女性の薄毛の治療方法一覧【効果・費用・期間について】

女性の薄毛治療を徹底解説!

薄毛が気になっている女性は少なくないと思いますが、クリニックを受診するのは躊躇してしまうという人もいるでしょう。
それは、クリニックではどんな治療が行われるのか分からないからという理由もあるようです。

そこで、女性の薄毛治療にはどんなものがあるのかを把握していただくために徹底解説します。
治療内容がわかれば、クリニックにも通いやすくなるかもしれませんよ。

まずは薄毛の症状を把握しよう

薄毛と一口に言っても、原因も違えば症状も異なります。
ですから、薄毛の症状によっても治療法が変わることがあります。
女性の薄毛に対する治療法を知る前、まずは自分の薄毛の症状を把握しましょう。

びまん性脱毛症

びまん性脱毛症は、1本1本の毛が細くなり部分的ではなく、全体的に薄毛になるのが特徴です。
徐々に薄毛が進行するため、悪化するまで気づかない女性も少なくありません。

びまん性脱毛症の主な原因は、加齢などに伴う女性ホルモンの低下と言われています。
女性ホルモンが低下することで、髪をさせることや髪の成長を保持させることができなくなり抜け毛が増え薄毛につながります。

牽引性脱毛症

牽引性脱毛症は、髪の生え際や分け目を中心に起こる薄毛の症状です。
髪は引っ張られる力に弱く、常に抜ける方向に牽引される力がかかっていると、髪に負担がかかるのです。

毎日髪を結んでいたり、おだんごにしていたりと同じ髪型をしている女性は注意が必要で、ウィッグを使用することでも牽引性脱毛症を引き起こす原因になります。

円形脱毛症

円形性脱毛症は10円ハゲとも言われるように、突然円形の脱毛症が起こります。
頭部に1ヶ所のこともあれば数ヶ所できることもあり、悪化すると大きく円形の脱毛が広がってしまうこともあります。

円形脱毛症の原因は、ストレスのような心理的な問題が発端となることもありますが、現在は免疫異常が主な原因とされています。

脂漏性脱毛症

脂漏性脱毛症は皮脂が過剰に分泌されて毛穴を塞いでしまい、毛穴の周辺部分や毛根などに炎症を起こし、頭皮環境が悪化し抜け毛が増えることで起こる薄毛の症状です。

ホルモンバランスの乱れや、脂っこいものを摂取しすぎるなどの食生活の乱れなどでも脂漏性脱毛症の原因になります。

ひこう性脱毛症

ひこう性脱毛症はフケが大量に発生して毛穴を塞いでしまい、雑菌などが毛根で繁殖して起こる薄毛の症状です。
一般的に出るフケとは違い、かさぶた状になり大きいのが特徴です。

ひこう性脱毛症の原因は脂漏性脱毛症と同じく、ホルモンバランスの乱れなどが発端となり頭皮の常在菌が増えることで脱毛につながるとされています。
また、アレルギー体質の女性が比較的発症しやすいとも言われています。

女性の薄毛の治療方法一覧!

女医

女性が発症し得る薄毛の症状がわかったところで、その薄毛をどのように治療していくのかをご紹介します。
薄毛の治療別に、特徴や費用などについて見てみましょう。

①内服薬による治療

内服薬による女性の薄毛治療の中で、最も一般的な治療法といえます。
手軽に摂取できる上、有効成分が血液中に入り血流に乗って全身を循環するため、効果が出るスピードが速いのが特徴です。
あらゆる女性の薄毛に対して効果的で、薄毛専門クリニックをはじめ一般皮膚科でも内服薬による治療が行えます。

治療にかかる費用  1,000円~10,000円程度
治療にかかる期間  半年~1年ぐらい
内服薬治療が効果的な薄毛の症状  びまん性脱毛症、牽引性脱毛症、円形脱毛症、脂漏性脱毛症、ひこう性脱毛症
内服薬の種類  パントガール、ステロイド内服

②外用薬による治療

外用薬は頭皮に直接塗るタイプの治療法です。
一般的に外用薬は育毛剤と同じような形で、有効成分を頭皮から直接届かせることができます。
全身を巡る内服薬とは異なり頭皮から吸収するため、内服薬より副作用が起こる可能性が低いと言えます。

治療にかかる費用  400円~12,000円程度
治療にかかる期間  半年~1年ぐらい
外用薬治療が効果的な薄毛の症状  びまん性脱毛症、円形脱毛症
外用薬の種類  パントスチン、ステロイド外用、ミノキシジル外用

③注射による治療

注射を持つ女性

女性の薄毛は、注射によっても治療することができます。
注射といっても、腕に打つ注射もあれば頭皮に直接注射をする場合もあります。
身体に炎症が起きていて炎症を抑えるために使う薬剤は、腕から薬剤を注射します。

