パントスチンの使い方を解説!効果的な使用方法とは?

パントスチンの使用方法は簡単!

OKポーズをとる女性

パントスチンは効果がありそうだけど、使い方が難しそう…。
初めての物を使用する際、ちゃんと使えるかな…と不安に感じることがありますよね。

でも、パントスチンの使用方法は簡単で、思っているよりも難しくはないですよ。
また、適切に使用すれば効果が高いものでもあります。
使用前に正しい使い方を把握して、パントスチンで抜け毛を改善しましょう。

パントスチンの正しい使い方

ナース

せっかく効果の高いものでも、使い方が適切でなければ意味がありません。
より効果を得やすくするためにも、パントスチンの正しい使用方法を把握しておきましょう。

①頭皮アプリケーターを取り付ける

まずは、パントスチンのキャップをはずします。
次に、頭皮アプリケーターという薬液を頭皮に塗布するためのキャップを真上からまっすぐ差し込んで、カチッと音がするまでしっかり固定させます。

取り付けることができればパントスチンのボトルを軽く押して、アプリケーター上にある軽量線の3mlのところまで薬液を溜めます。

使い方のポイントとして、下記に注意しながら行いましょう。

  • アプリケーターに取り換える際、ボトルを押さえないように注意する(薬液が飛び出すのを防ぐため)
  • アプリケーターを取り付ける際、必ず平らな台の上で行う(真っすぐ取り付け液ダレを防ぐため)

②塗布する

ボトルを逆さに向け、先ほど軽量した薬液を脱毛箇所に塗布します。
ポイントとしては、頭皮アプリケーターをできるだけ頭皮と垂直にすることです。

その状態でボトルを押すと、軽量した薬液が小さな穴から流れ出る仕組みになっています。
頭皮アプリケーター垂直にしたまま、気になる脱毛箇所を中心に何度も塗布していきます。

③頭皮マッサージをする

パントスチンの薬液を塗布することができたら、続いては頭皮マッサージをしながら馴染ませます。
爪を立てないように気をつけながら、指先を使って円を描くようにマッサージします。

薬液はそのままでは馴染みにくいため、マッサージによって素早く馴染ませることが大切です。
また、マッサージによって血行促進できるため相乗効果が期待できます。

パントスチンを効果的に使うためのポイント

女性の薄毛に一押し

パントスチンの基本的な使い方がわかりましたね。
次は前述の使用方法を踏まえて、さらに効果的にパントスチンを使用するためのポイントを説明します。

①塗布する時間は夜がベスト!

パントスチンは1日に1回塗布することになっていて、特に夜塗布するのが効果的な使用法だとされています。
なぜ夜に塗布するのがベストかというと、シャンプー後の頭皮が清潔な状態でパントスチンを使用することで、より頭皮に有効成分を浸透させることができるからです。

さらに、睡眠中に成長ホルモンが活発化するためパントスチンの成分との相乗効果が期待できます。

②頭皮が完全に乾いた状態で使用する

効果的にパントスチンを使用するために、頭皮が濡れた状態で使用することは避けましょう。
頭皮が濡れた状態で使用すると頭皮に成分が馴染まないばかりでなく、パントスチンの有効成分が水分と混ざり、せっかくの有効成分の効果が薄くなってしまいます。

また、水分が溜まることで雑菌などが繁殖しやすくなり、頭皮環境の悪化を招いてしまう危険もあります。
ですから、パントスチンは頭皮が乾いた状態で使うのが効果的な使用法と言えます。

③パントガールと併用するといい!

