びまん性脱毛症はピルで良くなる?悪くなる?【根拠を解説】

びまん性脱毛症とピルの関係性の真実!

悩む女性

女性を悩ます「びまん性脱毛症」。女性特有の薄毛の症状ですが、そのびまん性脱毛症の改善に役立つと言われているのが、経口避妊薬であるピルの服用です。

しかしピルは薄毛を改善させる一方で、薄毛を促進させる働きもあるのをご存知でしょうか?

今回はピルの薄毛に対する、2つの異なる効果について詳しく解説していきます!

そもそもびまん性脱毛症の原因は?

分け目を気にする女性

びまん性脱毛症とはFAGA(女性男性型脱毛症)とも呼ばれるもので、女性特有の薄毛の症状を言います。

AGA(男性型脱毛症)のように特定の部分の髪が抜けるのではなく、全体的に髪が薄くなるという特徴があります。

びまん性脱毛症の原因はいくつかありますが、主なものにはホルモンバランスの変化が挙げられます。加齢や出産などでホルモンバランスが崩れると、髪の発育に影響して抜け毛が起こるのです。

ピルの成分はどんなもの?

?マーク

ピルには女性ホルモンの「エストロゲン」と「プロゲステロン」が含まれています。

これらのホルモンは排卵をストップさせ、妊娠を防ぐ働きがあります。その一方で、髪を丈夫にして抜けにくくするという役割も持っています。

そのため、ピルの服用で脱毛を防ぐこともできるのですが、逆にホルモンバランスが乱れることで抜け毛を促進し、びまん性脱毛症を招く恐れもあります。

ピルの服用を中止すると脱毛が増える!?

抜け毛がついたブラシ

前述のようにピルの服用によって女性ホルモンが増え、脱毛を抑えることができます。

しかし、長期間人工的に女性ホルモンのバランスを整えていると、急にピルの服用を止めた時にホルモンバランスが崩れ、その影響が抜け毛となって現れることもあります。

これがピルによるびまん性脱毛症の、大きな原因となっています。

ピルだけではびまん性脱毛症は治らない!

手を交差させる女性

このように、ピルはびまん性脱毛症を抑えることもできますが、逆にびまん性脱毛症を引き起こす原因にもなります。

以下ではピルに頼らないびまん性脱毛症の改善法について見ていきましょう。

食生活・生活習慣の改善

毎日の食事や睡眠、飲酒・喫煙といった生活習慣は、びまん性脱毛症に大きな影響を与えています。

栄養バランスの偏った食事や睡眠不足、過度の飲酒や喫煙といった習慣は、頭皮の血行を悪くして抜け毛を促進させる原因になってしまいます。
びまん性脱毛症を防止するには、栄養バランスの取れた食事と質の良い睡眠、禁煙といった生活習慣の改善が欠かせません。

ピルに頼らず、まずはこうしたことから対策していくことが大切です。

適度なストレスの解消

過度のストレスもまたびまん性脱毛症の原因となってしまいます。

ストレスを感じると自律神経が乱れて血流が悪くなり、髪が栄養不足に陥って抜け毛につながります。ですから、ストレス解消はびまん性脱毛症予防に効果的なのです。

ストレスを溜めすぎないために、こまめに気分をリフレッシュさせましょう。趣味で気分転換したり、軽い運動を行うことも効果的です。

女性用育毛剤の使用

ピルを使用するより安全で効果的なのが、「女性用育毛剤」によるびまん性脱毛症対策です。

女性用育毛剤は、繊細な女性の頭皮に合わせて作られています。安全な無添加の成分が頭皮環境を整え、ヘアサイクルを正常化して髪を健康に育ててくれるのです。

ピルのようにホルモンバランスを乱すこともありませんから、安心してびまん性脱毛症を改善することができます。

どうしても治らなければ病院へ!

看護婦さん

こうしたように、びまん性脱毛症に対しピルを用いて対処するのはよくありません。上記の様な普段からの対策を取ることが望ましいですが、それでも治らない場合は病院での治療が必要です。

現在はびまん性脱毛症を治療できる専門クリニックも多数ありますから、そうしたところで診察を受けるのが一番安心と言えるでしょう。

症状が改善しない、またはひどくなっているという人は、ぜひ専門医による治療をおすすめします。

正しい知識でびまん性脱毛症を改善しよう!

説明してきたように、ピルによるびまん性脱毛症対策はかなりのリスクがあると言わざるを得ません。

場合によっては症状が悪化してしまう危険もあるため、避けたほうが賢明でしょう。

びまん性脱毛症の改善には、正しい知識による対処が必要です。どうしても改善しない場合には専門医の診察を受けるなど、ピルに頼らない方法を優先させましょう!