また、毛髪再生メソセラピーという発毛を育成する成長因子やビタミン剤などを混ぜたものを頭皮に注入する治療法があります。

治療にかかる費用  5,000円~60,000円
治療にかかる期間  数ヶ月~1年ぐらい
注射治療が効果的な薄毛の症状  びまん性脱毛症、円形脱毛症
注射治療の種類  ステロイド点滴、育毛メソセラピー

④レーザーによる治療

レーザー治療というと、一般的に美容の分野で使われているイメージがあるかもしれませんが、薄毛にもレーザー治療があります。
ただし、レーザー治療といっても焼いたりするわけではなく、レーザーの光によって血管を拡張させ血行を良くしたり、毛母細胞を活性化させる効果があります。
また、発毛に必要な成分を浸透させる治療にも使われます。

治療にかかる費用  70,000円~
治療にかかる期間  3ヶ月~半年ぐらい
レーザー治療が効果的な薄毛の症状  びまん性脱毛症、円形脱毛症、牽引性脱毛症
レーザー治療の種類  毛髪再生メソセラピー

⑤植毛による治療

問診をする女性

薄毛の範囲が広範囲に渡る場合や、早期に髪を増やしたい場合は治療の選択肢として植毛があります。
大きく分けてメスを使わずロボットが行う植毛法と、メスを使いドナーを移植する植毛法があります。

どちらの方法でも自分の毛を使用するため、違和感なく髪を定着させることができます。
薄毛治療としては徐々に改善していくものとは違い、早期に薄毛を解消できるのが特徴ですが、デメリットとして費用が高いということを考慮する必要があります。

治療にかかる費用  500,000円~
治療にかかる期間  数ヶ月
植毛治療が効果的な薄毛の症状  びまん性脱毛症、牽引性脱毛症、円形性脱毛症
植毛治療の種類  FUE法(メスを使わない)、FUT法(メスを使う)

女性の薄毛治療に保険は適用される?

悩む女性

薄毛を治療する時、やはり気になるのは費用の面ですよね。
保険が適用されるのかどうか気になるところですが、基本的に女性の薄毛治療には保険が適用されません。
なぜなら、薄毛治療は加齢など病気と見なされないからです。

ただし、外傷でできた薄毛や円形脱毛症など、ケガや病的な要因が元となって起きている薄毛と判断される場合には保険が適用されることがあります。

女性の薄毛治療の基本的な流れ

中年の女性とお医者さん
女性の薄毛治療は、具体的にどのように行われるのでしょうか。
薄毛治療に対して不安を抱いている女性もいると思うので、ここでは一般的な女性の薄毛治療の流れを説明します。

①カウンセリング

基本的に薄毛専門のクリニックでは、すぐに治療が行われることはありません。
薄毛に対する悩みや治療に対する不安を抱えている女性も多く、まずは現状を把握するためにカウンセリングが行われることがほとんどです。

カウンセリングが有料のクリニックもありますが、薄毛治療専門のクリニックでは無料で行われていることも多く、クリニックへ通う第一歩が踏み出しやすくなっています。

②専門医による診察

カウンセリングが終われば、続いては専門医師が診察を行います。
カウンセリングで得た情報をもとに、現在の薄毛の状態を把握するために医師が頭皮や髪の状態をチェックします。

そして診察の結果を踏まえた上で、医師が自分の薄毛に合った治療法を提案してくれます。
診察では、不安なことをうやむやにしないでクリアーにしておくことが大切です。

③治療と通院

専門医師の診察が終われば、実際に治療が始まります。
投薬治療だけのこともあれば、注射などの治療が必要なこともあります。
前述の薄毛治療の内容を中心に、医師が必要と判断した治療を行っていきます。

人により薄毛の状態が異なるため、治療に応じて通院ペースが違います。
月に1度の内服治療であることもありますし、注射などの場合は月に2度の通院になることもあります。

女性の薄毛治療におすすめなクリニック

薄毛治療の内容や流れが分かれば、治療に通いたい女性もいるでしょう。
でも、数ある女性の薄毛治療のクリニックの中からどのクリニックを選ぶべきかが分からないかもしれませんね。

そこでおすすめなのは、東京ビューティークリニックです。
東京ビューティークリニックは、女性専門のクリニックで女性の薄毛に特化した治療を行っていて症例数も多いのが特徴です。
無料カウンセリングも行っているので、まずはカウンセリングを受けてみるのをおすすめします。

自分にあった薄毛治療を見つけましょう

いかがでしたか。
女性の薄毛治療について詳しく説明しました。
通わなければ不明なところも多い薄毛治療が、どんなものであるかがご理解いただけたのではないでしょうか。

ただし、自分で薄毛の症状を把握するのは難しいことなので、早期に薄毛を解決するためにもクリニックの受診がおすすめです。
専門のクリニックで自分に合った治療法を見つけましょう。