【原因から探る】60代女性の薄毛の対策方法とは…

60代女性の薄毛は治るの…?


年齢とともに薄毛が目立ってきた…そう感じている女性は多いかもしれませんね。
もう60代、歳の問題だから改善することなんてできないんじゃないの?そう思っていませんか。
もしそうなら、まだ諦めるのは早いですよ。

年齢を重ねても、薄毛になっていない女性もいます。
ですから、今薄毛に悩んでいる女性でも適切な対策をすれば、ある程度の改善は可能だと言えます。
そこで、60代女性のための薄毛を悪化させずに改善させる対処法をご紹介します。

60代女性の薄毛の主な原因

60代女性の薄毛を適切に対策するには、薄毛を作る原因を知ることが先決です。
そもそもなぜ薄毛になってしまったのか、まずは60代女性の薄毛の原因を探りましょう。

①加齢によるもの

60代女性の薄毛の原因として、一つ目は加齢によるものが挙げられます。
加齢に伴って体内の女性ホルモンの分泌量が変化するのですが、女性ホルモンのエストロゲンが低下すると髪に影響を与えてしまい薄毛の原因につながります。

なぜかと言うと、エストロゲンには女性の健康を維持させる作用のほかに、髪を成長させたり髪の成長を維持する働きがあるのです。
ですから、エストロゲンの量が加齢によって減少すると、健康な髪を育てることが難しくなってしまいます。
また、加齢によって頭皮の保湿力が失われ、頭皮が弾力を失うことでも薄毛の原因となります。

②頭皮への栄養不足

頭皮は、髪を育てるための大切な土壌部分です。
60代女性が薄毛になる原因として、この土壌部分である頭皮に問題があることも多いです。
髪は頭皮から栄養や酸素をもらって、健康に育つことができます。

もし頭皮への栄養が不足していれば、当然のことながら健康な髪は育めません。
食事の量が減っていたりバランスの偏った食事をしている60代女性の場合は、体内が栄養不足になる可能性があり頭皮へ十分な栄養が届けられないために薄毛になっているかもしれませんね。

③運動不足

60代で激しい運動をしている女性は少ないと思いますが、ほとんど動かない生活環境の女性は運動不足が原因で薄毛になっている可能性があります。
運動不足は、血行不良を招き新陳代謝も低下するからです。

血液は血管を通して体内を循環していますが、血行が悪くなれば血液中の栄養分や酸素も滞ってしまいます。
頭皮や髪は身体の末端にありますから、血行が悪くなるとますます栄養分が届かなくなり、健康な髪を育てることができなくなってしまいます。
その結果、抜け毛が増え薄毛へとつながるのです。

60代女性におすすめの薄毛対策法

笑顔の中年女性

60代女性の主な薄毛の原因がわかりましたね。
薄毛の原因がわかれば、おのずと対処するべき方法が見えてきます。
続いては、60代女性におすすめの対策法をご紹介します。

①軽めの運動をする

60代女性が薄毛になる原因には、運動不足による血行不良があります。
普段からあまり動かない環境にいる60代の女性は、運動によって薄毛を対策しましょう。
運動といっても、ランニングなど体力を必要とする運動をする必要はありません。

軽めのストレッチなどから始めて、ウォーキングなどのようにゆっくり疲れない程度の軽めの運動が効果的です。
運動は血行を促進するだけでなく代謝もアップしますので、髪の元となる毛母細胞が活性化すれば薄毛対策につながります。
さらに、ストレス解消にもなり全身の血行が改善されるため、運動は薄毛対策としておすすめの方法です。

②女性用の育毛剤を使用する

頭皮の栄養不足も60代女性の薄毛の原因の一つだと前述しましたね。
とはいえ、栄養不足を解消するためにバランスの取れた食事を考えたり不足を補うのは大変だと思います。
そこでおすすめなのは、女性用育毛剤の使用です。

育毛剤は直接頭皮に栄養分を届けることが可能なので、効果が高いと言えます。
しかも、女性用育毛剤は女性が薄毛になる原因に特化して作られているため、あらゆる薄毛の原因に有効な成分が配合されていることがほとんどです。
そのため、60代女性の薄毛にも女性用育毛剤が有効であり薄毛改善の効果が期待できます。

③ウィッグを使用する

一時的な対応策になりますが、見た目をいち早く改善するにはウィッグの使用がおすすめです。
最近ではウィッグも改良されオシャレなものがたくさんありますし、部分的なものもあり華やかさがあるため60代女性の髪を素早くボリュームアップさせてくれます。

薄毛を気にして身体にストレスがかかると、髪にとって悪影響となり改善するどころか悪化させてしまいます。
そうならないためにも、ウィッグを使用しながら他の対策法も併用していく方が得策ですよ。

薄毛を悪化させないために注意すべき3つのこと

60代女性の薄毛対策法がわかりましたが、よりよく改善するためには今の薄毛を悪化させない注意点も把握しておかなければなりません。
薄毛を悪化させる悪い習慣も改善して、一気に薄毛対策をしましょう。

①白髪染めはほどほどに

60代女性の中には、薄毛と同時に白髪に悩んでいる女性もいるでしょう。
白髪も目立つので気になって、よく白髪染めをしているかもしれませんね。
でも、白髪染めは薄毛を悪化させる可能性があります。

白髪染めには髪のタンパク質を分解させる強い薬液が使用されていて、髪にダメージを与えることはもちろん頭皮に付着すれば頭皮にも悪影響を及ぼします。
ですから、白髪染めを頻繁に行っていると髪にも頭皮にも良くなく薄毛を助長させてしまいます。
60代女性は白髪染めはほどほどにし、できれば天然成分のヘナなどを使用するようにしましょう。

②刺激の強いシャンプーは使用しない

薄毛を対策する上で、頭皮環境を悪化させる行為は避けなければなりません。
そういう意味では、毎日使用するシャンプーも見直しが必要です。
一般に市販されているシャンプーは洗浄力が高く泡立ちが良い反面、刺激が強いのが特徴です。

洗浄力が高いと頭皮に必要な皮脂まで洗い落としてしまい、結果的に皮脂を過剰分泌させたり頭皮にダメージを与えることになります。
頭皮環境を悪化させない薄毛対策としておすすめのシャンプーは、低刺激で弱酸性のものや天然由来のオーガニックのシャンプーです。
現在洗浄力の高いシャンプーを使用中の60代女性は、一度見直してみましょう。

③くし・ブラシは正しく使う

髪をとかすのにくしやブラシを使用しますが、正しく使用できているかを気にしたことがありますか。
実は、何気なく行っているくしやブラシの使い方でも髪を傷めている可能性があります。
髪をとかすために無理やり引っ張ったり、急いでとかすのは摩擦が起き髪を傷つけるだけでなく、抜け毛を助長してしまう可能性があります。

たかがブラッシングですが、髪をとかす以外に髪や頭皮の汚れを落としたり頭皮をマッサージする効果があるのです。
できれば、ブラッシングに時間をかけて頭皮の血行を促すようにマッサージするのがおすすめです。
くしやブラシは正しく使用して、薄毛を悪化させないように注意しましょう。

適切な対策で髪を若返らせましょう

いかがでしたか。
60代女性の薄毛の対策法を原因から探ってみました。
そもそもの原因を把握すれば、正しくケアすることができますね。

もちろん、薄毛になっている期間を考えれば時間がかかるかもしれませんが、60代女性でも適切に対策すれば薄毛の改善が期待できます。
女性は髪が命ですから、今日から正しくケアをして髪も若返らせましょう!