皮膚科の女性用育毛剤に注意!育毛剤のおすすめ購入法を紹介

皮膚科の女性用育毛剤で薄毛は治る?

考える女性

薄毛を治したい女性にとって、育毛剤がどのくらいの効果が期待できるのか注目するところですよね。

皮膚科の女性用育毛剤については、薄毛に有効とされる成分を配合した育毛剤なので効果が期待できることが多いです。

ただし、効果が期待できても効率的ではないと言えます。
薄毛を引き起こす原因は様々なので、いくら薄毛に効果があるという育毛剤でも原因とマッチしていなければ効果が期待できないからです。

皮膚科で処方してもらえる育毛剤例

まずはじめに、皮膚科で処方してもらえる育毛剤にはどんなものがあるのか、代表的な例を見てみましょう。

①パントガール

パントガール

パントガールは、世界的に安全かつ効果が認められている飲むタイプの薄毛治療薬です。
特殊な構造のアミノ酸や髪の主成分となるタンパク質、さらにはビタミン類が配合され、薄毛を改善するほか髪質の改善も期待できます。

使用した7割以上の人が、3ヶ月の連続使用で抜け毛の改善を実感しているという臨床検査もあります。
副作用の報告がないため、安全性がたかく女性でも安心して使用できる育毛剤です。

②パントスチン

パントスチン

パントスチンは、塗るタ外用タイプの育毛剤です。
有効成分はアルファトラジオールで、抜け毛の原因を抑制して薄毛を改善する効果があります。

加齢などによって女性ホルモンが低下し相対的に男性ホルモンが増え、毛根にダメージを与えるジヒドロテストステロンが産出することによって女性の薄毛の原因にもなります。

アルファトラジオールには、ジヒドロテストステロンの産出を抑える働きがあり抜け毛を防ぐことができます。

実は薄毛治療に皮膚科はおすすめできません

手のひらを向ける女性

薄毛治療を考えるとき皮膚科の受診を考える女性も少なくないと思いますが、実は女性の薄毛治療には皮膚科は不向きなのです。
なぜ薄毛治療に皮膚科がおすすめできないのか、理由を詳しくみてみましょう。

①医師に薄毛専門の知識がない可能性が高い

頭皮も皮膚の一部だから皮膚科を受診する…確かにその考えは間違いではありません。
ただ、皮膚科は髪の専門家ではないため薄毛に関しては、医師に専門知識がない可能性が高いのです。

そのため、皮膚科ではとりあえず症状だけを聞いて育毛剤を処方しておくというケースが多くみられます。

患者さんは医師に処方されれば安心してしまいますが、正しい薄毛の原因を把握せずに出された育毛剤だけを使用するのは効率的とは言えませんね。

②検査が簡易的

皮膚科でも薄毛に関しての検査を行いますが、検査は簡易的なものです。
皮膚に異常があるかどうかは、皮膚科なので必ず調べるでしょう。

また、稀に内科的な病気が根本原因にあって薄毛になることもあるため、血液検査を行うことはあるかもしれません。

明らかに頭皮に異常がある場合は別ですが、他の原因で薄毛になっている場合はやはり簡易的な検査では原因を見つけることが難しいと言えます。

③治療方法の選択肢が少ない

皮膚科での薄毛治療は、基本的に育毛剤の処方がメインです。
もちろん、育毛剤自体は効果の期待できるものですから、育毛剤によって改善できる薄毛であれば問題はないでしょう。

しかし、中には皮膚科で処方された育毛剤だけでは改善が難しい症状もあります。
その場合は、治療方法の選択肢がたくさんあるところで治療するほうが効率的ではないでしょうか。

とりあえず育毛剤が欲しい女性は通販での購入がおすすめ

電卓を持つ女性

薄毛が気になるからとりあえず育毛剤だけ欲しい…という女性もいるでしょう。
女性用育毛剤が欲しいからと皮膚科を受診するのは、効率が悪い上に損をしてしまうかもしれませんよ。

一般的に保険は病気だと診断された時には保険がききますが、ただ単に薄毛になっている場合には保険がききませんし、診察代金も取られてしまいます。
さらに、育毛剤を購入する費用がかかるとなると割高になってしまうのです。

育毛剤だけを購入するなら、通販で女性用育毛剤を購入するほうが交通費もかからず効率的でお得です。

どんな育毛剤がいいの?

現在、通販では女性用育毛剤の種類が増えてきました。
数ある女性用育毛剤の中から選択するには、ポイントがあります。
まずは、頭皮環境を悪化させる成分が含んでいては抜け毛を助長する可能性があるため、無添加のものがいいでしょう。

さらに、頭皮にやさしい天然素材で作られているものが安心して使用できます。
それを踏まえて具体的におすすめの商品は、ベルタ育毛剤です。
ベルタ育毛剤は56種類の育毛・頭皮ケア成分が含まれていて、多くの女性に支持されている育毛剤です。

薄毛の症状を適切に診てほしい女性は薄毛専門のクリニックへ

自己判断ではわからないのでやはり医師に診てもらいたいという女性は、皮膚科ではなく女性の薄毛専門のクリニックでの受診をおすすめします。

女性の薄毛専門の医師であれば、数多くの症例を診てきているので適切に薄毛の症状を診断してくれます。
また、治療方法の選択肢も広いので自分に合った治療法を提供してもらうことができます。

相談だけであれば、無料でカウンセリングを行っているクリニックもあるので一度足を運んでみてはいかがでしょうか。

【例外】円形脱毛症の場合は皮膚科を受診しましょう

患者さんとお医者さん

一口に薄毛といっても、原因も異なれば症状も異なります。
円形脱毛症は一般的な薄毛と違い、免疫異常が原因となり引き起こしている症状なので、根本的な原因を解決しなければ回復が望めません。

ですから円形脱毛症に関しては、育毛剤の効果がなく薄毛専門のクリニックでも対応していないことが多いため皮膚科の受診が必要になります。

育毛剤は皮膚科ではなく通販で!

いかがでしたか。
皮膚科で処方してもらう育毛剤は効果があっても、効率的ではないことが理解できたのではないでしょうか。

育毛剤は継続的な使用が基本であり、改善にも時間を要するものです。
だからこそ、初めから効率的な育毛剤の使用をした方がその分改善も早くなります。

育毛剤は皮膚科で処方してもらうより、通販で購入したほうがお得ですよ。