育毛剤は手作りできる!?女性の薄毛に対する効果のほどは…?

女性の薄毛に効果のある育毛剤は手作りできる?

ショートヘアの女性

育毛剤は販売されているものしかない、そう思っていませんか。
DIYが流行っているけど、さすがに育毛剤は無理でしょう…と思っているかもしれませんが、実は育毛剤も手作りできるんです。

育毛効果のある素材を使えば、女性の薄毛にも効果が期待できます。
簡単に作れるなら、対策として使ってみたいという女性もいるのではないでしょうか。

女性の薄毛に対する効果はどうなのか、手作り育毛剤について詳しく解説します。

手作りの育毛剤を使うメリット

電卓を持つ女性

育毛剤は手作りできるということですが、市販の女性用育毛剤がありますよね。
では、わざわざ育毛剤を手作りすることで得られるメリットは何なのでしょうか。

まず第一に、手作りの育毛剤は費用をかけないで作れることが挙げられます。
使う素材のレシピによっては500円から作ることができるので、育毛剤の費用を抑えることが可能です。

そして、自然の天然成分だけで作成するため添加物の心配がありません。
自作することでどんな成分を使用しているのかが明瞭なため、安心感もありますよね。

手作りの育毛剤によく使用される素材

コップを持つ女性

手作りの育毛剤は、実際にどんな素材を使用するのでしょうか。
まずは、手作り育毛剤によく使用される代表的な素材を見てみましょう。

①育毛効果のある素材

育毛剤なので、当然ですが育毛効果のある素材を使用されます。
とはいえ、漢方などの入手困難な素材ではなく一般に市販されている素材で手作りできます。

育毛効果のある代表的な素材といえばアロエやみかんが挙げられ、よく使用されています。

アロエには消炎効果もあり頭皮を清潔に保つ効果がありますし、みかんには頭皮の血行を促進させたり毛母細胞を活性化させる作用があることが知られています。

②育毛成分を抽出する素材

育毛効果のある素材は、そのままでは育毛剤として使用できません。
前述の素材の中から、育毛に効果のある成分を抽出する必要があります。

育毛成分を抽出するためには、焼酎や無水アルコールなどの素材が使用されます。

手作り育毛剤を作るためには、育毛効果のある素材とともに抽出するためのアルコール製品が必要ということになります。

手作り育毛剤の作り方

料理する女性

手作り育毛剤に使用する材料がわかったので、次はどうやって作るのかをご紹介します。
レシピや作り方は様々なので、ここで紹介するのは一例です。

①育毛効果のある素材を良く洗い、日陰で干す

まずは育毛効果のある素材を良く水洗いします。
素材によっては農薬などがついている場合もありますから、しっかり表面の汚れを落とすことがポイントです。

水洗いをした後に、素材をそのまま日陰で干します。
陰干しする期間は、だいたい3~5日間ほどです。

素材としてみかんを使用する場合は、みかんは皮に栄養があるためみかんの皮のみを使用するといいでしょう。

②干した素材と抽出するための素材を密閉容器で漬ける

陰干しが終われば、素材から育毛成分を抽出するために焼酎などのアルコールを一緒に密閉容器に入れます。
空気やごみなどが入らないように、必ず密閉容器を使用しましょう。

素材を抽出する素材にいれたまま、1週間程度つけておきます。
日の当たるところは避け、変質を避けるためにも暑い時期は冷蔵庫で漬けるほうがいいかもしれません。

③育毛効果ある素材を取り除き、冷蔵庫で2週間ほど寝かせる

1週間ほど漬けることができれば、育毛効果のある素材を取り除きます。
残った液体が抽出した育毛成分なのですが、育毛剤として使用するためにはさらに2週間ほど寝かせる必要があります。

できあがった成分を変質させないためにも、完成後は冷蔵庫で保存するようにしましょう。
2週間経てば手作り育毛剤として使用が可能になります。

手作りの育毛剤を使用するときの注意点

患者さんとお医者さん

手作りの育毛剤の作り方もわかりましたね。
天然成分で安全とはいえ、手作りの育毛剤は使用する際に注意点があります。
未然にトラブルを防ぐためにも、予め注意点を把握しておきましょう。

①保存期間が短い

手作り育毛剤のレシピからもわかるように、手作り育毛剤には長期保存が可能な保存料を使用していません。

添加物を使わないことで安全というメリットがありますが、保存料が使用されていないため一般的に手作り育毛剤は1ヶ月ほどしか使用することができません。

新鮮なものを利用して手づくりしても保存料を使用していない以上保存期間には変わりがないので、見た目に変化がなくても保存期間が短いことは念頭においておきましょう。

②配合量や保存環境を間違えると頭皮に悪影響を与えることも

手作りするということは、自分で配合量を調整する必要がありますね。
だからこそ、手作り育毛剤は配合量には十分気をつけなければなりません。

もし配合量を誤ると頭皮かがぶれたり発疹が出たりなど、トラブルを引き起こし頭皮環境の悪化を招いてしまいます。

また前述のように保存料も使用していないため、保存状態が悪ければ雑菌が繁殖してしまうこともあります。

③アルコールに頭皮が過剰に反応してしまう

手作り育毛剤は、成分を抽出するのにアルコールを使用します。
殺菌消毒効果もあるアルコールですが、刺激が強くて頭皮が過剰に反応してしまうこともあります。

アルコールに反応すると、頭皮にかぶれや発疹が出る可能性も否定はできません。
もともと、アルコールかぶれを起こしやすい女性は特に注意が必要です。

薄毛を確実に改善するなら通販の女性用育毛剤がオススメ

OKポーズをとる女性

手作り育毛剤は天然成分で素材が明確なため安心ではありますが、やはり手作りするには手間も時間もかかります。

その点、通販の女性用育毛剤であれば手づくりと比べても作る手間がかからず、届いた瞬間から使用ができます。
また、メーカー保証などもあるので手作りよりも効果が期待できます。

通販の育毛剤は高いというイメージがあるかもしれませんが、定期購入の長期コースならコストが抑えられるような特典もあります。

そもそも育毛剤は継続的に使用する必要があるため、手間や時間を考えると通販の育毛剤のほうが手作り育毛剤よりも効果が高くオススメだと言えます。

手作りの育毛剤よりも通販の方が薄毛対策には有効

いかがでしたか。
手作り育毛剤について、素材やレシピを含めご紹介しました。

手作り育毛剤は、育毛効果のある天然素材を使用することで、安心しながら女性の薄毛の原因にアプローチすることができます。

ただ、手作り育毛剤ではいくら育毛効果があるとはいえ使用できる素材にも限界があり、効果がでるまでにかなりの時間を要してしまいます。

それに比べ通販の育毛剤であれば、豊富な成分に加え作る手間も必要ありませんし効果も実感しやすいです。
薄毛対策として使用するなら、通販の育毛剤のほうが有効だと言えます。