びまん性脱毛症にミノキシジルは効果的?【注意点あり】

びまん性脱毛症にはミノキシジルがいい!?

薄毛の悩みを持っている女性なら、ミノキシジルは聞いたことがあるかもしれませんね。
どちらかというと、ミノキシジルは、男性の薄毛治療薬として認識されているのではないでしょうか。

でも、ミノキシジルは男性のみならず、女性のびまん性脱毛症にも有効だとされています。
なぜ、ミノキシジルがびまん性脱毛症にも効果があるのか、注意点も含め、掘り下げて説明します。

そもそもびまん性脱毛症の原因とは?

びまん性脱毛症になる原因は、幾つか考えられますが、大きく分けて2つの原因が挙げられます。
下記に2つに分けて説明します。

  • ホルモンバランスの乱れ

女性ホルモンの中には、髪を成長を促したり、成長を持続させる働きがあります。
そのため、加齢やストレスなどによって、ホルモンのバランスが乱れると、びまん性脱毛症の原因になります。

  • 血行不良

頭皮の血行が悪くなると、十分な栄養が髪に届かなくなるため、健康な髪が育めなくなります。
血行不良による栄養不足が原因で、びまん性脱毛症を引き起こしてしまいます。

ミノキシジルのびまん性脱毛症への効果

髪の分け目を見る女性

元々、ミノキシジルは、高血圧症の患者さんのために開発された降圧作用のある医薬成分です。
血管を拡張させて血圧を下げる降圧剤ですから、ミノキシジルには、血行を促進する効果があります。

前述したように、びまん性脱毛症の原因には、血行不良によるものがあります。
ですから、ミノキシジルの血行促進作用は、びまん性脱毛症での薄毛に効果が期待できると言えます。

びまん性脱毛症対策にミノキシジルを使用する際の注意点

ミノキシジルが、びまん性脱毛症に効果が期待できると言っても、使用するには注意点があります。
リスクを回避するためにも、使用前に注意点を把握しておきましょう。

①女性用のミノキシジルを使用する

びまん性脱毛症対策としても使用できるミノキシジルですが、男性と女性では、身体も違うので、男性用と女性用に分けられて販売されています。
男性用も女性用も、成分は同じミノキシジルですが、濃度が異なっていて、女性用には、低い濃度のミノキシジルが配合されています。

安全面も含め、女性用は濃度が低く設定されているので、ミノキシジルの濃度が高い男性用は、女性には作用が強く現れてしまいます。
トラブルを避けるためにも、必ず女性用のミノキシジルを使用するようにしましょう。

②用量を守る服用回数を守る

ミノキシジルは、あくまでも医薬品であることを忘れてはいけません。
医薬品であるミノキシジルには、使用上の注意として、用量・服用回数が必ず記載されています。
それは、リスクを避けるために定められているものですから、制限を超えての使用は禁止されています。

先ほども触れましたが、ミノキシジルはもともと血圧を下げる降圧剤として開発されていましたが、現在ではそういった目的で使用されていません。
なぜなら、長期間の服用は心臓への負担が強かった為です。
「髪は生えたが寿命は縮まった」では本末転倒ですよね。

用量や回数を増やしたからといって、早くびまん性脱毛症が良くなるわけではありません。
逆に、副作用が強く出て身体に負担になることもあるので、注意が必要です。

③海外製品を個人輸入して使用しない

ミノキシジルを主成分とした、びまん性脱毛症をはじめとする薄毛治療薬はたくさん販売されています。
中には、海外製のミノキシジルがリーズナブルな値段で販売されていることもあります。

しかし、日本で認可されていない海外製のミノキシジルは、安全性が確立していないものです。
特に、個人輸入で購入した場合は、自己判断での購入になるため、万が一トラブルが起きても自己責任として保障が受けられず、リスクが高くなります。

びまん性脱毛症治療に使えるミノキシジル入りの育毛剤・治療薬

効果があるなら、びまん性脱毛症のために、ミノキシジルを使用したいと思っている女性もいますよね。
そこで、びまん性脱毛症治療に使えるミノキシジルが配合された育毛剤・治療薬をご紹介します。

①リアップリジェンヌ

リアップジェンヌ

ミノキシジルといえばリアップというほど、有名な育毛剤ですね。
女性用育毛剤として、大手製薬会社である大正製薬から販売されていて、医薬品として厚生労働省から認可されているため、安心感があります。

リアップジェンヌは、適応症として壮年性脱毛症に対して発毛及び脱毛予防ができると記載もされているので、びまん性脱毛症にも効果が期待できます。

②ロゲイン

ロゲイン

ロゲインは、世界的にも販売実績のあるファイザー製薬から販売されています。
ファイザー製薬は海外の製薬会社ではありますが、日本にも法人があるので、その点は信頼がおけますね。

ロゲインには、ミノキシジルの含有量が5%と2%のものがあり、濃度の低いものが女性用とされています。
女性用ロゲインも壮年期脱毛症が適応となっているので、びまん性脱毛症にも効果が期待できます。

ただし、ロゲインは日本では販売されていないため、個人輸入などで購入する必要があります。

ミノキシジルはクリニックで処方してもらいましょう

びまん性脱毛症に有効として、ミノキシジルが配合された女性の育毛剤は市販されていますが、先ほども言ったように、ミノキシジルはあくまでも医薬成分です。
もちろん、医薬成分である以上、副作用の懸念があります。

そのため、ミノキシジルを使用する場合は、効果があるからと安易に市販のリアップジェンヌを購入するよりも、なるべく専門のクリニックで相談した上で、治療薬としてミノキシジルを処方してもらう方がいいでしょう。

びまん性脱毛症にお悩みの女性はミノキシジルの検討を

いかがでしたか。
びまん性脱毛症に、ミノキシジルが効果的なのかを検証しました。
ミノキシジルは、数多くの国で薄毛治療としても取り入れられている成分であり、日本でも育毛剤に使用されているため、びまん性脱毛症にも効果は期待できるでしょう。

ですから、適正に使用すれば、ミノキシジルは薄毛の悩みを解消してくれるかもしれませんね。
現在、びまん性脱毛症にお悩みの女性は、ミノキシジルも考慮してみてはいかがでしょうか。