「帽子は薄毛の原因」はウソ!正しいかぶり方で抜け毛対策をしよう

帽子は薄毛の敵?味方?

紫外線

薄毛の原因として囁かれている「帽子」
かぶり続けているとハゲるとも言われていますが、これは本当なのでしょうか?

実は、帽子をかぶると薄毛になるというのは必ずしも正しいわけではないんです。
それどころか、正しく使えば逆に薄毛改善のための味方になってくれることもあるんです。

今回は帽子の正しいかぶり方を詳しくご紹介していきます。
帽子を味方につけて上手に薄毛対策をしていきましょう!

薄毛になる主な原因とは?

女性の薄毛

帽子の正しい使い方の前に、まずは薄毛の原因について知っておきましょう。

薄毛の原因のひとつとして挙げられるのが、頭皮環境の悪化です。
頭皮の炎症や雑菌の繁殖などで毛根が弱ると、髪の毛の健康が維持できずに抜け毛が増えてしまいます。
この状態が長引くと薄毛につながってしまうんです。

また男性ホルモンには抜け毛を誘発する因子を増やす性質があり、これも薄毛の原因のひとつだと言われています。

帽子が薄毛を引き起こす理由

分け目が薄い女性

それでは、どうして帽子は薄毛を引き起こすという説があるのでしょうか?
帽子が薄毛の原因になるケースをご紹介しましょう。

①蒸れによる頭皮環境の悪化

通気性の悪い帽子をかぶると、頭皮がどうしても蒸れてしまいます。
頭皮が蒸れると雑菌が増え、頭皮環境が悪化してしまいます。
先ほどもご紹介しましたが頭皮環境の悪化は抜け毛を増やしてしまうことにつながるため、薄毛の原因に繋がります。

通気性の良くない帽子をかぶる時は、長時間かぶりっぱなしにならないように注意しましょう。

②しめつけによる血行不良

帽子が頭のサイズに合っていないと、頭がしめつけられる感覚が起きることがありませんか?
実はこうしたしめつけによる血行不良も、薄毛の原因になることがあるんです。

髪の毛が育つためには毛根から栄養を補給する必要がありますが、血行が悪くなると毛根に十分な栄養が行き届きません。
すると抜け毛が増え、薄毛になってしまうというわけなんです。

③摩擦による抜け毛の増加

実は摩擦も薄毛の原因になることがあります。

朝起きた時に枕に髪の毛がたくさんついている…という経験がある人もいるかと思うのですが、この原因は摩擦によるものだと言われています。
これと同じ現象が帽子をかぶった時にも起きてしまいます。

摩擦が髪の毛の傷みの原因になるということを知っている人は多いかもしれませんが、抜け毛の原因にもなるというのは知らなかった女性の多いのではないでしょうか。

実は帽子は薄毛対策になる!?

ジョギングする女性

帽子が原因の薄毛についてをご紹介してきましたが、実は帽子は抜け毛を防止するための対策にもなるんです。
一体どういうことなのでしょうか?
詳しく見ていきましょう。

①紫外線から頭皮を守れる

顔や体の紫外線対策をしている人は多いかもしれませんが、頭皮まで対策している人は少ないですよ。
ですが頭部は体の中で一番上にありますから、紫外線の影響を一番多く受けています。
紫外線によって頭皮や髪がダメージを受けることで薄毛になってしまう人も、実は多いと言われているんです。

この時に役に立つアイテムが帽子。
帽子をかぶることで紫外線から頭皮を守れば、薄毛対策になります。

②冷え・乾燥から頭皮を守れる

頭皮が冷えたり乾燥したりすると、頭皮環境が正常に保てなくなり薄毛につながることがあります。
この時にも帽子は大いに役立ってくれます。

帽子をかぶると頭皮を外気から守ることができます。
冷えによる血行不良や乾燥による頭皮環境の悪化を防ぐことができれば、それは健康な毛根を守ることにもつながります。

どんな帽子を選べばいい?

考える女性

では、頭皮にダメージを与えずに、薄毛対策になるような帽子を選ぶにはどのようなポイントに注意すればいいのでしょうか?

①通気性の高いもの

帽子は頭皮環境を守ってくれるものでもありますが、通気性の悪いものを選んでしまうと蒸れによる薄毛を引き起こすおそれがあります。
新しく帽子を選ぶときはぜひ、通気性の高いものを慎重に選ぶようにしましょう。

コツとしては、帽子が部分的にメッシュになっていたり、目の粗い材質などがオススメです。

②少しゆとりを持ったもの

ご自身の頭に合っていないサイズの帽子をかぶってしまうと、しめつけによる血行不良が薄毛を招くことがあります。
これを防ぐためには、少しサイズにゆとりを持って帽子を選ぶといいかもしれません。

帽子を購入する時は必ず試着をして、快適にかぶり続けることができるかどうかしっかり確認しましょう!

薄毛にならないために!帽子をかぶる際の注意点

若い女性

正しく帽子を選んでも、使い方を間違うとやはり薄毛につながってしまうことがあります。
薄毛にならないためには、どういう点に注意すれば良いのでしょうか?

まずは、長時間かぶらないこと。
どんなに通気性の良い帽子でも、何もかぶらない時に比べると多少は蒸れてしまいます。
必要ない時は帽子を外したり、汗を書いたらこまめにふくなどの工夫をしましょう。

また不潔な状態で使い続けると頭皮に悪影響を及ぼす恐れがありますので、可能であれば帽子はこまめに洗うことをおすすめします。
ご自身で帽子を選べる時は、丸洗い可能なものを選ぶようにしましょう。

帽子を正しく使って薄毛対策をしましょう

薄毛対策としての帽子の使い方について、いかがだったでしょうか。

今までは帽子=ハゲてしまう、と思っていた人も多かったかもしれませんが、正しく使えば頭皮環境を守ることにつながることがわかりました。

お洒落な帽子を選べば、ファッショナブルに薄毛対策ができます。
ぜひ明日から、薄毛対策アイテムのひとつに帽子を加えてみてはいかがでしょうか!