【要チェック】女性の薄毛につながりやすい生活習慣一覧!

生活習慣が薄毛の一番の原因!?

お菓子をつまむ女性

最近抜け毛が増えたきた気がする…そんな女性は注意が必要かもしれません。
実は、女性の薄毛の原因に普段の生活習慣が大きく関わっていると言われているのです。

もちろん、生活習慣だけが女性の薄毛の原因を作るわけではありませんが、生活習慣が薄毛の発端となり得ることは事実です。
良くない生活習慣を送っていると、薄毛が進行してしまうかもしれませんよ。
これを機に薄毛の原因となる生活習慣を送っていないか、自分の生活習慣と照らし合わせてみましょう。

生活習慣が薄毛に繋がるのはなぜ?

一見、何のつながりもなさそうに思える生活習慣と薄毛ですが、掘り下げてみると間接的に深く関わっています。
睡眠不足など一般的に良くないとされる生活習慣によって、体内に血行不良が起こったり、髪に栄養が届かなくなってしまいます。

その結果、女性の薄毛へつながっていくことが考えられます。
また、女性が何気なく行っているケアによっても髪や頭皮にダメージを与えていることもあるのです。
このように、良くない生活習慣が女性の薄毛の原因になることは大いに考えられます。

血行不良につながる生活習慣

お菓子を食べながら横になる女性

血行不良によって、女性の薄毛が引き起こされます。
では、どんな生活習慣が血行不良の原因となるのでしょうか。
まずは、血行不良につながる生活習慣を見てみましょう。

①運動不足

学生時代は授業などで自然に体を動かす機会がありますが、社会人になると意識的に動かない限り運動不足になってしまいます。
特に、車通勤をしている女性にとっては歩く機会も少なく慢性的に運動不足になりがちです。

全身の血行は運動することによって促進され、さらには新陳代謝も高めることができます。
ですから、運動不足になると血行が滞りやすくなるのです。

②パソコン・スマホを長時間みる

現代の生活では、パソコンやスマホは欠かせないですよね。
でも、長時間の使用は血行不良を引き起こすため禁物です。
パソコンやスマホを長期間みていると、前かがみの同じ姿勢をずっと保っていることになります。

その結果、肩こりや首凝りを引き起こし筋肉が硬くなって血行が悪くなります。
日常的にスマホが手放せない生活習慣を送っている女性は、注意が必要です。

③喫煙

若い女性でも喫煙する人が増えていますが、喫煙は血行不良を引き起こしてしまいます。
なぜなら、タバコに含まれるニコチンには血管収縮作用があるからです。

喫煙によって毛細血管が収縮すると、送られるべき血液量が減ってしまうため結果的に血行不良につながります。

髪の栄養不足につながる生活習慣

ビール女子会

髪が栄養不足になってしまうと、当然ですが健康な髪は育めず薄毛につながります。
続いては、髪の栄養不足を引き起こす可能性のある生活習慣を見てみましょう。

①偏った食事

食事は取っていても、偏った食事では十分な栄養が補給されません。
ファストフードだけで済ませてしまったり、油ものや特定のものだけを食べてしまっている生活習慣では、髪の栄養不足を招きます。

健康な髪を育てるためには、栄養バランスの取れた食事を心がけることが大切です。

②過度のダイエット

ダイエットも、髪の栄養不足を招く注意しなければいけない事の一つです。
多くの女性は、体型を気にして食事を抜いてしまうような過度のダイエットをしてしまいがちです。

しかし、内臓も髪も口から摂取した食事によって栄養を摂取しています。
そのため、過度のダイエットで摂取する食事量が減ると栄養も不足してしまいます。

③過度の飲酒

お酒の飲みすぎが身体に良くない影響をもたらすのは、何となく理解できますよね。
ただ、飲酒は身体に悪影響を与えるだけでなく、アルコールによって栄養素が失われてしまうのです。

過度の飲酒は、胃や腸など栄養の吸収を行う細胞を弱らせるため栄養の吸収が阻害されたり、利尿作用があるため摂取した栄養分を排出させる働きがあります。
ですから、過度の飲酒は髪の栄養不足につながってしまいます。

髪や頭皮にダメージを与える生活習慣

生活習慣の中でも、女性の薄毛に直接影響を与えるのは髪や頭皮のダメージです。
薄毛の原因となり得る髪や頭皮にダメージを与える生活習慣を把握しておきましょう。

①いつも頭皮に負荷がかかる髪型にする

髪をアレンジしたりよく髪型を変える女性もいますが、その方法によって髪や頭皮にダメージを与える可能性があります。
髪は抜ける方向に力がかかっている状態が続くと、頭皮に負担がかかり抜けやすくなってしまいます。

いつも髪をアップにしていたり強い力で結んでいる女性は、負担がかかっている部分だけ薄毛になってしまったりすることもあります。

②間違ったシャンプー方法

間違ったシャンプー方法でも、頭皮や髪にダメージを与えていることがあります。
正しいシャンプー法というのは、指の腹を使って優しくマッサージするように汚れを落とすことです。

頭皮の汚れを落とそうと、爪を立ててゴシゴシとシャンプーしている女性がいるかもしれませんが、それでは頭皮や髪を傷つけてしまいます。
間違ったシャンプー法に心当たりがある女性は、その習慣を変える必要があります。

③睡眠不足

睡眠は身体にとっても髪にとっても、非常に重要なものです。
なぜなら、睡眠によって細胞や皮膚のダメージや疲労を修復しているからです。
たとえ、日常生活で紫外線などの影響などで髪や頭皮と傷つけることがあっても睡眠中に回復させることができます。

しかし、睡眠不足が慢性的に続いているとダメージを回復させることができなくなり薄毛につながっていきます。
つい、夜更かししてしまう生活習慣の女性は危険かもしれません。

まずは当てはまった生活習慣を見直そう!

看護婦さん

どんな生活習慣が髪にとって良くないかがわかりましたね。
中には、何気なく行っていて髪にとって良くないことだというのが、イメージできないこともあるかもしれません。

でも、悪い生活習慣の日頃の積み重ねが女性の薄毛の原因を作るのだとしたら、やはり当てはまった生活習慣は改善しなければなりません。
逆に言えば、生活習慣を改善するだけで薄毛になるのを防ぐことができるのです。
まずは、少しづつ生活習慣の改善を見直してみましょう。

生活習慣の改善が難しい女性は…

悪い生活習慣によって女性の薄毛を招くとはいえ、すぐに改善できるものもあれば物理的に難しいものもありますよね。
仕事が忙しくて、どうしても睡眠時間が長く取れない女性もいるでしょう。

そんな時におすすめなのは、育毛剤の使用です。
女性用育毛剤には育毛促進作用のある成分に加え、頭皮環境整える成分も配合されています。
育毛剤で頭皮環境が改善できれば、薄毛を対策することができます。

生活習慣を改善して薄毛を克服しよう

いかがでしたか。
薄毛につながりやすい生活習慣をご紹介しました。
薄毛とは無関係だと思っていたものが、意外にも薄毛につながる生活習慣だったというのもあったのではないでしょうか。

習慣になっているものは直すのが難しいかもしれませんが、薄毛を防ぐためだと思えば改善へのモチベーションも上がるはずです。
まずは、できるところから生活習慣を改善して薄毛を克服しましょう。