プールに行くと薄毛になる?抜け毛が気になる女性が注意すべきコト

プールに行くだけで薄毛になる…!?

驚く女性

女性が薄毛になる原因はたくさんありますが、プールに行くだけで薄毛になってしまう…そんなことも囁かれています。
プールが好きな女性もいるでしょうし、子どもを連れてプールに行く女性もいるでしょうから、心配ですよね。

でも、プールだけが原因で薄毛になることはありません。
ただし、プールには薄毛を助長してしまう要因になる可能性はありますから、薄毛が心配な女性はプールに行く際の対策が必須ですよ。

プールによって女性が薄毛になるメカニズム

患者さんとお医者さん

プールに入るだけで女性の薄毛を引き起こすというのが、なかなかイメージできないですよね。
まずは、なぜプールによって薄毛になってしまうのか、そのメカニズムを見てみましょう。

①塩素による負荷

プールは大勢の人が利用しますし、水道水を使用しているため雑菌防止目的で塩素が入れてあります。
感染症を防ぐためには必要な塩素ですが、髪に悪影響を及ぼす可能性はゼロではありません。

髪が塩素に長時間触れていると、髪の表面をコーティングしているキューティクルが傷ついてしまいます。
その結果、髪の内部の栄養や水分が流れ出し細く弱い髪になっていくため、薄毛につながるのです。

②紫外線によるダメージ

紫外線が肌に大敵であるというのは、多くの女性が知っていますよね。
もちろん、顔と一枚の皮膚でつながっている頭皮や髪にも紫外線の影響があります。
紫外線を浴びると髪の内部のタンパク質が分解され、髪にダメージを与えます。

また、紫外線は細胞を破壊することが知られていて、紫外線によって髪を作る元となる毛母細胞が働かなくなると抜け毛が増えるため薄毛につながります。
ですから、紫外線による頭皮や髪への影響は大きいものだと言えますね。

③低体温による血行不良

気温が高い時にプールに入ると、涼しく感じますよね。
暑いところにいると気づきませんが、プールでは意外に体温が下がっているのです。
その結果、体温の低下に伴って体内の血行は悪くなっていきます。

血行が悪くなると、十分な栄養分や酸素が身体の末端にある頭皮には届かなくなり、髪も栄養不足に陥ってしまいます。
栄養が不足している髪は抜け毛となり、薄毛を引き起こすことになります。

プールによる女性の薄毛の悪化を防ぐ方法

スマホを見る女性

プールには、女性の薄毛を引き起こす要因がることがわかりましたね。
だからといって、プールに行ってはいけないということではありません。
重要なのは、プールに行く前にしっかり薄毛を対策することです。
では、どんな対策をすればいいのか見てみましょう。

①頭部にも日焼け止めを

シミやシワの発生を恐れて、ほとんどの女性が顔に日焼け止めを塗りますよね。
でも、頭部に日焼け止めを塗る女性は少ないのではないでしょうか。
前述のとおり、紫外線は頭皮や髪にも悪影響を与えます。

しかも、頭部は一番高いところにあり紫外線を浴びやすいのです。
紫外線で頭皮がダメージを受ければ、女性の薄毛を助長してしまうため対策として頭部にもしっかりと日焼け止めを塗るようにしましょう。

②帽子も忘れずに

紫外線対策として頭部に日焼け止めは必須ですが、並行して帽子の着用も薄毛を防ぐには重要な対策法です。
とはいえ、プールに入っている間に帽子をかぶるのは難しいかもしれませんね。

ですから、プールサイドにいる時など帽子の着用が可能な時には、頭皮や髪を守るためにできるだけ帽子をかぶるようにしましょう。

③プールから上がったらすぐにシャンプー

汚れを落とすためにもプールの塩素から髪を守るためにも、プールから上がったらすぐにシャンプーをすることが薄毛の悪化を防ぐ対策になります。
塩素の付着時間が長ければ、それだけ影響を与えるのですぐに洗うのがおすすめです。

さらに、シャンプーにもポイントがあります。
洗浄力の高いシャンプーは頭皮トラブルを引き起こす可能性があるので、薄毛を防ぐためには、頭皮にやさしい成分のシャンプーを使用するのが対策としてより効果的です。

プールで薄毛を隠す方法はないの?

悩む女性

薄毛が気になってプールを躊躇してしまう…そんな女性も中にはいるでしょう。
そんな時は、一時的に薄毛をカバーしてしまいましょう。
ここでは、プールで薄毛を隠す方法をご紹介します。

①キャップで隠す

プールで薄毛を隠すのに一番いい方法は、キャップを被ることです。
プールの水で髪が濡れると、どうしても薄い部分が出てしまいます。
濡らさないというのも不可能なことですから、先にキャップをかぶってしまいましょう。

おすすめなのは、シリコンゴムタイプのキャップです。
頭にフィットする分、髪の中に水が入っていくこともありませんから濡れる心配がありません。
さらに、塩素にさらされる心配もなく紫外線も防げるので、薄毛対策にもなり一石二鳥ですよ。

②髪を編んで薄さをカバー

薄毛を隠す2つ目の方法は、髪自体をアレンジすることです。
プールに行くなら、髪をアップにしたり束ねたりする女性が多いかと思いますが、薄毛を隠すアレンジ方法としては髪を編み込むことがポイントです。

ただ髪を結ぶだけなら、濡れると地肌が目立つ可能性があります。
でも編むことで髪のボリュームアップが図れますし、髪が乱れるのも防ぐことができますね。

あらかじめ薄毛であることを伝えるのもひとつの手です

考える女性

プールには行きたいけど薄毛が気になって乗り気になれない…それでは楽しみも半減してしまう上、憂鬱にもなりますよね。
せっかくプールに行くのなら、心から楽しみたいはず。

そのためには、あらかじめ薄毛であることを周りの人に伝えておくのも手です。
もちろん、勇気がいることでありハードルは高いです。
でも、一緒に行く人に事前に伝えることでその後の心理的負担を減らすことができます。
気分が軽くなると自然に振る舞え、心からプールが楽しめるかもしれませんよ。

薄毛の女性は髪をいたわりつつ、プールを楽しみましょう

いかがでしたか。
プールと女性の薄毛との関係性についてご紹介しました。
プールに行くだけですぐに薄毛に直結することはありませんが、女性が薄毛を引き起こす要因になり得ることはご理解いただけたと思います。
プールでの対策も女性の薄毛対策の1つなんですよ。

ただ、今回ご紹介した対策法を取り入れていけば不安に感じることはありませんよ。
大切なのは、頭皮と髪を守ることです。
薄毛に悩んでいる女性は、髪をいたわりながらプールを楽しみましょう。