【放置厳禁】女性の前髪が薄毛になる原因・対策法を解説

前髪の薄毛、放っておくと大変なことに…?

女性のおでこ

まさかとは思いながらも、最近地肌が目立ってきたような気が…というあなた。
それは、前髪が薄毛になってきた証拠かもしれません。

女性で前髪の薄毛に悩む人はたくさんいます。大丈夫、と放っておくと、どんどん薄毛が進行していきます。

原因を知って、適切にケアしないと、大変なことになってしまいますよ。

女性の前髪が薄毛になる原因ってなに?

薄毛に悩んでいる人は、気づいたら前髪が薄毛になっていたということがほとんどです。

では、そもそも女性の前髪が薄毛になる原因はどんなことなのでしょうか?
前髪の薄毛を対策するには、原因を把握する必要があります。

まずは、前髪の薄毛の原因から見ていきましょう。

①髪の毛を引っ張りすぎている

女性の前髪が薄毛になる原因の一つ目は、髪の毛を引っ張りすぎていることです。

髪の毛を引っ張ってしまう原因としては、エクステをつけていたり、ポニーテールなどのように、引っ張って髪を結ぶことが挙げられます。

これが原因で、牽引性脱毛症という症状が出ている人もいます。

牽引性脱毛症というのは、髪の分け目などが薄毛になってしまい、地肌が目立つ状態になってしまう、女性に多い薄毛の症状の一つです。

普段から、よく髪の毛を結んだり、エクステでおしゃれを楽しんでいる人は注意が必要です。

②ホルモンバランスの乱れ

髪の毛の痛む女性

ホルモンバランスが乱れることでも、女性の前髪が薄毛になる原因になります。

女性の体内には、女性ホルモンと男性ホルモンが存在しています。女性ホルモンが優位になっている時には、薄毛になる可能性は低いです。
しかし、加齢などの原因によって男性ホルモンが優位に立つと、FAGAという女性男性型脱毛症になることがあります。

FAGAは、びまん性脱毛症とも言われ、前髪や分け目などから薄毛が全体に広がっていくものをいいます。

③食生活の乱れ

食生活は、薄毛と大きな関りがあります。
食生活が乱れて体内の栄養が不足すると、体の末端にある髪には栄養が届かず、健康な髪が育ちません。

弱くて脆い不健康な髪は、抜けやすく薄毛へとつながっていきます。

また、髪はタンパク質の一種であるケラチンで形成されているため、タンパク質が不足すると、髪を形成することができなくなり、前髪の薄毛の原因になります。

④過度なヘアケア

女性は髪が命とも言われるぐらい、髪をケアする人が多いでしょう。
しかし、それが女性の前髪の薄毛の原因を作ってしまうことがあります。

ヘアケアが悪いわけではありませんが、間違ったヘアケア法や過度なヘアケアは、逆に前髪の薄毛の原因となってしまいます。

1日に何回もシャンプーをしたり、ヘアアイロンを使いすぎるなど、過度なヘアケアが前髪の薄毛の原因となることも覚えておきましょう。

その他女性の前髪が薄くなってしまう原因とは?

生え際をチェックする女性

女性の前髪が薄毛になる原因は、前述のもの以外にもまだあり、以下のようなものが挙げられます。

  • パーマやヘアカラー
  • 生活習慣の乱れ
  • ストレス

女性はパーマやヘアカラーをする人が多いですが、薬剤を使用するため、繰り返し行うことで髪や頭皮に悪影響を及ぼし、/articles/female-thinning-hair-causesになります。

さらに、睡眠時間が極端に短かかったり、暴飲暴食など、生活習慣が乱れることで体に負担がかかり、ストレスを引き起こしてしまいます。

ストレスは頭皮の血行不良を引き起こし、髪に栄養が届けられず、前髪の薄毛の原因になります。

前髪の薄毛を放って置くと危ない!

普段の何気ない生活から、前髪が薄毛になる原因が生み出されます。

特に生活習慣は改善するのが難しいかもしれませんが、そのまま今の生活を続けていることは、髪にとって、とても危険なことです。

何もせずに放置しておいても、前髪の薄毛が改善することはありません。

改善するどころか、もっと怖いことは、薄毛がどんどん進行していくということです。

最初は地肌がうっすら見えるだけの前髪の薄毛だったとしても、知らず知らずのうちに大きく広がっている、なんていうケースもあります。

前髪の薄毛は、放置しておくと危険なものだと言うことを覚えておきましょう。

前髪が薄毛の女性におすすめの対策方法

前髪の薄毛を放置しておくことが、危険であることがわかりましたね。

薄毛が進行し過ぎる前に、適切なケアをしなければなりません。

女性の前髪が薄毛になる原因を踏まえて、正しくケアしましょう。

ここでは、前髪が薄毛の女性におすすめの対策法をご紹介します。

①毎日同じ髪型にしない

髪が引っ張られることでも、前髪の薄毛の原因になります。

毎日同じ髪型にしていると、分け目から薄毛が広がっていくこともあります。

毎日ポニーテールやダンゴのような、髪を引っ張る髪型にするのはできるだけ控えましょう。

こまめに、少しずつ分け目を変えていくことで、前髪の薄毛の対策になります。

②生活習慣の改善

生活習慣の乱れは、ストレスを招くことになります。

特に睡眠不足は、体だけでなく髪にも悪影響を及ぼします。

髪を育てるための成長ホルモンは、睡眠中に多く分泌されます。

慢性的に睡眠不足になってしまうと、成長ホルモンもあまり分泌されず、健康な髪が育てられません。

ストレスによる血行不良も、女性の薄毛の原因になるので、生活習慣を改善することで、前髪の薄毛の対策になります。

③低刺激のシャンプーを使用する

シャンプーはどれも同じだと思っていませんか?

実は、市販のシャンプーには、泡立ちを良くするために、洗浄力が強いものがあります。

洗浄力が強いと、頭皮にとっては刺激が強く、本来頭皮に必要な皮脂まで落としてしまいます。

薄毛をケアするには、頭皮の環境を改善することも重要です。

前髪の薄毛の対策としては、低刺激のシャンプーで頭皮の負担を減らすようにしましょう。

④女性用育毛剤を使用する

女性は、育毛剤に拒否反応を示す人も多いかもしれません。

しかし、女性用育毛剤女性の薄毛の対策には欠かせないものです。

育毛剤には、様々な成分が含まれていて、ただ単に育毛させるというわけではありません。

薄毛の原因となる、血行不良やホルモンの乱れにも効果を発揮します。

育毛剤の中には、血行促進作用やホルモンバランスと整える作用のある成分が配合されていて、ほとんどの薄毛の症状に対応することができるのです。

前髪の薄毛は進行する前に早めの対策を!

いかがでしたか。

女性の前髪の薄毛について、原因と対策法をご紹介しました。

前髪の薄毛は、放置してはいけないものだというのが、よくお分かりいただけたかと思います。

頭皮と髪からの危険シグナルを見逃さず、適切なケアで早めの対策をしていきましょう。