若い女性が薄毛になる意外な原因とその対策法

【実は】若い女性は薄毛になりやすい…!?

頬杖をつく女性

髪は女の命とまで言われているのに、若い女性が薄毛になりやすいという衝撃の事実!?
薄毛って、ある程度の年配の人の話じゃないの?

ところがそうでもないのです。
それでは若い女性に薄毛を引き起こす原因とは何か、そしてその対策法について詳しく説明しましょう。

そもそも女性の薄毛の原因ってなに?

女性の薄毛の原因には様々なものがあります。その中でもホルモンバランスの乱れが最も多い薄毛の原因です。

ホルモンバランスの乱れと一言でいっても分かり難いのですが、簡潔に言えば、女性ホルモンの分泌が減少してしまうということなんです。
ですから、一般的には出産前後か更年期を迎える女性に多く見られる悩みが薄毛なのですね。

若い女性の薄毛を引き起こす原因とは?

ところが妊娠もしていないし、更年期にはまだまだ遠いい若い女性が薄毛になってしまうことがあります。

中にはホルモンバランスの乱れが原因の薄毛になる若い女性もいますが、割合としては少ないですよ。
では、若い女性が薄毛になる原因とは何なのでしょうか?

①過度なダイエット

女性のウエスト

ダイエットをすると、体の中の栄養が不足しますね。
人間の体は栄養が限られた状態になると生命維持のための活動が優先されます。

そうなると髪の毛の優先度は、生命維持に比べるとかなり低いので後回しにされてしまうのです。
こうして、栄養の届かない髪の毛は次第に元気をなくしていくんですね。

②生活習慣の乱れ

現代人はどうしても生活習慣が乱れがちですよね。特に若いと夜遅くまで起きていたり、朝起きれなかったり…

実は睡眠不足は髪の毛にとって大変良くないのです。
髪の毛の健康な成長にとって大切な成長ホルモンは、夜10時過ぎから深夜2時頃までに最も分泌されるんです。

この時間に起きて活動していては、成長ホルモンの分泌に悪影響が及んでしまい髪の毛の生育不足、そして抜け毛や薄毛の原因につながってしまうのです。

③過度のストレス

ストレスを受けると血管が収縮して血流が不足気味になることがわかっています。
なのでストレスが重くなると、血管に悪い環境の頭皮では、すぐに抜け毛や薄毛の原因となって影響が出てしまいます。

これは若い女性だからとか年配の女性だからとか年齢には関係しない薄毛の原因ですね。

他にも髪の毛を作る重要な栄養素の亜鉛がストレスに対処するために消費されてしまうなど、ストレスは何をとっても薄毛の原因につながってしまうのですね。

若い女性が薄毛にならないためにすべき5つの対策

若い女性

それでは、若い女性が薄毛にならないために有効な対策方法を厳選して5つあげます。

どれも難しいものではありませんし、薄毛の予防だけでなく心や体に良いことですよ。
さっそく今日から実践して、薄毛を予防していきましょう!

①過度なダイエット(食事制限)は控える

ダイエットの元々の意味は、バランスの取れた栄養の摂取の意味だったのです。
ところが今では食事制限の意味で理解されてしまっています。

そうしたダイエットで度が過ぎると薄毛の原因になるだけでなく、体調を崩してしまいますよ。
若い女性では、この過度のダイエットを繰り返す人も多いので気を付けましょう!

適度な量と栄養バランスの取れた食事で、真のダイエットを目指してくださいね。

②規則正しい生活(早寝早起き)

生活習慣を見直し、早寝早起きに切り替えて睡眠不足の原因を解消しましょう。
特に髪の毛にとって大切な成長ホルモンの分泌される時間帯は、ぐっすり寝るようにして下さいね。

そうなると自律神経も整い体調や精神状態も良くなりますし、抜け毛や薄毛の予防につながりますよ。
人間は早起きして朝日を浴びると、心と体にとても良いそうです。

③育毛剤を使用する

育毛剤は頭皮環境を整え栄養補給してくれるので、実は薄毛対策には一番効果的なのです。
育毛剤はおじさんが使うものという誤認識があるかもしれませんがそんなことはありません。

