪でいたいですよね。正しくシャンプーを使って、薄毛の原因を排除しましょう!