正しいブラッシングは女性の薄毛対策に効果的って本当?

ブラッシングで女性の薄毛が改善!?

OKポーズをとる女性

身だしなみを整える基本的なものとして、皆さんブラッシングをしますよね。
実は、何気なく行っているブラッシングが、女性の薄毛対策として、効果が期待できるんです。

お金をかけずに、ブラッシングだけで薄毛が改善できるなら、積極的に対策として取り入れていきたいですね。
この際に、是非正しいブラッシングを習得しましょう。

女性の薄毛へのブラッシングの効果

ブラッシングは、ただ単にスタイリングに使うだけではありません。
女性の薄毛改善効果が期待できるという、ブラッシングには、具体的にどんな効果があるのでしょうか。
まずは、女性の薄毛へブラッシングがもたらす効果を見てみましょう。

①シャンプーの洗浄効果UP

シャンプーは、汚れを落とす目的で行われますが、頭皮や髪には、想像以上にほこりや汚れが付着しています。
もちろん、お湯でも汚れを落とすことはできます。
でも、髪の長い女性もいるので、なかなかお湯で汚れを落とし切るのは大変なことす。

そんな女性でもシャンプーの前にブラッシングしておけば、表面にある汚れをある程度落としておくことができますね。
そうすることで、シャンプーの洗浄効果がアップし、頭皮や髪をさらに清潔することが可能になります。
当然のことながら、頭皮環境が改善されれば、薄毛改善にもつながります。

②頭皮のフケの除去

髪のホコリ汚れ同様、ブラッシングで頭皮のフケを除去することができます。
薄毛の女性の中には、頭皮の潤い不足などで、フケに悩まされている人もいるでしょう。

フケが付着したままだと、フケが毛穴を塞いでしまったり、頭皮や髪を清潔に保つことができず、薄毛を助長してしまいます。
ブラッシングで、しっかりとフケを除去することが効果的です。

③血行促進効果

ブラッシングを行うと、適度に頭皮が刺激されます。
ブラッシングで受けた頭皮の刺激が、マッサージ効果になり、血行を促進させることができます。

頭皮の血行が悪いと、栄養分が届けられないほか、頭皮が硬くなるため、抜け毛が増え、女性の薄毛の原因になってしまいます。
ですから、ブラッシングのマッサージ効果で血行が良くなれば、髪を健康に育てられるようになるのです。

薄毛の女性必読!ブラッシングのポイント

若い女性

ブラッシングが、女性の薄毛に効果的である理由が分かりましたね。
とは言え、適当にブラッシングを行っていいというわけではありません。

女性の薄毛対策としてブラッシングをするなら、正しく行わなければいけませんよね。
続いては、ブラッシングのポイントを把握しておきましょう。

①髪が完全に乾いた状態で行う

まずは、ブラッシングを行うタイミングですが、髪が完全に乾いている状態で行うのがポイントです。
なぜなら、髪が濡れているときは、髪のキューティクルが開いているため、その状態でブラッシングをすると、キューティクルを傷つけやすくなってしまうからです。

薄毛に悩む女性にとって、髪を傷めることは、さらに薄毛を進行させてしまうので、危険です。
ブラッシングは、必ず乾かした状態で行うようにしましょう。

②ゆっくり優しく

女性の薄毛対策としてのブラッシングには、ブラッシング法にポイントがあります。
普段、勢いよく、ささっとブラッシングしている女性は、注意が必要です。
実は、ブラシを素早く動かしてしまうと、摩擦が起きやすく、キューティクルを傷つけてしまう恐れがあるのです。

切れ毛や抜け毛を防ぐためには、ゆっくりブラッシングするのがポイントです。
また、マッサージ効果があるからといって、強く頭皮にブラシを当てるのもNGです。
頭皮や髪のためには、ゆっくり優しくを心がけましょう。

③頭皮に異常があるときは控える

いくら、ブラッシングが薄毛対策に効果的であるとは言え、逆に悪影響を及ぼすような時は、控えなければなりません。
頭皮に湿疹やかゆみが出ているときは、頭皮に何らかのトラブルが起きている時です。

頭皮に異常がある時にブラッシングをすると、かえって頭皮環境を悪化させる恐れがあります。
女性が薄毛を悪化させないためには、頭皮に異常を感じているときのブラッシングは控えましょう。

薄毛にはどんなブラシがいいの?

悩む女性

一口にブラシと言っても、種類は豊富ですよね。
せっかく、薄毛対策としてのブラッシングを行うわけですから、ブラシにもこだわった方がいいですね。
薄毛に悩む女性は、参考にしながらブラシを選んでいきましょう。

①清潔なブラシ

前述しているとおり、薄毛対策のためのブラッシングには、汚れを落とす目的があります。
それなのに、汚れたブラシでブラッシングすると、汚れを付着させてしまうことになりますね。

ですから、ブラシ自体が汚れていては、本末転倒です。
ブラッシングは、汚れたらお手入れをして、必ず清潔なブラシで行うようにしましょう。

ブラシの簡単な手入れ法

ブラシの汚れは、皮脂や髪に付着した汚れですから、シャンプー剤を使って落とします。
まず、シャンプー剤をぬるま湯に溶かして、その中でブラシを揺り動かしながら、汚れを落とします。

次に、水ですすぎ洗いした後、タオルの上に置いて自然乾燥させます。
ポイントは、乾かす時に毛の部分を下にして置くことです。
その理由は、洗ったブラシに、汚れを再付着させないためです。

②やわらかいブラシ

ブラッシングに使うブラシは、やわらかいブラシを選ぶようにしましょう。
なぜかというと、ナイロンや金属などの硬くて弾力性のないブラシは、髪のキューティクルと傷つける可能性があり、頭皮や髪には刺激が強く負担になってしまうからです。

そのため、ブラシはやわらかく弾力性のあるものが、おすすめです。
豚毛などをはじめとする、動物系の毛で作られたブラシが頭皮にはやさしいです。

③ブラッシング専用のブラシ

薄毛改善のためにブラッシングするのですから、ブラッシング専用のブラシを選択するべきです。
髪をとかすのに、くしを使う女性もいますね。

また、ブローするために、ロールブラシを使用する女性もいるかもしれませんが、このタイプのブラシは、ブラッシングには不向きです。
必ず、ブラッシング専用のブラシを使用するようにしましょう。

ブラシについた髪の毛を気にしすぎないで!

抜け毛がついたブラシ

「ブラッシングをすると髪が抜けそうで…」と気にする人もいるかもしれませんね。
ですが、その心配はありません!
ブラッシング程度で抜ける髪は、「すでに死んでいる髪」つまりヘアサイクルでいう休止期に当たる髪だからです。

休止期に入り、すでに死んでいる髪も約3ヶ月程度は頭皮に生えたまま残るものですから、ブラッシングで抜けるのはそういった髪の毛だという訳です。

抜け毛を気にするよりも、まめにブラッシングをして、頭皮環境を整えてあげましょう!

ブラッシングの効果を侮ってはいけません!

いかがでしたか。
ブラッシングと女性の薄毛改善効果について、説明しました。
適切なブラッシングで、頭皮環境を良い方向へ導くことは、十分に可能だとご理解いただけたのではないでしょうか。

たかがブラッシングですが、されどブラッシングです。
もっとブラッシングを重要視することで、あなたの悩みの薄毛も改善できるかもしれませんよ。