妊娠中や不妊の女性が薄毛になりやすい理由と対策法

不妊の女性や妊娠中の女性は薄毛になりやすい?

悩む女性

女性が薄毛の原因は色々ありますが、中でも妊娠中や不妊の女性は薄毛になりやすいとも言われています。
妊娠中はともかく、不妊でも薄毛になりやすいというのは一体…?

今回は妊娠中や不妊の女性の薄毛の原因をはじめ、どういった対策をすればよいかにもスポットを当ててご紹介していきましょう。
ぜひ参考にしてくださいね。

妊娠中に薄毛になりやすい原因は?

妊婦さん

まずは、妊娠中の女性が薄毛になりやすい原因から探っていくことにしますね。
妊娠中の女性の体にはどういうことが起きているのでしょうか?

①ホルモンバランスが乱れている

妊娠中は母胎を支えるために女性ホルモンが多く分泌されています。
本来なら女性ホルモンは髪の毛の成長にとって欠かせない成分。
でも、妊娠中あまりにも女性ホルモンの量が増えてしまうと、それによって全体的なホルモンバランスが乱れて薄毛になってしまうことがあるんです。

何事もほどほどが肝心ということなんですね。

②髪への栄養が足りていない

妊娠中はどうしても赤ちゃんに多くの栄養を取られてしまいます。
普段より食事に気をつけていても、ママの体の栄養が少なくなってしまうこともあるんですね。

こうした時、どうしても髪の毛のほうに回る栄養は優先順位が後のほうになります。
そうなると髪の毛を作ったり成長させるための栄養が行き渡らずに薄毛になってしまう…ということも考えられるんですよ。

③妊娠中のストレス

妊娠中は幸せな気持ちでいっぱい。
でもその反面、普段と違う体の状況や、大きなおなかを抱えて行動しなければならないなど、日々のストレスもかなり増えてくると思います。

ストレスはその原因に関わらず脳を疲労させ、自律神経やホルモンバランスを乱してしまいます。
こうしたことも抜け毛の原因になって薄毛を促してしまうんですね。

不妊の女性が薄毛になりやすい原因は?

薄毛をチェックする女性

では、不妊の女性が薄毛になってしまう背景にはどういった原因があるのでしょうか。

まず考えられるのは、やはりストレスです。
赤ちゃんがほしいのにできないという気持ちはかなりのストレスですよね。
そうした強いストレスから薄毛になってしまう場合があるんですよ。

また、不妊の原因がホルモンバランスの乱れにあった場合、これが薄毛の原因となることも考えられるんです。

不妊の女性・妊娠中の女性ができる薄毛対策は?

外出する女性

妊娠中や不妊の女性が薄毛になってしまう原因をご紹介してきました。
原因がわかれば対策もできます!
妊娠中・不妊の女性にオススメの薄毛対策をご紹介しますね。

①適度な運動

妊娠中・不妊の女性の薄毛対策としてまずおすすめしたいのが適度な運動です。

軽い運動をすることで血行促進になりますし、ストレス解消もできますよね。
いきなりジムに行ったりマラソンをしたりなどの本格的な運動ではなくても、移動には自転車や階段を使ったり、また毎日ラジオ体操やストレッチをするといった軽い運動で構いません。
毎日の生活にムリなく取り入れてみてください。

②栄養バランスの取れた食事

妊娠中の女性が薄毛になってしまう原因として栄養不足を挙げましたが、これは不妊の女性でも例外ではありません。
例えばストレスで食が細くなることもありますし、栄養不足で薄毛になってしまう女性は意外と多いんですね。

身体を作る基本の食事。
ぜひ疎かにせずに、ちょっとだけ気をつけてみるといいかもしれませんよ。

③女性用育毛剤

薄毛に悩む女性が増えてきたことで、最近は女性用の育毛剤の開発がかなり進んできています。
妊娠中でも使えるような無添加・天然由来成分のものもありますし、こういった女性用育毛剤はお肌への刺激がほとんどありませんから不妊の女性でも安心して使うことができます。
こうした便利なツールを活用することも、ぜひ一度考えてみてくださいね。

④睡眠時間の確保

足のツボを押す女性

人間の細胞は寝ている間に活発に分裂すると言われていて、髪の毛の細胞も例外ではありません
女性の薄毛対策としても、また健康的でストレスのない生活を送るためにも、きちんと睡眠を取ることはとても大事なことなんですよ。

