10代女性の薄毛の原因は生活習慣にあり!今からはじめる抜け毛対策

10代女性でも、気をぬくと薄毛になる…?

櫛をする女性

10代で薄毛なんてありえない…そう思って気を抜いていると、知らない間に抜け毛が増えて薄毛が進行している、なんてこともありますよ。
薄毛は加齢だけが原因で起こるわけではありません。

生活習慣や、女性が何気なく行っているヘアケアが間違っているために薄毛を起こしてしまう場合もあるのです。
10代の今だからこそ、抜け毛や薄毛につながる原因を知って、徹底的にケアしていくことが大切ですよ。

10代の女性が薄毛になる主な原因

枕に落ちる抜け毛

10代の若い女性であっても、抜け毛や薄毛を引き起こす可能性があるということですね。
では、いったいどんなことが原因で薄毛になってしまうのでしょうか。
正しいケアをしていくためにも、抜け毛や薄毛の原因を知っておきましょう。

①頭皮の栄養不足・ダメージ

頭皮には、髪の元となる毛包があります。
毛包が栄養を受けると、健康で丈夫な髪が育っていきます。
しかし、何らかの原因によって、頭皮が栄養不足になったりダメージを受けることで、頭皮環境が悪化すると、弱く脆い不健康な髪が育っていきます。

栄養不足の髪は、頭皮からも栄養が届けられず、抜け毛になり薄毛につながります。
また頭皮環境が悪化すると、ヘアサイクルも乱れ、本来抜けるべきでない時に髪が抜けたり、髪の生えない期間が長くなることでも薄毛になります。

②ホルモンバランスの乱れ

ホルモンバランスの乱れにより薄毛になる女性もいます。
女性ホルモンは、普段は一定に保たれています。
女性ホルモンが一定に保たれていることで、女性の体は体調も整えられています。
でも、ストレスなどで、女性ホルモンはすぐにバランスが崩れてしまいます。

特に10代はまだ成長期の女性もいるので、生理が安定せず生理不順の人もいて、女性ホルモンのバランスが乱れやすいこともあります。
髪の成長と女性ホルモンは関係していて、女性ホルモンが低下してバランスが乱れることでも抜け毛増加や薄毛につながってしまいます。

10代女性の抜け毛を増やす7つの生活習慣

ベッドでスマホを見る女性

10代女性に引き起こされる抜け毛や薄毛は、身近な生活習慣から起きていると考えられます。

先ほどの10代女性が抜け毛や薄毛になる主な原因を踏まえ、以下の7つの生活習慣からどのように抜け毛や薄毛につながっていくのかを説明します。

①PC・スマホの見過ぎ

一見、抜け毛や薄毛と関係のなさそうなPCやスマホですが、実は深い関係があります。
現代社会では、スマホを見ない日はないというぐらい毎日使用していると思います。
特に若い10代の女性なら、コミュニケーションのツールとして長時間使用しているのではないでしょうか。

PCやスマホは長時間使用することで一点を見続けることになり、眼精疲労になります。
眼精疲労は目の疲れだけでなく、血流を阻害してしまうと言われています。
血行不良になると、血液がうまく体内を循環しなくなり、届けられられるはずの栄養が頭皮に届かなくなってしまいます。
そのため、間接的に抜け毛や薄毛につながってしまうと考えられます。

②ダイエット

10代の女性の中には、スタイルを気にしてダイエットをしている女性がいるかもしれませんね。実は、ダイエットも女性の薄毛の原因となってしまうのです。

極端に食事の量が少なかったり、野菜だけしか食べないなど偏った食事をしてしまっていることはありませんか。
このようなダイエット生活をしていると、体は栄養不足になってしまいます。
体内に入った栄養分が少ない上に、まず最初に重要器官である内臓に栄養が運ばれるため、体の末端にある頭皮や髪には栄養が届きません。
栄養不足になった頭皮では、健康な髪が育たず、抜け毛や薄毛になってしまいます。

また、こうした過度なダイエットをしている女性は栄養不足を自覚していないことがほとんどであるのが問題です。
「自分は大丈夫!」と思っていても、ときには意識して、自身の食生活をきちんと見つめ直すようにしましょう。

③カラーリング・パーマ

10代女性であれば、ヘアスタイルにこだわって、髪型を頻繁に変える人もいるかもしれません。
でも、パーマやカラーリングをよくする女性は薄毛への注意が必要です。
カラーリングもパーマも薬剤を使用しています。
その薬剤の影響によって、頭皮や髪が傷んでしまうことがあります。
頭皮が傷んでしまうと、頭皮環境の悪化で抜け毛や薄毛の原因になってしまいます。

また、根拠はありませんが、カラーリングやパーマの薬剤は、皮膚から吸収されてホルモンバランスに影響を与えるということも言われているので、やはり注意が必要です。

④スタイリング剤の使用

毎日スタイリング剤を使って、髪を整えている10代の女性も注意が必要です。
ヘアスプレーなどのスタイリング剤であれば、頭皮に直接かかってしまうこともあり、カラーリングやパーマと同様に、頭皮を傷めてしまう原因になってしまいます。

