産後の抜け毛はピルで治せる?【効果と注意点を解説】

産後の抜け毛はピルで改善できる?

シャンプー中の抜け毛

産後に体調が戻ってきたと思ったら、急に抜け毛が…という女性はたくさんいるでしょう。
産後の抜け毛には様々な対策法がありますが、ピルでも効果的に改善ができると言われています。
確かに、ピルで抜け毛が減る可能性はありますが、使用する際には、注意点もあることを知っておかなければいけません。

今回の記事では、ピルによる産後の抜け毛への効果と注意点を解説します。

産後の抜け毛にピルが効果的な理由

そもそもピルは、発毛や育毛のために作られている薬ではありませんね。
では、なぜ産後の抜け毛に効果的なのでしょうか。

まずは、産後の抜け毛にピルが有効だとされる理由を探ってみましょう。

そもそもピルってなに?

ピルは、経口避妊薬と呼ばれ、避妊するための薬という認識を持っている人が多いかもしれませんね。
主成分は女性ホルモンで、2種類の女性ホルモンを配合して作られている医薬品です。
そのため、ピルを服用すると、体内の女性ホルモンの量を調整してくれる効果があります。

女性ホルモンの量が調節されれば、ホルモンの働きによって左右される生理不順を改善したり、生理痛を抑制することができます。
また、排卵のタイミングも調整されるため、避妊薬としても使用されています。

産後の抜け毛の原因は?

母と赤ちゃん

妊娠中は、胎児を守り、安全に出産ができるように、体内にある女性ホルモンのエストロゲンの量が通常よりも増えています。
しかし、出産すると、エストロゲンを増加させる必要がなくなるため、一気に通常の状態にまで低下します。
このような女性ホルモンの変化によって、抜け毛が増えると言われており、このような抜け毛の症状のことを、「分娩後脱毛症」と言います。

女性ホルモンの中にあるエストロゲンは、髪を成長させ、持続させる働きがあるので、エストロゲンが低下する産後には、抜け毛が増えてしまうのです。

産後のホルモンバランスをピルが整える!

産後は、女性ホルモンが低下することが分かりましたね。
ピルには、女性ホルモンのエストロゲンを補給し調整する働きがあるため、服用することによって、産後のホルモンバランスの乱れを整えることができます。

抜け毛の原因が、女性ホルモンバランスの低下によるものであれば、ピルによる女性ホルモンを調整する作用で、抜け毛の改善が期待できるというわけですね。

産後の抜け毛対策にピルを使用する際のデメリット

産後の抜け毛対策として、ピルの使用は効果的ではありますが、良いことだけを知って安易に使用してはいけません。
ピルを使用する前に、デメリットも知っておく必要があります。

①身体に負担がかかる

ピルに、女性ホルモンを調整する作用があるのは、前述しましたね。
しかし、元々体内で分泌されている女性ホルモンの量を強制的に調整するため、身体には負担がかかります。
また、医薬品であるピルには、以前と比べて少なくなっているものの、副作用があります。

頭痛や吐き気などの副作用が現れることもあるので、デメリットのひとつとして知っておきましょう。

体が慣れるまで、吐き気、だるさ、頭痛を感じる場合があります。いわゆる「つわり」の軽いものです。 これらは一時的なもので、大抵は1-2週間、最長で10週間以内に落ち着きます。

出典:低用量ピルに詳しい婦人科 | ケイ・レディースクリニック新宿

②授乳期間には服用できない

注意するお医者さん

産後の抜け毛が気になっても、授乳期間中にはピルは服用できません。
母乳は、血液から作られているため、ピルを服用すると成分が母乳へ移行する可能性があります。
赤ちゃんへの影響が明らかではないため、授乳期間中はピルの服用は避けるべきです。

さらに、ピルに含まれる女性ホルモンには、母乳の分泌を悪くする作用があるため、赤ちゃんのためにも、授乳中の服用はやめましょう。

③ピルの服用を止めると抜け毛が増える

医薬品の成分は、服用した後、ずっと血中に留まっているわけではありません。

ピルを服用して一時的に抜け毛が減ったとしても、一度服用を止めると、またすぐに抜け毛が増えてしまいます。
そのため、抜け毛対策としてピルを使用するなら、継続が必須となります。

ピル以外に、産後の抜け毛はどうやって対策すればいい?

産後の抜け毛対策として、ピルは有効ですが、副作用などもあり、デメリットも考慮しなければいけませんね。

ここでは、ピルの使用以外に、安全にできる産後の抜け毛対策法をご紹介します。

①大豆イソフラボンを多く摂取する

産後の抜け毛対策には、食事も重要なポイントになります。
女性ホルモンの低下から抜け毛につながる産後には、女性ホルモンに似た働きをする大豆イソフラボンを多く摂取することが対策につながります。

ただし、大豆イソフラボンだけを摂取していればいいというわけではなく、バランスの良い食事を摂ることが前提としてあります。
産後、授乳中は母乳にも栄養が行くため、栄養不足になりがちなので、しっかり栄養補給しなければ、ますます抜け毛が進行してしまいます。

②頭皮に優しいシャンプーを使用する

髪の毛を洗う女性

抜け毛が多い時期には、シャンプーも見直す必要があります。
産後は、皮膚が普段よりも敏感な状態になっていることが多く、通常では刺激を感じなかったシャンプーでも、刺激を感じてしまうことがあります。

頭皮が刺激を受けると、頭皮環境が悪化してしまい、抜け毛を助長することになります。
そこで、産後の抜け毛におすすめなシャンプーとして、天然素材やオーガニックなど、無添加のものが挙げられます

③産後でも安全に使える育毛剤を使用する

産後の抜け毛がひどい場合には、一時的に育毛剤を使用することもおすすめです。
女性用育毛剤の効果は、単に育毛を促すだけでなく、血行促進効果や、頭皮改善効果があり、さらには女性ホルモンの低下で起こる頭皮の乾燥などにもアプローチします。

女性用育毛剤の中で、産後の抜け毛対策としておすすめなのは、ベルタ育毛剤です。
天然成分で作られ、無添加なので、産後のデリケートは肌にも優しく、授乳中であっても使用できるところも、ポイントです。

産後のピルの使用はよく考えてから

いかがでしたか。
ピルには、産後の抜け毛の原因を解消する効果があることがわかりましたね。
もちろん、ピルの使用で抜け毛は改善するかもしれませんが、使用するには注意点もあります。

産後のピル使用は、効果だけでなくデメリットもよく考えてからにしましょう!