また、夜10時~深夜2時まではゴールデンタイムと呼ばれていて、成長ホルモンが多く分泌されると言われています。
もし長時間の睡眠が取れないという女性は、この時間帯に寝るようにするといいかもしれません。

⑤ヘアアレンジで隠す

女性の薄毛対策としては、ヘアアレンジも有効な手段のひとつです。
髪の毛を長くして気になるところを隠すようなヘアスタイルもいいですし、思い切ってショートヘアーにして全体的にふわっとさせてしまうのもいいかもしれません。

こういったことは美容師さんが詳しいですので、一度ヘアサロンで相談してみると、あなたに合った提案を色々してくれるはずですよ。

⑥ウィッグ・エクステをつける

忙しくてヘアサロンに通うのもなかなか…という女性は、ウィッグやエクステを活用するのもおすすめです。

ウィッグやエクステは自分の髪の毛ではありませんが、薄毛になってしまったところを手軽に隠すことができます。
また、最近は質もかなり上がってきていますので、つけていても自分の髪ではないと気付かれる心配も低くなってきているんですよ。

⑦分け目を毎日同じにしない

髪の毛をチェックする女性

薄毛に悩む女性の中には、毎日同じ分け目にしている人もいるかもしれませんね。
でもこれ、牽引性脱毛症という、妊娠や不妊の原因とは別の薄毛になってしまう可能性があるんです。

牽引性脱毛症は同じ箇所の髪の毛を引っ張り続けることで薄毛になってしまうという症状。
対策としては、分け目を毎日少しずつ変えて、毛根に負担をかけないことが挙げられます。
ちょっとしたことですので、ぜひ心掛けてみてくださいね。

⑧ストレスを溜めないように過ごす

先ほどからもご紹介してきましたが、ストレスは髪の毛にとって大敵。
妊娠中や不妊の女性は特にストレスを感じやすくなっているはずですので、ぜひご自身なりのストレス解消法を見つけるようにしてください。

ストレスは溜めてから発散するよりも、毎日こまめに解消していくのがコツです。
毎日タイミングを決めて深呼吸をしたり体操をしたり、うまくストレスを解消していきましょう。

⑨シャンプー後はしっかり髪を乾かす

妊娠中や不妊の女性に限らず、シャンプー後のお手入れ不足が原因で薄毛になってしまう女性は意外と多いと言われています。
その大きな原因とされるのが、濡れた髪を放置してしまうこと。

濡れた状態で髪の毛を放っておくと水分によって頭皮が冷えて、血行不良になってしまいます。
すると毛根に栄養が届かなくなって薄毛になってしまうというわけなんですね。

ぜひシャンプーの後はしっかりと髪を乾かすようにしましょう。

⑩女性の薄毛専門のクリニックで無料相談してみる

ここまではご自身でできる薄毛対策をご紹介してきました。
でも、やっぱり個人でできる対策には限界がありますよね。

そこでおすすめしたいのが、女性用の薄毛専用クリニックです。
薄毛治療を専門としているクリニックならあなたの薄毛の原因と対策を適切に判断してくれますよ。
今は多くのクリニックで無料相談を実施していますから、気軽に相談してみてくださいね。

不妊の女性は不妊治療をすると薄毛の改善が期待できるかも

女性の薄毛に一押し

実は不妊の女性は、不妊治療をすると薄毛の改善が期待できる場合があります。

というのも、不妊の原因がホルモンバランスであった場合、ホルモン治療をすることがあるんですね。
ホルモンバランスを整えることは薄毛対策にもつながりますから、不妊治療と同時に女性の薄毛が改善できる可能性も考えられるんです。

もし不妊と薄毛に悩んでいる女性は、思い切って不妊治療を始めてみるといいかもしれません。

不妊の女性・妊娠中の女性は前向きに薄毛を対策していこう

不妊や妊娠中の女性の薄毛の原因と対策について、いかがだったでしょうか。

大事な妊娠中に薄毛で悩むのもつらいですし、不妊と薄毛という悩みを同時に抱えるのもつらいものです。
ぜひこうした状況で薄毛に悩んでいる女性は、今回の記事を参考に前向きに薄毛対策をしてみてくださいね。

毎日の積み重ねで薄毛は必ず改善していきますよ!