女性の薄毛の治療薬一覧【効果・副作用・費用について】

薄毛治療に使われる薬をまとめました

女性にとって髪は命とも言える大切なもの。
ですが最近は薄毛で悩む女性が増えていると言われています。
薄毛治療専門のクリニックを受診する女性患者さんも多いのだとか。

こうした状況から、近年は女性用の薄毛治療薬の開発が進んできています。
でもお薬って、効果以外にも副作用や費用が気になりますよね。

そこで今回は女性の薄毛治療薬をまとめてみました。
それぞれどういった効果があるの?
費用や副作用は…?
詳しくご紹介していきますね。

⑴女性の薄毛治療に使われる内服薬

薄毛治療というと頭皮に塗る育毛剤を思い浮かべる女性も多いかもしれませんが、医療現場では内服薬も多く使用されています。
飲むだけで女性の薄毛が改善できる!?
薄毛治療の内服薬にはどういったものがあるのでしょうか。

①パントガール

パントガール

パントガールは多くの薄毛治療専門クリニックで処方を受けることができる、女性用の薄毛治療薬です。
育毛や発毛に効果のある成分がしっかり配合されていますが、その内訳を見ると薬品というよりも栄養成分が主成分なんですね。
つまりお薬というよりはサプリメントに近く、副作用もほとんど心配いりません。
安心して服用できる上に薄毛治療効果も高いということで人気のあるお薬なんですよ。

主な成分  チアミン パントテン酸カルシウム 薬用酵母 L-システィン ケラチン パラアミノ安息香酸
副作用 ほとんどない

②ルグゼバイブ

ルグゼバイブ

ルグゼバイブもパントガールと同じく女性用の薄毛治療薬として開発されました。
実はこのルグゼバイブ、パントガールと全く同じ成分を配合した上に、馬プラセンタとコロストラムという2つの成分が追加されています。
プラセンタは美容や健康効果で近年注目を集めていますし、コロストラムは免疫を高める効果が期待できます。
そのため、パントガールよりも薄毛治療効果があるという意見もあって、注目を集めているお薬なんですよ。

主な成分  チアミン パントテン酸カルシウム 薬用酵母 L-システィン ケラチン パラアミノ安息香酸 馬プラセンタ コロストラム
副作用  ほとんどなし

⑵女性の薄毛治療に使われる外用薬

さて、ここからは外用薬もご紹介していきましょう。
塗るだけで薄毛治療ができる外用薬。
どんなものがあるのでしょうか?

①パントスチン

パントスチン

パントスチンは、パントガールと一緒に処方されることの多い外用薬。
主成分のアルファトラジオールは簡単に言うと女性ホルモンの一種で、抜け毛や薄毛の原因となる男性ホルモンの働きを抑制する効果があります。
女性用の薄毛治療薬として処方されることで有名になっていますが、男性が使っても効果があるとされているんですよ。

主な成分  アルファトラジオール
副作用 アルコールが入っているためアルコールアレルギーの女性は注意

②リアップリジェンヌ

リアップリジェンヌ

リアップと聞くと、男性用の育毛剤を連想する女性も多いのではないでしょうか。
リアップシリーズは唯一市販品として購入できる薄毛治療薬です。
科学的に薄毛治療実績が認められているミノキシジルという成分が配合されているリアップシリーズ。
その実力はお医者さんにも評価されていて、医療機関でも処方されるようになりました。

リアップリジェンヌはその女性版。
こちらも薄毛治療クリニックで処方を受けることができますよ。

主な成分  ミノキシジル パントテニールエチルエーテル トコフェロール酢酸エステル l-メントール
副作用  敏感肌の女性はかゆみやかぶれに注意

③ロゲイン2%

ロゲイン2%

ロゲインはミノキシジルを主成分とする薄毛治療薬で、ミノキシジル配合量には色々な種類があります。
ミノキシジル配合量が多いロゲインは男性に処方されることが多いのですが、女性に処方されるのは主にミノキシジルが2%配合されているものになります。

ちなみに先ほどご紹介したリアップリジェンヌのミノキシジル含有量は1%。
ミノキシジル含有量が多いほうが薄毛治療効果は高いと言えますが、その分副作用の危険も高まりますので、どちらを使うかはお医者さんの判断になります。

主な成分  ミノキシジル
副作用 敏感肌の女性はかゆみやかぶれに注意

④リバースレディ

リバースレディ

リバースレディは東京ビューティークリニックという薄毛治療専門クリニックが独自に開発した、女性用の薄毛治療薬です。
外用薬の他にも内服薬があり、患者さんの薄毛の症状によって色々な処方のしかたがあるんですよ。
パントガールやパントスチンといった既存の薄毛治療薬では満足できないという女性は、東京ビューティークリニックでリバースレディの処方を試してみるといいかもしれませんね。