またヘアワックスは油分でできているため、シャンプー時に落としにくいこともあります。
髪が傷むことでも抜け毛や薄毛につながるので、ヘアスタイリング剤の過度な使用も気をつけましょう。

⑤シャンプーのしすぎ・洗い残し

シャワーを浴びる女性

女性の薄毛はシャンプーも原因になりえます。
10代の女性であれば、オシャレや身だしなみにも気を使うでしょう。
シャンプーを1日2回する女性もいるかもしれません。

でも、シャンプーのし過ぎも抜け毛を助長させたり、薄毛になる原因になります。
頭皮には元々皮脂がありますが、皮脂は頭皮を守るためには必要なものなのです。

シャンプーをし過ぎて、必要以上に頭皮を落としてしまうと、頭皮を傷つけやすくなり、頭皮環境も悪化してしまうのです。
また、シャンプー時は洗い残しにも注意が必要です。
シャンプー剤が落としきれていないと、頭皮に汚れが付着したままになり、毛穴を詰まらせたりと頭皮環境の悪化につながります。

⑥睡眠不足

つい夜更かしをし過ぎてしまう10代の女性はいませんか?
遅くまで起きていても、翌朝起きられるのが10代の若さかもしれませんが、若くても睡眠不足であることには変わりがありません。
睡眠不足にも女性の薄毛を引き起こす危険性が潜んでいます。

睡眠不足は肌に良くないと聞いたことがあるかと思いますが、頭皮も顔とつながった皮膚なので、もちろん影響を受けます。
さらに、睡眠中には成長ホルモンが盛んに分泌されます。

成長ホルモンは、細胞の新陳代謝を活発にするので、髪の成長を促す毛母細胞を活性化され、健康な髪を育てることができます。
そのため、睡眠不足になると細胞が不活性化し、頭皮の環境も悪化し、薄毛へとつながります。

⑦頭皮に負担のかかる髪型

10代の女性には、ヘアアレンジが好きな人もいるでしょう。
髪を結んだり、ヘアピンで留めたりという何気ないヘアアレンジであっても、やり方によっては抜け毛や薄毛につながる可能性があります。
注意したいのは、髪を引っ張る方向に力が加わってしまうことです。

長期間に渡って髪を引っ張っていると、髪が抜ける方向に力が加わりすぎて、抜け毛になったり、頭皮に負担がかかって、悪化すると髪が生えてこなくなり薄毛になってしまいます。
頭皮を傷めてしまう髪型は要注意です。

薄毛につながる生活習慣に心当たりのある10代女性へ

前述の抜け毛や薄毛につながる生活習慣に心当たりのある10代女性は、けっこういるかもしれませんね。
でも、生活する上で必要な時もあるでしょうから、適度であれば問題はありません。

あくまでも過度に良くない生活習慣を続けてしまうと、抜け毛や薄毛につながるということです。
そのため、あまり神経質にはならずに、生活習慣を見直し、できるところから改善していくようにしましょう。

10代女性は抜け毛・薄毛の治療は受けられる?

困った女性

クリニックでの抜け毛・薄毛の治療は、年齢に関係なく10代の女性であってもできます。
でも、10代女性ということなら、あまりおすすめはしません。
何故かと言うと、10代で薄毛や抜け毛になる原因の多くは生活習慣によるものであったりと、ほとんどが治療を必要としないものだからです。

中には円形脱毛症や抜毛症などの治療を必要とする症状もあり、その場合はクリニックでの治療も考慮した方がいいですが、一般的な抜け毛や薄毛には、治療は必要ないと考えられます。

また10代女性であれば未成年なので、治療には親権者の同意書が必要になります。

抜け毛・薄毛が気になる10代女性がすべき対策

10代で抜け毛や薄毛になってしまうと、女性としては気になって仕方がないですよね。
その為の対策として、まずは前述の生活習慣のうちで心当たりのあるものを改善することが重要です。
頭皮環境を整えることで頭皮や髪の状態は変わってきます。

その上で、育毛シャンプーを使用しながら、自然治癒を待つのが最適だと言えます。
育毛シャンプーには頭皮環境を正常化させる作用が期待できるため、10代の抜け毛・薄毛対策には効果的です。

もちろん、女性用育毛剤も効果的ではありますが、高額であるため、10代の女性にはおすすめできません。

10代女性の抜け毛・薄毛対策は原因の見極めがカギ

伸びをする女の子

いかがでしたか。
10代女性が抜け毛や薄毛になってしまう原因をご紹介してきました。
気になる抜け毛や薄毛は早目の対処が必要ですが、10代女性が抜け毛や薄毛を対策するためには、原因の見極めが重要なカギとなります。
今一度自分の生活習慣を振り返って、改善すべき点がないか確認してみましょう!