産後の抜け毛をウィッグやエクステで対策するメリットとデメリット

ウィッグやエクステで産後の抜け毛を隠すのはあり?

髪の毛をチェックする女性

多くの新米ママが悩むと言われている、産後の抜け毛
しばらくすれば治まるとはわかっていても、少しでもケアしたいと思う女性はきっと多いと思います。

当面の対処法として思いつくのは、ウィッグやエクステで産後の抜け毛の部分を隠すことではないでしょうか。
これは産後の抜け毛が治まるまで一時的なヘアスタイル維持になりますので、基本的にはOKです。
ただ、ウィッグやエクステにはデメリットもあるので注意が必要なんですよ。

今回は産後の抜け毛の対策としてウィッグやエクステを使うことについて、メリットやデメリットを詳しくご紹介していきますね!

産後の抜け毛対策としてウィッグやエクステを使うメリット

女性の髪型

まずは産後の抜け毛対策にウィッグやエクステを使うメリットを考えてみましょう。

ウィッグやエクステは当然ながら自分の髪の毛ではありませんので、直接的な対策にはなりませんよね。
ただ、産後の抜け毛の時期に薄毛の状態を他人に見られてしまうことはかなりのストレス…
ストレスは髪の毛にとって大敵ですから、こうした状況からさらに産後の抜け毛が加速してしまうことも考えられます。
例えその場しのぎであっても、ストレスを減らせることはかなりのメリットだと言えそうですね。

産後の抜け毛対策としてウィッグやエクステを使うデメリット

髪の毛の痛む女性

メリットの次はデメリットについてもしっかり把握しておく必要がありますよね。
産後の抜け毛の時期にウィッグやエクステを使うことは、実はデメリットがけっこうあるんです。
詳しくご紹介しましょう。

①頭皮の蒸れによる薄毛の悪化

ウィッグを使うと、帽子をかぶるのと似たような状態になりますよね。
この時に心配なのが頭皮の蒸れ。
頭皮が蒸れると雑菌が繁殖して毛穴にダメージを与えてしまうことがありますから、場合によっては産後の抜け毛がより加速してしまう可能性も考えられるんですよ。
これはちょっと気を付ける必要があるかもしれません。

②エクステによる頭皮へのダメージ

ではウィッグではなくエクステで部分的にケアをするのはどうでしょう。
実はこちらもちょっと問題があります。

エクステは自分の髪の毛に結びつけて使用するタイプのつけ毛。
髪の毛の根元をぎゅっとしばりますので、毛根に余計な力がかかってしまうことがあります。
短時間であればあまり問題がない場合もあるのですが、長時間続けると毛根が弱まってその部分が薄毛に…ということもあるんです。

③手入れが必要

ウィッグは自分の髪の毛ではありませんから、シャンプーの時には取り外しますよね。
それだけでもひと手間かかりますが、さらに面倒なのがお手入れ。
自分の髪の毛とは別に、ウィッグだけ洗う必要があります。

もしこれを怠ってしまうと雑菌の繁殖を招いてしまいますから、毎日のお手入れは非常に重要。
それがストレスになると思う女性は、よく考えたほうがいいかもしれません。

④エクステを取った時の抜け毛によるストレス

エクステのほうはウィッグより長時間つけていられますが、この時に問題になるのが「取った時の抜け毛の量」です。

というのも、エクステを取り外すと一時的に抜け毛が増えたように感じる人が多く、それが大きなストレスになってしまうんですね。

でも、実はこれはほとんど心配がないと言えます。
エクステをつけている時は髪の毛をしばっている状態なので、本来抜けるはずの髪の毛が抜けずにそこに留まっているんです。
それがエクステを取った時に一気に落ちて行くというだけで、抜け毛が増えたというわけではないんですよ。

これを心に留めておけば、この問題は解決するかもしれませんね。

産後の抜け毛中に使えるウィッグ・エクステ選び方

髪の毛をセットしてもらう女性

ウィッグやエクステのメリットだけではなくデメリットも知った上で、それでもやっぱりウィッグやエクステを使いたい!
そういった時はどうやって選べば良いのでしょうか?

産後はこんなウィッグがおすすめ

ウィッグには人工毛と人毛があるのですが、産後の抜け毛ケアとしてウィッグを選ぶときにはぜひ、人毛を選ぶようにしてください。
最近は人工毛の質もかなり上がってきていますが、やっぱり天然には敵いません。
人によってはアレルギーが出てしまう可能性もありますので、ぜひ人毛をおすすめします。

また、ウィッグを選ぶときは実際にかぶってみて通気性を確かめてみてください。
ちょっとつけただけでも蒸れる感じがするウィッグは避けたほうが良いと言えますよ。

産後はこんなエクステがおすすめ

ウィッグではなくエクステを使いたいという女性は、まず、編み込みのエクステは避けるようにすることをおすすめします。
編み込みタイプのエクステは髪の根元からきつく編み込んでしまいますので、どうしても毛根に負担がかかってしまいます。
抜け毛が治まってからであればある程度は問題ないのですが、産後の抜け毛が多い時期は避けたほうが良さそうですよ。

また、エクステをつける時はあまり大量につけすぎないことが大切。
量が多いとやはり毛根に負担がかかってしまいます。

この辺りは美容師さんとも相談しながら進めてみてくださいね。

ウィッグやエクステ以外で産後の抜け毛を対策する方法は?

外出する女性

ウィッグやエクステを産後の抜け毛対策に使う時には、色々と注意点がありましたね。
では、ウィッグやエクステ以外でも産後の抜け毛対策をすることはできないのでしょうか?

①産後の抜け毛に対応した育毛剤を使用する

薄毛に悩む女性の味方・育毛剤。
普段から使っている女性もいるかもしれませんが、産後のお肌がデリケートな女性に向けて、産後の抜け毛に適した育毛剤というのも開発されています。

産後用に作られているということはお肌に負担がかからないだけでなく、効果も期待できるということですよね。
まだ試したことがないという女性も、ぜひ一度育毛剤を試してみるといいかもしれませんよ。

②栄養バランスのとれた食事をとる

産後に抜け毛が増える大きな原因はホルモンバランスの乱れですが、栄養が偏ってしまうことも原因として考えられると言われています。
産後のママは毎日が大忙しですから、つい食事が疎かになってしまう…という場合があるんですね。

これを防ぐためにも、いつもよりちょっとだけ食事のバランスに気をつけてみるといいかもしれません。
お肉や魚、野菜や海藻など、色々な食材を入れるようにしてみてくださいね。
どうしても偏ってしまうという女性は、サプリメントもおすすめですよ。

③睡眠時間を確保する

髪の毛の成長にとって良質の睡眠は大事な要素。
とは言え、産後のママはなかなかゆっくり寝る暇もない…ということもありますよね。

その場合はぜひ、寝る時間帯にこだわってみるといいかもしれません。
夜10時~深夜2時まではゴールデンタイムと呼ばれていて、この時間帯に睡眠を取ると効率よく毛根の細胞が分裂すると言われています。
長い睡眠時間が取れないというママも、この時間帯に集中して睡眠を取るようにしてみてはいかがでしょうか。

ウィッグやエクステは適切に使用しましょう

産後の抜け毛対策としてのウィッグやエクステについて、いかがだったでしょうか。
ウィッグやエクステを使うことにはメリットもある反面、デメリットもあります。
こうしたことを総合して考えて、自分にとってウィッグやエクステが必要かどうかをしっかり判断し、適切に使用していってくださいね。

ご自身にとってベストな対策をして、産後の抜け毛を乗り切っていきましょう!