女性の薄毛治療としてのステロイドの効果とデメリット

ステロイドは諸刃の剣…!?

考える女性

ステロイドというと、皮膚科で処方される外用薬として聞いたことがある女性も多いかもしれませんね。

皮膚科の疾患に効果があるなら、女性の薄毛対策として頭皮に塗っても効果がありそうな感じがするステロイド。
確かに女性の薄毛の症状によっては効果が期待できる場合もあるんです。
でも使い方によっては逆に女性の薄毛を促してしまう可能性も…

今回は女性の薄毛治療とステロイドとの関係に迫ります!

ステロイドが女性の薄毛に効果的な理由

注射を持つ女性

ステロイドと聞いても詳しいことはわからない…という女性も多いかもしれません。
まずはステロイドがどういうものなのか、そして女性の薄毛治療に効果的な場合の理由をお伝えしますね。

そもそもステロイドとは?

ステロイドとは、実は副腎皮質ホルモンのこと。
人間の体の中に存在する物質なんです。

体が受けるさまざまなストレスに対抗するために重要な役割をするホルモンなので、その効果を利用して内服薬や外用薬、注射などのお薬が開発されました。

一時期ニュースなどで取り上げられることが多かったのであまり良い印象を持っていない女性もいるかもしれませんが、お医者さんの指導の元に使用すればさまざまな症状の緩和が期待できるお薬なんですよ。

女性の薄毛への効果

ステロイドには色々な効果がありますが、特に炎症やアレルギー反応をおさえる効果が期待できます。
つまり、こういったことが原因で薄毛になってしまった女性にはステロイドでの治療が効果的な場合があるんですよ。

実は市販の女性用育毛剤の中にも、少量ではありますがステロイドが配合された商品があります。
意外と身近なところでステロイドのお世話になっている女性も多いかもしれませんね。

特にこんな症状の治療に使われます

ステロイドは、炎症を抑えるという効果からアトピー性皮膚炎の患者さんに処方されることが多いお薬です。
その他にも喘息や肺炎の治療に使われることもあるんですよ。

また円形脱毛症の場合もステロイドが処方されることがあります。
円形脱毛症は自己免疫疾患が原因の症状ですが、ステロイドには毛根を攻撃するリンパ球の働きを抑える働きが期待できます。
そこに炎症をおさえる働きも加わるので、薄毛治療としての効果があるというわけなんですね。

ステロイドには薄毛に繋がる副作用がある?

ステロイドには様々な治療効果があることがわかりましたね。

でも、ステロイドはかなり強いお薬。
高濃度のものを長期間使うと、様々な副作用が出てしまう可能性があります。
もしかすると副作用によって、逆に薄毛に繋がってしまうかも…?

詳しく見て行きましょう。

①皮膚の炎症

ステロイドは炎症を抑える効果のある医薬品ですが、使い方を間違えると逆に皮膚の炎症が起きる可能性があります。

ステロイドを使い始めた時はあまり起きないと言われていますが、長期間ステロイドに頼りすぎるとステロイド依存が起きるために炎症が起きる可能性があるという報告があるんですよ。

お医者さんの指示に従って使用すればあまり心配のない症状ではありますが、炎症を抑えようとして逆に炎症が出てしまうというのはちょっと怖いかもしれません。

②睡眠障害

ステロイドは精神状態にも悪影響が出る可能性があります。
その中のひとつとして考えられるのが睡眠障害。
簡単に言うと不眠症です。

ただ、そこまで重い症状として出ることは少ないと言われていて、 大体の場合は昼間にしっかり運動などで体を疲れさせることで解消するようです。

いずれにしても自己判断で薬を増やしたり減らしたりするのは危険ですから、気になる時は必ずお医者さんに相談して指示を仰いで下さいね。

③髪が抜けやすくなる

ここまで挙げたステロイドの副作用だけでも、かなり髪の毛にとって良くない感じがしますよね…
でも、仮に皮膚炎や睡眠障害が起きなくても、ステロイドの副作用には「髪が抜けやすくなる」というものも確認されているんです。

反対に、ステロイドによって毛が多くなるという事例も報告があります。
こういう情報を見ると「ステロイドは髪の毛を増やす効果がある」と思ってしまう女性もいるかもしれませんが、抜けやすくなる可能性もあるということをしっかり知っておくようにしましょう

女性の薄毛治療におけるステロイドの注意点

手のひらを向ける女性

ステロイドは炎症の治療効果がある反面、怖い副作用もあることがわかってきましたね。
最後にここまでの内容を踏まえて、女性の薄毛治療をするときのステロイドの注意点をまとめました。
薄毛を更に促すことにならないよう、しっかり覚えておきましょう!

①自己判断では使用しない

ステロイドを女性の薄毛治療に使う時に絶対守って頂きたいのは、自己判断では使用しないこと。
つまり、お医者さんの指示を必ず守って下さい。

ステロイドはかなり強い効果が出るお薬です。
使用を開始する時はもちろんですが、中止するのも自己判断では危険なんです。
症状が改善したからといって急にやめてしまうと、逆に症状が悪化してしまうこともあるんですよ。

ステロイドを使う時はお医者さんの指示を守る。
覚えておいて下さいね。

②少しでも異常を感じたらお医者さんに相談する

どんなお薬にでも言えることですが、ステロイドで少しでも異常を感じた女性はお医者さんに相談して下さい。
その上で使用を続けるかどうかを判断してもらって下さいね。

先ほども書きましたが、ステロイドはお医者さんの指示を守って使用しないと治療どころか症状が悪化する可能性があります。
ですから異常が出て使用を中止したい時も、お医者さんの指示を仰いで下さい。

③円形脱毛症以外では使用しない

今回の記事の最初のほうでもお伝えしましたが、ステロイドは女性の薄毛治療の中でも円形脱毛症の時に処方されるお薬です。
逆に言うと、円形脱毛症による薄毛と診断された女性以外は使用しないことをオススメします。

ステロイドは頭皮の疾患だけでなく他の治療をする時にも処方されるお薬。
もしかすると他の症状でステロイドの処方を受けたことがある女性もいるかもしれません。
でも、手元にステロイドがあるからと言って、お医者さんに指示を受けた部位以外に使用するのは危険なんですよ。

ご自身の薄毛の症状が円形脱毛症であるという確証がない時は、ステロイド以外での治療を考えて下さいね。

ステロイドによる薄毛治療はよく考えてから

女性の薄毛治療とステロイドとの関係について、いかがだったでしょうか。
ちょっと難しい内容が多かったかもしれませんが、これだけ覚えておけば大丈夫。

「ステロイドは、お医者さんの処方があった時のみ使ってOK!」

お医者さんの処方があった場合でも、副作用など心配な人はしっかり相談しておいて下さいね。
ステロイドのことをしっかり理解した上で、薄毛治療を開始して下さい!