主な成分  ミノキシジル(外用薬)スピロノラクトン・ビタミン・亜鉛など(内服薬)
副作用 敏感肌の女性はかゆみやかぶれに注意

⑤フロジン液

フロジン液

フロジン液は塩化カルプロニウムという成分によって血行促進効果のある外用薬です。
頭皮の血行を促進することは育毛にも効果がありますから、女性の薄毛治療薬として処方されることもあるんですよ。

ただ、ミノキシジルのように発毛に特化した成分が含まれているわけではありませんし、発毛のために特別に開発されたお薬というわけでもありません。
副作用の心配もありますので、使用する時はお医者さんの指示を守って正しく使うようにしてくださいね。

主な成分  塩化カルプロニウム
副作用 かゆみ かぶれ 発疹など

⑶内服と外用、両方で使われる薬

ここまでは内服薬と外用薬をご紹介してきましたが、飲んでも塗ってもどちらでも効果がある薄毛治療薬もあるんですよ。

内服と外用、両方で使われるお薬にはどんなものがあるのでしょうか。

①ステロイド

ステロイド

ステロイドは副腎皮質ホルモンの一種で、免疫抑制作用や抗炎症作用が期待できるお薬です。

免疫系統にアプローチしてくれることから、免疫の異常による薄毛である円形脱毛症の患者さんに処方されることがあります。

ただ、ステロイドは効き目が高い分、他のお薬と比べて副作用の危険も高くなってしまいます。
ステロイドを使う時はお医者さんの指示を必ず守って、使いすぎや使い忘れには注意するようにしてください。

主な成分  糖質コルチコイド
副作用 赤み むくみ 皮膚炎 など

②スピロノラクトン

 

スピロノラクトン

スピロノラクトンは利尿効果が高いことから、高血圧やむくみの治療薬として使われることの多い医薬品。
育毛や発毛の効果もあるということがわかってきたため、近年は薄毛治療薬としても使われることが増えてきました。

ただ、スピロノラクトンも色々な副作用が確認されている医薬品。
むやみに多用すると正しく薄毛治療ができないだけでなく身体に負担がかかってしまいます。
お医者さんの指示をよく聞いて使用するようにしましょう。

主な成分 スピロノラクトン
副作用 だるさ 息切れ 脈の乱れ 手足のしびれ など

薬による女性の薄毛治療に関するよくある疑問

考える女性

女性の薄毛治療薬についてご紹介してきましたが、お薬を使った薄毛治療にはわからないこともありますよね。
ここではそうした疑問にお答えしましょう。

治療にかかる期間は?

髪の毛はゆっくり時間をかけて伸びるもの。
ですから薄毛治療も、今日治療を開始して明日にはフサフサになっているというわけにはいかないんですね。

薄毛治療は、症状にもよりますが早くても半年くらいはかかると思っていたほうが良いと言われています。
少しだけ気長に取り組む必要があるということですね。

費用の相場は?

薄毛治療で一番気になるのは費用ですよね。

薄毛治療の多くは保険が利きませんので、ある程度高額になる場合があります。
ただ、お薬を使った治療の場合はお薬代だけで済む場合がほとんどですので、1ヶ月あたり数千円~数万円くらい。
植毛などの外科治療に比べると比較的お安く済みますよ。

女性の薄毛治療薬の選び方

薬

女性用の薄毛治療薬には色々な種類があることがわかりましたね。
これだけ種類があると、どれを使おうか選ぶのも楽しそう…

ですが、薄毛治療に使うお薬は自分では選ぶのは危険なんです。
必ずお医者さんに指導を受けるようにしてくださいね。

薄毛治療薬にバリエーションがあるのは様々な薄毛の症状に合わせて開発されているから。
あなたの薄毛の症状にどれが一番効果があるかは、お医者さんが決めることなんですね。

今は個人輸入などで薄毛治療薬を購入できる手段もありますが、医薬品の個人輸入には危険も伴います。
必ずお医者さんの処方を受けること。
これを守ってくださいね。

治療薬を正しく使って薄毛を改善させましょう

女性の薄毛治療に使われる治療薬ついて説明してきましたが、いかがだったでしょうか。
こんなに色々なお薬があるなんて知らなかったという女性も多いかもしれませんね。

女性にとって薄毛のお悩みはつらいもの…
ですが、あなたに合った治療薬は必ずあります。
ぜひお医者さんとの二人三脚で薄毛の症状を改善していってくださいね。

あなたの美しい髪の毛を取り戻せる日が来ることを祈っています!