薄毛にはカフェインが有効!?その効果を詳しく解説します!

薄毛に対するカフェインの効果を解説します!

一押しポーズをする女性

薄毛にいいと言われる食材がたくさんある中、カフェインが薄毛に有効なのでは…という情報があります。

カフェインは健康にいいというものもあれば、良くないということも見聞きすることがありますが本当の所はどうなのでしょうか。

今回はそんなカフェインが抜け毛や薄毛に与える影響について詳しく解説していきます。

薄毛が起こる主な原因

抜け毛で困る女性

カフェインの薄毛への効果を知る前にそもそもなぜ薄毛になってしまうのか、薄毛が起こる主な原因を把握しておきましょう。

①ホルモンバランスの乱れ

薄毛が起こる原因の一つに、ホルモンバランスの乱れが挙げられます。
男性女性ともに体内には男性ホルモンと女性ホルモンが存在しているのですが、普段は両方のバランスをとりながら健康を保っています。

でも、加齢など何らかの原因によってホルモンバランスが乱れると体に不調をきたしてしまうことも。
その影響の一つに髪への影響があり、ホルモンバランスが崩れるとヘアサイクルが乱れて、抜け毛が増え薄毛の原因になってしまいます。

②頭皮の血行不良

また頭皮に血行不良が起こるとでも、抜け毛や薄毛が引き起こされてしまいます。
理由としては、普通は食事から摂取した栄養分は血液の流れによって全身に運ばれますが、血行不良が起こるともともと届けられるだった栄養分が頭皮に届かなくなるのです。

その結果、発毛に必要な栄養分は毛根には届かず健康な髪を育てることができなくなってしまいます。

カフェインが薄毛に与える良い影響

薄毛になる原因がわかったところで、カフェインがどのように薄毛に効果があるのか、カフェインが薄毛に与える良い影響を見てみましょう。

①血行促進作用

カフェインには交感神経を刺激する作用があります。
交感神経が刺激されると体内では血圧が上昇し血流を促す作用があると言われています。

血行不良によって薄毛の原因になることを先ほどご説明しましたが、カフェインの血行促進作用で血行が促進されれば頭皮への栄養が十分に届くようになるため、薄毛の改善に効果が期待できます。

②テストステロンを抑える

女性にも男性にも女性ホルモン・男性ホルモンが存在すると前述しましたが、男性ホルモンの一種であるテストステロンは薄毛の原因になることがわかっています。

このテストステロンが体内で増加して5αリクターゼという酵素によってジヒドロテストステロンに返還されてしまうと、薄毛の原因になると言われているのです。

そのため、カフェインでテストステロンの発生を抑制することができれば結果的に薄毛の原因を排除することができます。

実はカフェインは薄毛に悪い影響ももたらします

頭を抑える女性

カフェインは薄毛に良い影響を与えることがわかりましたが、逆に悪い影響ももたらすことも…。
カフェインが薄毛へ与える悪い影響も知っておきましょう。

①覚醒作用による睡眠不足

カフェインには交感神経を刺激する作用があることは、前述しましたが、交感神経が優位に立つと神経が昂って覚醒させる作用があります。
よくコーヒーなどのカフェインを含む飲料を飲むと眠れなくなるというのは、そのためです。

覚醒作用によって睡眠不足になれば、疲れも取れずストレスが溜まり薄毛には悪影響になってしまいます。

また睡眠中は発毛に重要な役割を持つ細胞を活性化させる成長ホルモンが多く分泌されるため、カフェインで睡眠不足になればその細胞の働きは十分ではなくなり、薄毛を助長してしまう場合があります。

②アデノシンの抑制

アデノシンとは元々体内に存在する成分で、血行促進作用があり、体内で発毛促進因子を生成して促す効果があります。

ところが、カフェインにはアデノシンの生成を抑制する作用があるため、カフェインを摂取すると髪の育成に必要なアデノシンの育毛効果が失われるため、薄毛に悪影響を及ぼしてしまうのです。

カフェインは適度に摂取することが大切です

OKサインをだす女性

カフェインには薄毛に対して良い影響も悪い影響もあることがわかりました。
また、どんなものでもそうですが、摂取するには適量というものがあります。

カフェインは必要以上に摂取しすぎないことが、カフェインによる薄毛への悪影響を防ぐことにつながります。

またカフェインによって睡眠不足になることを避けるためにも、寝る前にカフェインを摂取するのは避けたほうがいいでしょう。

カフェインを上手く利用して効果的に薄毛対策を!

いかがでしたか。
カフェインの薄毛に対しての効果について解説しました。

カフェインには薄毛に良い影響を与える効果があることがわかりました。
ただし、一方で薄毛へ悪影響を及ぼすことがカフェインにはあるのも事実です。

薄毛対策にカフェインを取り入れるなら、悪影響で薄毛を助長してしまわないように適量を摂取して効果的に薄毛対策を行いましょう。