今では若い女性が使ってもおかしくない女性専用の育毛剤もいろいろ販売されているんです。

デザインや使用方法、香りまで女性が使いやすいようにしっかりと作られています。
しかも見た目は育毛剤とはわからないパッケージですし、通販で購入しても中身がわからない梱包で送ってくれますから安心ですね。

④ストレスの解消

ガッツポーズする女性

過度のストレスは若い女性が薄毛になる原因の一つでした。

ストレスは血行不良や自律神経の乱れ、ホルモンバランスの乱れなど、薄毛だけにとどまらない悪影響がありますよね。

適度な運動をする、好きな趣味に没頭する時間を作る、親しい人と何でも話してみる、などストレスの原因の解消に努めましょう。

ストレスはできる限り溜めることはせず、積極的に発散させましょうね!

⑤髪の毛をいたわる

最後は大切な割に意外に実践されていない、髪の毛を大切にいたわるという対策です。
若いうちはなかなか髪の毛をいたわるという気にならないかもしれませんが、薄毛対策には重要ですよ。

チェック項目にしましたので、該当することがあれば改善してくださいね。

  • シャンプーでゴシゴシ洗って頭皮を痛めていないか
  • ドライヤーの熱すぎる風を頭皮や髪の毛にあてていないか
  • ブラッシングで髪の毛を引っ張るなど力をかけすぎていないか
  • 外出時に帽子などで、紫外線や汚れから頭皮や髪の毛を守っているか

こんな薄毛の症状が起こったらすぐに対策を!

若い女性であっても薄毛には注意しなければいけないことがわかりました。
何事も手遅れにならないように、最初のうちが肝心ですよね。

では、どんな症状が起きたときに対策が必要なのでしょうか?具体的な例をあげますね。

シャンプーしたとき、髪の毛がごっそり抜ける

シャンプーをする女性

シャンプーすると排水溝に大量の抜け毛がからんでびっくりするということが実際に起こります。

人間の髪の毛にはヘアサイクルというものがあり、一定数の髪の毛は抜けて生え変わるのが正常な姿なのです。

ただ若い女性でも何かの原因で薄毛が始まる時は、いきなりごっそり抜ける事が多いのです。

日頃からシャンプーの時には抜け毛の量を確認するようにしましょうね。

フケが出る

普段ほとんど気にならなかったフケが気になるようになるのも、要注意ポイントです。季節により肌や頭皮が乾燥して、フケの原因になることは誰にでもありますよね。

ただ若い女性が薄毛になる徴候のフケの場合は、季節に関係なく大量に出てくるようになりますので、割と気が付きやすいですよ。

抜け毛の量がハッキリと増える

朝起きた時の枕カバーやブラッシングをした際のブラシに纏わりついた抜け毛の数がいきなり増えるのも、若い女性が何かの原因から薄毛になる要注意ポイントです。

シャンプーの時の抜け毛と似ていますね。毎日のことなので、抜け毛が増えると割と気が付きやすいものです。
待った無しで薄毛対策の開始が必要かもしれません。

その他若い女性に起こりうる薄毛の原因

手のひらを向ける女性

一般的に若い女性が薄毛になる症状は、びまん性脱毛症とか女性型脱毛症と言われています。

その他に、若い女性の薄毛の症状に牽引性脱毛症と円形脱毛症があります。

牽引性脱毛症は、髪型などにより髪の毛を強く引っ張り過ぎるのが原因で抜け毛、薄毛となる症状なのです。
ですから原因となっている髪の毛の扱い方や髪形を変えることで回復することが多いですね。

円形脱毛症はコイン型の脱毛部ができるものですが、医学的に原因は特定されていません。
しかし研究は進められていて、現代では自己免疫反応が原因の疾患だと考えられていますよ。

皮膚科で診察を受けるとステロイド剤の対症療法がなされますね。

まだ若いからといって薄毛をみくびらないように!

現代では薄毛は年配者や男性だけの問題ではありませんね。若い女性が薄毛になる危険度がどんどん増えてきていることがわかりました。

若いからとか女性だからとかで薄毛の原因を放置してはいけませんよ。

それと薄毛の兆候を見逃さないようにしましょうね。
育毛剤などの薄毛対策もお忘れなく!