女性の薄毛・抜け毛治療へのフロジン液の効果と副作用

フロジン液で女性の薄毛は治せる?

フロジン液と聞いて、どういうものかパッと思い浮かぶ女性はあまりいないかもしれませんね。

フロジン液は女性の薄毛・抜け毛治療に使われることがあるお薬。
そう聞くと、どういった効果があるのか知りたくなってきませんか?

今回はフロジン液が女性の薄毛にどのような治療効果があるのか、また、そもそもフロジン液とは何なのか、詳しくご紹介していきますね。

フロジン液とは

フロジン液

フロジン液は1969年から発売されている塗り薬です。
塩化カルプロニウムを主成分とする治療薬で、低濃度のものはドラッグストアなどでも購入することができます。
病院では市販品より濃い、5%の濃度のフロジン液の処方を受けられます。
病院で処方を受ける時は症状によっては保険が利きますので、市販品よりもお安く済むのが魅力のひとつなんですよ。

女性の薄毛・抜け毛へのフロジン液の効果

ではこのフロジン液、どうやって女性の薄毛改善に効果を発揮するのでしょうか?

フロジン液の主成分である塩化カルプロニウムには血管拡張作用があります。
血管が広がると血行が促進されますから、頭皮に流れる血流がアップしますよね。
これによって髪の毛に栄養が行き渡りやすくなりますから、弱った毛根を強くしたり薄毛改善効果が期待できるというわけなんです。

フロジン液は円形脱毛症治療におすすめ

薄毛に驚く女性

頭皮の血行を良くしてくれるフロジン液。
となれば女性の薄毛の症状全般に効果がありそうですが…?
どういった薄毛の症状の時に処方されるのでしょうか。

単発型の円形脱毛症に有効

フロジン液は主に、円形脱毛症の女性に処方されます。
中でも単発型、つまり軽度の円形脱毛症の場合に使われることが多いんですね。

円形脱毛症の原因は免疫系統の異常だと言われていますが、頭皮の血行を良くすることは髪の毛の発育にプラスに働きます。
免疫系統の治療には時間がかかりますが、初期の脱毛であればフロジン液の血行改善効果によって比較的スムーズに治療できるとされているんですよ。

FAGAには効果なし…?

女性の薄毛としてよく名前が上がるびまん性脱毛症(FAGA)も、血行不良が原因の薄毛と言われています。
ならFAGAの女性にもフロジン液は効果がありそうですが、実はFAGAの女性にフロジン液が処方されることはほとんどありません。

というのも、治療ガイドライン上ではFAGAの女性へのフロジン液使用は優先度が低いんです。
一般的なFAGA治療であれば、フロジン液よりも効果が高いとされるミノキシジルのほうをおすすめしているお医者さんが多いんですよ。

フロジン液で起こりうる副作用

悩む看護師

新しいお薬を使う時に気になるのが副作用の存在。
フロジン液も、可能性としては4%前後と低い確率ではあるものの、副作用が確認されているんですよ。

起こりうるのは頭皮の発疹やかゆみ。
また、稀に吐き気や嘔吐などの症状も出ることがあると言われています。

ただ、お医者さんの指示を守って使っていればそこまで重篤な症状にはならないとされています。
それでも不安に感じる女性は、すぐにお医者さんに相談してくださいね。

フロジン液のその他の特徴

OKポーズをとる女性

女性の薄毛治療薬としてのフロジン液。
まだまだ他にも注目すべき特徴があるんですよ。
ひとつずつ見ていきましょう。

①安価で使用できる

フロジン液の嬉しい特徴は、何と言ってもお値段が安いことです。

フロジン液は円形脱毛症の女性に処方されることが多いのですが、円形脱毛症は他の薄毛治療と違って保険が適用になります。
そのため一部の自己負担額を支払うだけで使うことができるんですね。
高額になりがちな薄毛治療の中で、これは大きな魅力と言えるのではないでしょうか。

②臭いが特殊

ここまではフロジン液の良いところばかりをお伝えしてきましたが、実はフロジン液にもひとつ欠点があります。

それは臭い。
フロジン液は他の治療薬に比べてかなり独特の匂いがすることで有名なんですね。
多くの人が言うのは「おじさんの匂い」
トイレの芳香剤のような強い人工的な香りがするので、こうした臭いが苦手な女性にとってはちょっと使うのがしんどいかもしれません。

塩化カルプロニウムを配合しているフロジン液以外の発毛促進剤

フロジン液が女性の薄毛治療に効果を発揮するのは塩化カルプロニウムという成分のおかげ。
実は塩化カルプロニウムを配合している発毛促進剤は他にもあるんですよ。

①カロヤンシリーズ

カロヤンシリーズ

カロヤンと言えば、テレビCMで見たことがあるという女性もいるかもしれませんね。
カロヤンは塩化カルプロニウムの血行促進効果を利用した発毛促進剤で、薄毛治療に効果があるとして人気があります。
もちろん女性が使っても大丈夫ですよ。

ただ、ネックはお値段。
フロジン液と比べると、2倍以上のお値段とちょっと高額なんですね。
しかも塩化カルプロニウムの配合濃度も1~2%。
これならフロジン液のほうが色々な面でお得と言えそうです。

②アロビックス

アロビックス

アロビックスはフロジン液のジェネリック版として開発されたお薬。
フロジン液よりもお安い価格で手に入れることが可能です。

ただ、お医者さんから処方を受けた女性ならともかく、自己判断でアロビックスを使うことはちょっと危険かもしれません。
フロジン液と同等の効果があるとは言い切れませんし、また、個人輸入で手に入れた場合は偽物が混ざっている危険もあるんですよ。

塩化カルプロニウムで薄毛治療をするならクリニックへ

塩化カルプロニウムを含んだお薬も色々あるというご紹介をしました。

確かに塩化カルプロニウムの効果だけを期待するなら、上記のようなお薬を使うのも手かもしれません。
ただ、正しく薄毛治療をするなら、まずは症状を正確に把握することが大切ですよね。
そのためには専門家であるお医者さんの診断を受けることが何よりも大事。
その上で適切な処方を受けるようにするのがおすすめです。

ぜひ、薄毛専門クリニックでしっかりとした治療を受けるようにしてくださいね。

薄毛や抜け毛の症状を把握してからフロジン液を検討しましょう

女性の薄毛治療薬としてのフロジン液のご紹介、いかがだったでしょうか。

フロジン液を自己判断で使うのは危険ではあるものの、専門医の指導のもとに使っていけば薄毛改善効果はかなり期待できます。
今回の記事でフロジン液に興味が出てきた女性は、一度薄毛専門クリニックで相談してみてくださいね。

まずはご自身の薄毛の症状をきちんと把握し、適切に治療を行っていきましょう!