パントスチンは抜け毛を抑制することができるため、抜け毛を改善するには効果的な医薬品です。
ただ、パントスチンには発毛を促す作用のある成分は配合されていません。

ですから、薄毛を改善するためには育毛効果のあるものを併用する方がいいですね。
飲む育毛剤と言われるパントガールを併用することが、パントスチンの効果的な使用方法と言えます。

パントスチンを使用する際の注意点

注意するお医者さん

パントスチンは効果的なものですが、使用する際には注意点もあります。
そのため、使い方をマスターしてもパントスチンを使用する際の注意点を知っておかないと効果を感じることができないかもしれません。
注意点は事前に把握しておきましょう。

①個人輸入はしない

パントスチンは外国の医薬品で、ネット上で誰でも個人輸入として購入することができますが、個人輸入での購入はおすすめできません。
なぜなら、個人輸入品には偽物もあるからです。

見た目では本物と偽物の判断が難しく、パントスチンとして販売されていても中身は全く違うということもあり得ます。
しかも個人輸入で何か問題が起きたとしても、自己責任となってしまいます。
そういったリスクを避けるためにも、必ずクリニックで処方してもらうようにしましょう。

②過剰な塗布は禁止

パントスチンの1回の使用量は3mlとされています。
それが適切な量であって、過剰に塗布したからといって効果が高まるわけではありませんし、逆に悪影響を及ぼす場合もあります。

パントスチンにはアルコール成分が含まれているため、過剰に塗布しすぎるとかゆみや発疹など頭皮に炎症を起こしてしまう可能性が高くなるのです。

③異常を感じたらすぐに医師に相談をする

前述しましたが、パントスチンにはアルコール成分が含まれているため正しい使用方法で塗布しても、もともと肌が弱い人では頭皮にトラブルが起こってしまうこともあります。

万が一、パントスチンを使用して異常を感じたらすぐに医師に相談をしましょう。
自己判断で解決しようとすると悪化する可能性もあるので、早めに専門家に診てもらうことが大切です。

パントスチンの使い方に関する口コミ

では、パントスチンを実際に使用している人たちはパントスチンの使い方についてどのような感想を述べているのでしょうか。
口コミから探ってみましょう。

ボトルの入れ替えが難しいですが、何本か失敗するうちに、一度ふたを開けてアプリケーターを挿してからふたを閉めると、中身がピユッとあふれなくなりました

出典:パントスチン(Pantostin)の口コミ・レビュー (オオサカ堂)

アタッチメントをはめるときかなり力が要るのでボトルをしっかり握ってしまうのではまっていないのに出てきてしまうと思います。 本体から軽くノズル部分を空気抜きに緩めてからがいいでしょう。 アタッチメントも真っ直ぐに差し込んでください。 失敗すると本体ノズルがアタッチメントの真ん中に差し込まれず横に曲がって入ってしまいます。

出典:www.idrugstore.jp

付属品のアプリケーターが使いにくく液ダレをおこしてしまいます。 仕方ないので、他の育毛剤の付属品スポイトやリ○○プX5の空容器に入れ替えて使っています。

出典:www.idrugstore.jp

ノズルのキャップを外すと勢いよく液が飛び出し、結構な量が漏れてしまいました。商品を開封の際には、ぜひ手元にティッシュペーパー等拭くもののご用意を・・・あと、付属のノズルだとあまり液がでないように思います。つけ過ぎを気にされる方にはちょうど良いかもしれませんが、どの場所にどの程度塗布できたか分かりにくいため、私は以前ロゲインを購入した際に一緒に買ったスポイトで塗布しようと思っています。

出典:www.idrugstore.jp

使い方も簡単ですが、3mlのメモリがどれなのかわからず 適当に。。。箱で購入したら解説が載っているのかなぁと思いました。

出典:www.idrugstore.jp

パントスチンは頭皮アプリケーターに付け替える必要がありますが、適切に行わないと液がもれてしまうことがあります。
そのため、それぞれ工夫をしながら自分なりに考えている人が多いようです。

使用方法の項で説明したように、液ダレを防ぐために注意点に気をつけながら付け替えを行ったほうがいいでしょう。

正しい使用方法でパントスチンの効果を最大限に!

いかがでしたか。
パントスチンを効果的に正しく使うための使用方法をご紹介しました。
確かに他の育毛剤とは少し使い方が異なっていますが、難しいことはなく慣れれば簡単に使うことができます。

パントスチンは効果が高く期待できるものですから、正しい使用方法で最大限に効果を引き出し薄毛を改善しましょう。