びまん性脱毛症とAGAの違いってなに?

びまん性脱毛症とAGAの違いは性別だけ

びまん性脱毛症とAGA、どちらも薄毛の症状としてよく耳にする言葉ですよね。でも、びまん性脱毛症とAGAの違いは何?と言われると、よくわからないという人も多いのではないでしょうか。

実は、びまん性脱毛症とAGAの違いは性別だけなんです。
それってどういうこと…?

今回はびまん性脱毛症とAGAの違いについて詳しく迫っていくことにしましょう。

AGAとは

抜け毛を見て心配する人

AGAは「Androgenetic Alopecia」の略。
日本語に訳すと「男性型脱毛症」といいます。
額の生え際や頭頂部を中心に薄毛になるのが特徴で、成人男性に多いとされているんですよ。

ちなみにこの男性型脱毛症、女性にも発症することがあります。
こちらは「女性男性型脱毛症」と呼ばれていて、英語で言うと「Female Androgenetic Alopecia」
略して「FAGA」といいます。
AGAとの違いは、女性を表す「Female」だけですね。

つまりFAGAとはAGAの女性版。
違いは性別だけということになるんですよ。

びまん性脱毛症とは

分け目が薄い女性

AGAとFAGAの違いは性別だけであるというお話をしました。

実このFAGA、別名をびまん性脱毛症と言います。
つまりびまん性脱毛症とFAGAは同じということなんですね。

びまん性脱毛症(FAGA)は男性型の脱毛症とは少しだけ症状が違います。
AGAは部分的に薄毛になるのが特徴でしたが、FAGAは頭髪全体が薄毛になるという特徴があるんですね。

同じ薄毛の症状でも性別によって違いがあるというわけなんです。

びまん性脱毛症(FAGA)の原因は?

びまん性脱毛症(FAGA)の主な原因はホルモンバランスの乱れと血行不良だと言われています。

健康な髪の毛を維持するためには女性ホルモンが必要。
でも加齢やストレスなどによってホルモンバランスが乱れてしまうと、健康な髪の毛を作ることができずに薄毛になってしまうことがあります。
また、髪の毛を作るためには血液から栄養をもらう必要がありますが、血行不良になると十分な栄養が行き渡りませんよね。
これもびまん性脱毛症(FAGA)の原因になるとされているんですよ。

びまん性脱毛症はなぜ全体に広がるの?

男性の脱毛症(AGA)の原因は、ほぼ男性ホルモンの影響。
それに対してびまん性脱毛症(FAGA)の原因はホルモンバランスや血行不良など原因がいくつも絡み合っています。
複数の原因が影響することによって、部分的ではなく全体に薄毛が広がるのではないかと考えられているんですよ。

AGAとFAGAにはここにも違いがあるんですね。

びまん性脱毛症(FAGA)の対策方法とは?

では、びまん性脱毛症(FAGA)の症状に気付いたらどういった対策をしていけば良いのでしょうか?
おすすめの対策をご紹介していきますので、できることから始めていきましょう!

①まずは専門のクリニックで無料カウンセリングをうけてみよう!

びまん性脱毛症(FAGA)かな?と思ったら、まずは薄毛治療専門のクリニックで相談するのがおすすめです。

薄毛治療専門クリニックなら日々膨大な症例を見ています。
あなたに合った薄毛治療をしっかりと提案してくれますよ。

薄毛治療クリニックの多くは無料カウンセリングを設定していますので、相談だけなら無料ですることができます。
薄毛の原因や治療の不安など、わからないことはどんどん聞いてくださいね。

②睡眠時間の確保・栄養バランス・適度な運動を心がけよう!

