産後の抜け毛が2年以上治まらない原因は?対策法も紹介します

産後の抜け毛が2年以上続いている…

髪の毛を気にする女性

出産を終えた新米ママの多くが経験すると言われている産後の抜け毛
でも、多くは1年くらいで治まってくると言われていますよね。

でも人によっては、一向に抜け毛が治まらないまま産後2年以上経過してしまうというケースもあるようです。
一体どうしてこういうことが起きるのでしょうか?

今回は産後2年以上抜け毛が治まらない原因だけでなく、対策法もご紹介していきます。
きっとあなたの悩みを解決する役に立つと思います。

そもそも産後の抜け毛の原因は?

抜け毛

まずは産後の抜け毛の原因についてざっくりとご紹介しますね。

産後に抜け毛が多くなる主な原因は、ホルモンバランスの変化だと言われています。
妊娠中は母胎を支えるために多く分泌されていた女性ホルモンですが、出産を終えるとその必要がなくなるため一気に減少します。
この女性ホルモンの急激な変化がホルモンバランスを乱し、抜け毛の増加につながるとされているんです。

通常、産後の抜け毛は1年ほどで治まる

赤ちゃんと母親

ホルモンバランスの乱れによって起きる産後の抜け毛は、ずっと続くわけではありません。
大抵はホルモンバランスが正常に戻るに従って、自然に治まっていきます。

ホルモンバランスが正常に戻るのに必要な期間は、大体1年くらい。
つまり産後の抜け毛は1年程度耐えれば自然に治まっていくというわけです。

1年と聞くとちょっと長く感じる人もいるかもしれませんが、時が来れば治ると思えば少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。

2年以上抜け毛が続く原因とは?

頭を抱える女性

産後の抜け毛は1年くらいで治るというお話をしました。
でも、中には2年以上続いてしまう人もいる様子…
これはどうしてなのでしょうか?

①ホルモンバランスが戻りきらない

先ほど、産後の抜け毛はホルモンバランスが戻れば治るというお話をしましたよね。
ということは、もしホルモンバランスが2年経っても戻らないとしたら…産後の抜け毛が治まるのも遅れてしまうんですね。

ホルモンバランスの戻りが遅れる原因のひとつに考えられるのは、高齢出産によるものです。
高齢出産と呼ばれる年齢での出産は体への負担が大きく、また治癒力も低くなっているためホルモンバランスの回復が遅れてしまうことがあるんです。

仮に若い年齢での出産でも、産後の生活の乱れによって体に負担がかかると、ホルモンバランスの回復の遅れにつながる場合もあるようです。

②加齢による薄毛と重なった

40代以降の高齢出産の場合はもうひとつ原因が考えられます。

40代以降になると、妊娠や出産に関わらず年齢による薄毛の症状が出る可能性があるんです。
これがたまたま出産の時期と重なってしまうと、産後2年以上経ってからも抜け毛が回復しないように感じられることもあるようです。
今は高齢出産のケースも増えていますから、多くの女性にとって他人事ではないかもしれません。

③円形脱毛症の発症

産後の抜け毛と別の症状が重なるケースとしてもうひとつ考えられるのが、円形脱毛症です。

産後は育児や家事、またお仕事などでとても忙しくなりますよね。
充実している反面、女性の一生の中でもストレスを感じる場面が最も多い時期とも言えます。
こうしたストレスの多い時期には、円形脱毛症の発症リスクがかなり高まるんですね。

産後の抜け毛が2年以上長引いていると思ったら、実は円形脱毛症だった…という人も少なくないんです。

④びまん性脱毛症の発症

産後の抜け毛はホルモンバランスが回復すれば治りますが、しっかり回復できなかった場合はびまん性脱毛症に移行してしまうこともあると言われています。

びまん性脱毛症は別名FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれていて、全年齢の女性が発症する可能性のある薄毛の症状。
やはり原因はホルモンバランスの乱れだとされています。

産後のホルモンバランスの乱れがそのままびまん性脱毛症の原因となってしまった場合、産後2年経っても抜け毛が治まらないこともあるようです。

産後の抜け毛が2年以上続く場合の対策方法

ナース

産後の抜け毛が2年以上続くことについて、考えられる原因をご紹介してきました。
原因がわかったということは対策も立てることが可能です!
まずは自分でできることから始めてみましょう。

①生活習慣の見直し

産後2年経っても抜け毛が治まらない原因として最も多いのは、やはりホルモンバランスの乱れが治まらないケースです。
体の治癒力や年齢的な原因ももちろんありますが、生活習慣の乱れがホルモンバランスを乱している可能性は意外と高いのです。

産後はとにかく忙しい時期ではありますが、こんな時だからこそ睡眠や食事の栄養バランスなど、基本的な生活をきちんと見直すようにしましょう。
生活習慣がしっかりと整うにつれて、ホルモンバランスもかなり安定してくるはずです。

②育毛シャンプーの使用

産後2年以上抜け毛が治まらない背景には、ひょっとすると頭皮環境の乱れもあるかもしれません。
産後の忙しい日々によるストレスで頭皮環境が悪くなってしまうと、ホルモンバランスが整ってきても髪の毛を作るための力が弱くなってしまうんです。

そんな女性にオススメなのが育毛シャンプー。
頭皮環境を無理なく整える成分が配合されているため、産後の忙しい時期でもシャンプーを意識するだけで育毛環境を整えることができますよ。

③女性用育毛剤の使用

頭皮環境の改善策としてもうひとつおすすめしたいのが、女性用育毛剤です。
育毛シャンプーは洗い流すことが前提ですが、育毛剤なら頭皮に成分が留まりますから、より効果的に頭皮環境が改善できますよ。

ただ、産後2年近く経ったからと言ってもまだ薬品は使いたくない…そんな女性も多いかもしれません。
そういう人はぜひ、天然成分・無添加にこだわった育毛剤を選んでみましょう。
植物など天然から抽出した成分が配合された育毛剤なら、産後の体に負担をかけずに抜け毛ケアができますよ。

産後の抜け毛が長引く時は薄毛専門のクリニックへ

病院

産後2年以上抜け毛が続いてしまった場合の対策をご紹介してきました。
でも、自力でできるケアにはやはり限界があります。
自分でケアをしてみてどうしても抜け毛が治まる気配がないという場合は、薄毛専門のクリニックで相談してみましょう。

産後2年以上続く抜け毛の原因を自分で正確に判断することは難しいですが、薄毛専門クリニックなら何が原因で抜け毛が治まらないかをしっかり診断してくれます。
その上で最適な治療法を提案してくれますよ。

いきなり治療をするには費用が心配…という人も大丈夫。
多くの薄毛専門クリニックではカウンセリングを無料で実施しているんです。
カウンセリングだけの場合は費用がかかりませんから、しっかりと納得したうえで治療に進むことができます!

2年以上続く産後の抜け毛にはしっかりとした対策を!

産後の抜け毛が2年以上続く時の原因と対策について、いかがだったでしょうか。
2年経っても薄毛が治らないなんて異常なのでは…そう思っていた女性も、原因を知ることで少し気持ちが楽になったのではないでしょうか。

2年以上続く産後の抜け毛も、原因さえ特定できれば必ず改善の方法はあります。
ぜひ、勇気を出して薄毛専門クリニックのカウンセリングを受けてみましょう。
ご自身の症状をしっかり把握して、効果的な薄毛対策に繋げてくださいね。