薄毛治療薬のパントスチンとパントガール、その違いは?併用はOK?

女性の薄毛治療に使用されるパントスチンとパントガール

分け目が薄い女性

女性にとって薄毛の問題は深刻ですが、その強い味方となるのが「パントガール」と「パントスチン」という2つの治療薬です。

女性の薄毛治療に高い効果を持つこれらの薬は、どのような効果があり、どう違うのでしょうか。
今回はパントガールとパントスチンの特徴や相違点、併用の可否などについて詳しく解説していきます!

パントガールの概要

パントガール

パントガールは、ドイツの会社Merz Pharmaceuticals GmbHが製造・販売している女性用の薄毛治療薬です。
内服薬で、女性の薄毛の症状である「びまん性脱毛症」に効果があります。

女性の薄毛の症状は男性とは異なっているのですが、パントガールの登場まで女性用の薄毛治療薬はありませんでした。
つまりパントガールは、世界初の女性用薄毛治療薬なのです。

パントガールの発毛率は90%にも及び、しかも比較的費用が安く、手軽に利用できるという特徴があります。

パントスチンの概要

パントスチン

パントスチンもパントガールと同様ドイツのMerz社が製造している薄毛治療薬で、外用薬になります。
パントスチンの主な効能は、抜け毛を引き起こす「DHT」という男性ホルモンを抑えることにあります。

DHTは男性ホルモンですが、男性だけでなく女性にも存在します。
そして年齢を重ねるごとに、その影響を受けやすくなるのです。

パントスチンはDHT生成の元となる酵素の働きを抑え、抜け毛を抑制する効果を持っています。

パントガールとパントスチンの効果の違い

女性の薄毛に一押し

パントガールとパントスチン、二つとも女性の薄毛に役立つ薬ですが、その効果には違いがあります。

パントガールの役割は髪に栄養を送り、太くて丈夫な髪の毛を作ることにあります。
つまり、育毛効果が非常に高い薬なのです。

対するパントスチンの役割は、前述のように抜け毛の原因を抑えること。
パントガールのような育毛効果ではなく、抜け毛抑制に高い効果を発揮するという特徴があるのです。

パントガールとパントスチンの併用は問題ない?

悩む女性

それぞれ異なる効果を持つパントガールとパントスチンですが、2つを併用しても問題ないのでしょうか?

結論を言うと、併用してもOKです。
実際にパントガールとパントスチンを併用するケースは少なくありません。

パントスチンで抜け毛の原因を抑えると同時に、パントガールで髪に栄養を補給することで、薄毛に対する治療効果もアップできるのです。

またどちらも副作用の危険はほとんどありませんから、安心して併用することができます。

薄毛治療の医薬品は必ず医療機関で処方を受けましょう

ナース

パントガールとパントスチンは個人輸入でも入手可能ですが、必ず医療機関での処方を受けましょう。
なぜなら個人輸入は、以下に挙げるような危険があるからです。

①正規品ではない恐れがある

個人輸入の最も危険な点は、「非正規品をつかまされるおそれがある」ということでしょう。

個人輸入は代行業者を通じて行いますが、悪質な業者だと偽物を送ってくることもあります。
成分が違っていたり、まったく異なる薬が送られてくる可能性があります。

そうした薬にはパントガールとパントスチンのような薄毛への効果はないばかりか、副作用が起きる可能性も考えられます。
信頼できる正規品を入手するには、医療機関での処方が一番です。

②救済制度の対象にならない

医薬品は例え正しく使用したとしても、思わぬ副作用を起こすことがあります。そうした場合に医療費や年金などの補償が受けられる制度が、「医薬品副作用被害救済制度」です。

しかしこの制度が受けられるのは、薬を医療機関や薬局などで購入した場合に限られます。
そのため個人輸入でパントガールとパントスチンを購入して、万一副作用が起こっても補償は受けることはできません。

処方には薄毛治療専門のクリニックがオススメ

2人のお医者さん

パントガールとパントスチンは病院の皮膚科でも入手できますが、おすすめなのは薄毛専門クリニックでの処方です。
その理由について以下で見ていきましょう。

①医師が適切に判断してくれる

パントガールやパントスチンを薄毛治療専門クリニックで処方されるのがおすすめな理由として、「医師の適切な判断が受けられる」という点があります。

パントガールやパントスチンは安全な薬ですが、個人の判断で服用すると思わぬ結果を起こす可能性も。
薄毛治療の専門家による判断があれば、安全かつ効果的に使用することが可能です。

また、その他にも適した治療法を提示してくれる可能性もあります。

②相談しながら服用できる

もう一つの理由として、「薄毛治療の専門家のアドバイスが得られる」ということがあります。

薄毛治療専門クリニックでは、経験豊富な薄毛治療のプロが患者の相談に乗ってくれます。
皮膚科の医師と違って薄毛治療に特化した医師ですから、個々人の症状に合わせた使用法をアドバイスしてもらえるでしょう。

それによって、パントガールやパントスチンの効果もより引き出しやすくなるはずです。

パントガールやパントスチンは高い効果が期待できます

いかがでしたか?
パントガールとパントスチンは、それぞれ女性の薄毛に対し高い効果を発揮してくれます。
症状に合わせて使い分けたり、あるいは2つを併用することで薄毛も治療しやすくなるのです。
また、副作用のおそれもほとんどなく、安全性も保証されています。
パントガールとパントスチンを試したいという方は、まずは医療機関に相談してみましょう!