いきなりクリニックで相談するのは気が引ける…という場合は、生活習慣を整えることからチャレンジしてみましょう。

というのも、びまん性脱毛症(FAGA)の原因の多くはストレスや睡眠不足、食事の偏りなど生活習慣の中に潜んでいます。
また現代人に多いのは運動不足。
身体を動かさないと血行が悪くなりストレスが溜まりますので、びまん性脱毛症(FAGA)の可能性が高まってしまいます。
日々の習慣の中に軽い運動を取り入れるのもいいかもしれませんね。

毎日の生活を少しだけ見直して丁寧に生活してみることで、びまん性脱毛症(FAGA)は改善するかもしれません。
しばらく続けることで髪の毛に違いが出てくるはずですよ。

③女性専用の育毛シャンプーを使ってみよう!

びまん性脱毛症(FAGA)の改善のためにもっとできることはないかな?と思う女性には、女性用の育毛シャンプーもおすすめです。

育毛シャンプーってちゃんと効果あるの?と不安に思う人もいるかもしれませんが、洗浄成分や育毛成分の配合にこだわっているノンシリコン育毛シャンプーも多く販売されているので、安心して使えるものも多いんです!
育毛剤にはまだ手を伸ばしづらいかも…と考えている人はぜひ一度試して見てはいかがでしょう。

④女性専用の育毛剤に挑戦してみよう!

びまん性脱毛症(FAGA)の改善のためにもっとできることはないかな?と思う女性には、育毛剤もおすすめです。

女性が育毛剤だなんて…と思うかもしれませんが、今は女性向けの育毛剤も多く販売されています。
男性用とは違い、オシャレなデザインのボトルなのでお部屋に置いても恥ずかしくありません。
成分も天然成分にこだわっていたり無添加だったりと、安心して使える配慮がされているものが多いんですよ。
ぜひ一度試してみてはいかがでしょうか。

AGAやびまん性脱毛症を治療する際の注意点

ナース

AGAとFAGAとの違いや改善方法についてお話ししてきましたが、びまん性脱毛症(FAGA)の治療の時には気をつけてほしいポイントがいくつかあります。
大事なことですのでよく確認しておいてくださいね。

①びまん性脱毛症にプロペシアは危険!

FAGAとAGAはほとんど違いはないというお話をしましたよね。
もしかすると治療方法も違いがないのでは…と思う人もいるかもしれませんが、ちょっとだけ待ってください。

実は、女性と男性は身体の構造が微妙に違いますので、同じ薬を使うと体に害がある場合があるんです。

代表的なのが「プロペシア」というお薬。
男性の薄毛治療薬として処方されることが多いお薬なので、お父様や旦那様が持っているということがあるかもしれません。
でも、プロペシアに含まれるフィナステリドという成分は、女性が触れると体に害がある場合があるんですね。

こうしたお薬は他にもありますので、絶対に、男性用の薄毛治療薬は使わないでくださいね。

②治療薬は必ず病院で処方してもらう

今は病院で処方されるものと違いがないようなお薬も、個人で入手することがある程度可能になってきました。
でも、いくらネットで「薄毛に効果がある」と言われる治療薬も、自分で入手するのではなく必ず病院で処方を受けるようにしてください。

というのも、ミノキシジルなどの成分は確かに女性の薄毛にも効果があるのですが、その分副作用の危険もかなりあります。
また、個人輸入で手に入れたお薬は病院のものと微妙に違いがあったり、偽物の場合もゼロではありません。
あらゆる面から考えても、薄毛治療薬を自己判断で使うのは危険なんですね。

薄毛治療薬は必ず病院で処方してもらうこと。
これを守ってくださいね。

びまん性脱毛症(FAGA)を理解して対策し始めよう!

びまん性脱毛症(FAGA)とAGAとの違いについて、いかがだったでしょうか。
両方ともよく耳にする言葉ではありますが、詳しいことまでは知らなかったという人も多いかもしれませんね。

薄毛の症状や言葉について違いを詳しく知ることは、治療への第一歩になります。
対策は早く始めればそれだけ効果もしっかり出ますので、できることから始めてみてはいかがでしょうか。

ぜひ今回の記事をきっかけに、薄毛対策と向き合ってみてくださいね。