妊娠中・授乳中にパントガールを使用しても大丈夫?

パントガールは妊娠中・授乳中にも使える?

パントガールは、女性の薄毛を改善する治療薬として効果が期待できる内服薬ですが、妊娠中や授乳中は赤ちゃんのことを考えて躊躇してしまう女性も多いのではないでしょうか。
抜け毛が気になって対策したい…と思っても赤ちゃんに影響がないという保証がなければ、やはり不安で使用できないですよね。

パントガールは他の医薬品に比べて、成分が穏やかで比較的安全な薬だとされています。
ただし、薬であることには違いがないので注意点などしっかり把握しておきましょう。
今回の記事では、妊娠中・授乳中のパントガールの使用について深堀りします。

妊娠中のパントガール使用について

ナース

妊娠中のパントガールの使用は、妊娠後期なら大丈夫だと言われています。
ただ、パントガールが一般的に安全性の高い内服薬であったとしても、医薬品である以上絶対に安全だとは言えません。

しかも、妊娠中は体調も変化しやすく通常とは違うため、安全性の確証が持てないのも事実です。
ですから、パントガールを使用する場合は自己判断で使用しないで、妊娠後期であっても基本的には医師と相談してから服用するようにしましょう。

授乳中のパントガール使用について

泣く赤ちゃんとあやす母親

続いて、授乳中のパントガールの使用についてです。
パントガールは今までに大きな副作用の報告はなく、成分の面から見ても副作用が起こりにくい医薬品のため安全だと言われています。

でも、人の身体はそれぞれ違うので人によっては合わないこともあります。
また、母乳を通してパントガールの成分が赤ちゃんに移行することも考えられます。
授乳中にパントガールを使用する際は、やはりクリニックで医師に相談することをおすすめします。

産後の身体への影響は?

産後は女性ホルモンが一気に低下しホルモンバランスが乱れるため、ホルモンバランスに影響を与える可能性がある成分は避けるべきです。

しかし、パントガールの成分は基本的に人間の体内に存在する成分であったり、ビタミン類など食事から摂取する栄養素で作られているため産後の身体への影響はないと言えます。

パントガールを病院で処方してもらうメリット

パントガールを使用するならどこで購入するべき…という疑問がでてくるかもしれません。
インターネットでもパントガールは購入できますが、パントガールは病院で処方してもらうほうがいいと言えます。
ここでは、パントガールを病院で処方してもらうメリットを見ておきましょう。

①偽物がない

妊娠中や授乳中は、なかなか思うように行動できずネットで購入しようかと考える女性も少なくないでしょう。
日本でパントガールは病院での処方のみなので、パントガールをネットで買うなら個人輸入することになります。
個人輸入は価格も安く便利ではありますが、注意しなければいけないことがあります。

医薬品は見かけでは判断できないため、ネット上には偽物が出回っていることがあるのです。
そもそもパントガールの成分が含まれていないこともありますし、他の成分で作られている場合非常に危険です。
妊娠中や授乳中であれば、尚更怖いですよね。
その点、病院であれば必ず正規品を処方してもらえるので偽物がなく安全です。

②症状を正しくみてもらえる

パントガールは女性の薄毛に効果的であるのは確かですが、薄毛といっても原因は様々です。
自分自身で、薄毛の原因を判断し症状を見極めるのは難しいことです。
でも、病院の医師であれば的確に抜け毛や薄毛の原因を追究することができますよね。

パントガールで効果が現われるかどうかは、症状を見極めることが大切です。
自己判断で症状の見極めが正しく行われなければ、いくらパントガールを使用しても効果が出ないということになりかねません。

パントガールのためにクリニックに行くのが面倒な女性は…

パントガールはクリニックで処方してもらうのがいいとは言っても、妊娠中で動くのが辛かったり、育児や授乳中の女性にはクリニックに行くことが大変かもしれませんね。
そんな時は、パントガールに頼らずに通販で安全な育毛剤を購入しましょう。

今は、妊娠中や授乳中でも安心して使用できる女性用育毛剤が数多く販売されています。
育毛剤であれば、内服薬とは違い直接成分が体内に入ることもないので安全性が高いです。
どうしてもパントガールのためにクリニックに行くのが面倒な女性は、通販の育毛剤の購入がおすすめです。

パントガール以外にすべき妊娠中・授乳中の薄毛対策方法

健康的な食事をとる女性

妊娠中・授乳中でもパントガールは使用できるかもしれませんが、パントガール以外にも自分でできる薄毛対策法があります。
普段の生活で取り入れられる対策法ですから、是非実践してみましょう。

①栄養バランスのとれた食事をする

妊娠中や授乳中は赤ちゃんに栄養を届けるため、お母さん自身の栄養が不足しがちになります。
もちろん、たくさん食事を摂るというのは大切なことですが、重要なのは栄養のバランスがとれた食事をするということです。

食事はしていても、栄養のバランスが偏っていれば健康な髪を育むことはできません。
髪の主成分であるタンパク質を摂取したりビタミンなどの栄養素もしっかりと摂取するようにしましょう。
特に妊娠中や授乳中は栄養不足になりがちなので、意識して摂取することを心がける必要があります。

②軽い運動をする

妊娠中は体調がすぐれなかったり、授乳中は育児に追われたりとお母さん自身の身体がストレスを溜めやすい状態になっています。
ストレスは身体を緊張させ、血管が収縮するため血行不良を招きます。
その結果、頭皮や髪が栄養不足になり抜け毛を助長させてしまいます。

ですから、ストレスを発散させ血行を促進するためにも軽い運動をするのがおすすめです。
激しい運動をする必要はないので、散歩やストレッチなど身体に負担のかからない程度の運動をしましょう。

③シャンプーに気をつける

妊娠中・授乳中の薄毛対策法として、シャンプーはとても大切なものと言えます。
妊娠中や授乳中は、通常より肌が敏感な状態になっています。
そして、抜け毛や薄毛を改善するためにもシャンプーは、頭皮に優しいものを選ばなければなりません。
洗浄力の高いものは避け、アミノ酸系などの弱酸性のシャンプーやオーガニックのシャンプーを使うべきです。

また、シャンプーの方法にもポイントがあります。
汚れを落とそうと、爪を立てゴシゴシ洗うのは頭皮を傷つけるためNGです。
シャンプー剤をしっかり泡立てて、指の腹を使って優しく洗いましょう。
すすぎ残しは頭皮トラブルの元になるので、時間をかけてゆっくり洗髪するのも重要です。

妊娠中・授乳中のパントガールの使用にはご注意を

いかがでしたか。
妊娠中や授乳中にパントガールの使用が可能かどうかを掘り下げました。
パントガールは安全性が高く効果が期待できるため、女性の薄毛に広く使用されているものです。

ただし、安全だと言われていても妊娠中や授乳中は体調も変化するため、全く危険がないかと言えば断言はできません。
ですから、自己判断での使用はリスクもあり控えるべきです。
どうしても、妊娠中や授乳中にパントガールを使用したい女性は、必ず医師と相談の上で使用するようにしましょう。