ウーマシャンプーの効果や副作用は?成分から解析しました!

ウーマシャンプーの成分を解析しました!

「ウーマシャンプー」をご存知でしょうか?
ネットや雑誌など、いろいろなメディアでも取り上げられている人気の商品です。

フケやニオイなどのトラブルに対し、頭皮環境を整えることで問題を解決してくれるというシャンプーですが、一体どんな成分が入っているのでしょうか。

今回は、ウーマシャンプーの成分について詳しく解析してみました!

ウーマシャンプーの概要

ウーマシャンプーは、株式会社 ZERO PLUSから発売されているスカルプシャンプーです。

細毛や抜け毛など、髪のトラブルの原因は頭皮環境の悪化にあります。
そこでウーマシャンプーは、正常な頭皮環境に欠かせない皮脂と潤いを残し、余分なものだけを洗浄することをコンセプトにしています。

頭皮環境を正常化することでヘアサイクルを整え、薄毛の改善を促してくれるシャンプーです。

薄毛改善が期待できるウーマシャンプーの成分は?

それではここからは、ウーマシャンプーに含まれる成分について詳しく解析していきましょう。
どんな髪に良い成分が入っているのでしょうか。

①馬油

ウーマシャンプーの特徴的な成分と言えば、この馬油です。
馬油は人間の皮脂に近い性質を持っており、αリノレン酸を多く含むことでも知られています。

αリノレン酸は脂肪酸の一種で、人間の体では作られない「必須脂肪酸」と呼ばれるものの一つ。
血流改善やアレルギー抑制などさまざまな効果があり、頭皮環境改善に役立つ成分となっています。

ウーマシャンプーに含まれる馬油は安全性が高い成分ですが、馬アレルギーの人には少々注意が必要です。

②グリチルリチン酸2K

グリチルリチン酸2Kは、甘草の根から抽出されたグリチルリチン酸を水に溶けやすくした成分になります。

皮膚にさまざまな好影響を与えることから、化粧品や医薬品などに使われることが多い成分です。
その効果には、抗炎症作用や抗アレルギー作用、殺菌作用などがあり、頭皮の健康を守るのに大きな働きがあります。

フケや湿疹などの頭皮トラブルも起こりにくくしてくれるため、薄毛の改善に役立ってくれる成分です。

③加水分解ケラチン

ケラチンとは、人間の皮膚や髪の毛に含まれるたんぱく質の一種です。
一方加水分解ケラチンは、ケラチンのシスチン結合と呼ばれるものを切断し、加水分解したものを言います。

こちらも化粧品や育毛剤などによく使われる成分で、髪の成分と同じことから、髪にハリ・コシや弾力を与える効果があります。
また、加水分解ケラチンは低刺激で比較的安全性の高い成分です。

④アミノ酸BCAA

ウーマシャンプーに含まれるBCAA(Branched Chain Amino Acid)とは、バリン、ロイシン、イソロイシンという3つのアミノ酸のことを指します。
これらは人間の体内では作られない「必須アミノ酸」です。

BCAAの効能は主に筋肉を増強することにありますが、頭皮を引き締める効果も。
頭皮にハリを与えることで、髪を立ち上げてボリュームをアップしてくれます。

ウーマシャンプーの洗浄成分は?

女性の薄毛に一押し

続いては、ウーマシャンプーの洗浄力について解析してみましょう。

ウーマシャンプーの洗浄成分は、アミノ酸系の低刺激のものとなっています。
ドラッグストアなどで販売されている石油系のシャンプーは必要な皮脂まで落としてしまい、薄毛の原因につながる恐れがありますが、ウーマシャンプーにはその心配がありません。

その一方でウーマシャンプーの洗浄成分は、アミノ酸系のものでは比較的洗浄力が強いという特徴もあります。

香料・着色料・鉱物油・パラベンなどの成分は無添加!

髪を洗う女性

ウーマシャンプーの安全性についても解析しておきましょう。
果たしてウーマシャンプーに副作用の危険はあるのでしょうか。

ウーマシャンプーを解析してみると、香料,着色料,鉱物油,パラベンなどの成分は含まれていません。
これらの成分は無添加のため、添加物による頭皮に余計な負担や刺激を与える心配がないのです。

つまりウーマシャンプーには、副作用の恐れはほとんどないというわけです。

ただし人によっては気になる成分も…

考える女性

ウーマシャンプーが安全なのは上記の通りですが、気になる成分が全くないわけではありません。
多少注意が必要な成分について見ていきましょう。

①フェノキシエタノール

ウーマシャンプーには、防腐剤としてフェノキシエタノールが含まれています。

フェノキシエタノールは玉露や緑茶などに含まれることから安全性が高いイメージがありますが、実際にはパラベンと同程度の毒性があるとも言われています。

また、フェノキシエタノール肌の乾燥を招くことから、アトピーや敏感肌の人はやや注意が必要な成分となっています。

②オレフィン(C14-16)スルホン酸Na

ウーマシャンプーの洗浄成分には、オレフィン(C14-16)スルホン酸Naという物質が含まれています。

この界面活性剤は、アミノ酸系の洗浄力を補うために使われることが多い成分。

オレフィン(C14-16)スルホン酸Naはサポート役として使われる場合には低刺激で安全ですが、洗浄力が強いため、やはりアトピーの方や敏感肌の方には合わない場合もあります。

ウーマシャンプーを購入する際は解析結果を参考にしてください

以上が、ウーマシャンプーに含まれる成分の解析結果になります。

解析結果のように、ウーマシャンプーには髪や頭皮に良い様々な成分が配合されています。

また香料や着色料も無添加で、安全性も保証付き。
一部注意が必要な成分もありますが、信頼性の高い製品と言えるでしょう。

興味があるという方は、ここでの解析も参考に購入を検討して見て下さい!