びまん性脱毛症を植毛で治療するメリットとデメリット

 植毛でびまん性脱毛症が治る!?

頭皮マッサージ

女性の薄毛の原因として割合の高いびまん性脱毛症。
色々な治療方法がありますが、植毛もそのひとつとして注目されています。

でも植毛にはメリットもある反面、デメリットもある様子…

今回はびまん性脱毛症の治療としての植毛について詳しく迫っていきます。
あなたの薄毛治療の参考に役立つ情報が詰まっていますので、ぜひ最後まで読んでいってくださいね。

びまん性脱毛症に植毛が効果的な理由

女性の薄毛に一押し

びまん性脱毛症は発毛薬でも治療可能な症状です。
でも発毛薬を使った治療の場合は数ヶ月~数年といった長いスパンで治療を進めていく必要があるんですね。
定期的に通院する必要がありますし、毎月の費用も当然かかってきます。
忙しい女性にとって負担になるケースもあるかもしれません。

しかし植毛の場合は、一度手術をしてしまえばそれで薄毛治療は完了。
ですから根本的な薄毛治療を考える女性に人気があるというわけなんですね。

ちなみに自毛植毛は人工の毛を植えることもできますが、自分の毛を植える自毛植毛がおすすめ。
自分の髪の毛なので生着率も90%を超えるというデータがありますし、拒絶反応も少ないのでリスクも少なく治療ができます。

自毛植毛とは?

毛の状態のイメージ

では、自毛植毛とはどのような内容の手術なのでしょうか。
施術の方法や費用について、初めての人にもわかりやすくご説明しますね。

①自毛植毛手術の内容

自毛植毛とは、文字通り自分の髪の毛を植える手術です。

実はびまん性脱毛症になったとしても、後頭部や側頭部には髪の毛がしっかり残っているが多いんです。
そうした部分から髪の毛を毛包ごと切り取り、それを薄毛になってしまった頭皮に植えるというのが植毛の流れになります。

外科手術ではありますが、最近は技術も発達してきていて日帰りができるようにもなっているんですよ。

②自毛植毛手術の費用相場

自毛植毛の手術費用ですが、クリニックによって差はあるものの大体数十万円~数百万円が相場になります。

費用の内訳ですが、多くの病院では基本料金+面積当たりの植毛料金という設定をしています。
例えば某クリニックの場合、基本料金が25万円+8.5㎠ごとに10万円…といったような感じ。
植毛したい面積が大きくなると、それだけ料金も加算されるという計算になります。

びまん性脱毛症を自毛植毛で治療するメリット

鏡で確認する女性

植毛について、大体わかってきたでしょうか。
では、びまん性脱毛症の治療として自毛植毛を選ぶメリットは何なのでしょうか?

①ほぼ1度で治療が終わる

先ほども書きましたが、自毛植毛は一度手術を行えばびまん性脱毛症の治療は完了します。
これはかなり大きなメリットと言えるのではないでしょうか。

というのも、お薬での治療は定期的に通院することが必要ですよね。
しかも通院期間は数ヶ月~数年という長期に渡る可能性が大。
最初のうちはお出かけ気分で通院できても、長くなると段々負担になってくる女性もいるかもしれません。

1度でびまん性脱毛症の治療が終わるということは精神的な安心感にもつながります。
これが植毛に人気がある理由なんですね。

②手術が周囲にばれにくい

自毛植毛のもうひとつのメリットは、手術をしたということが周囲にばれにくいということです。

大きな理由は、自分の毛を植えるということ。
人工の毛を植える植毛もありますが、どんなに自分の髪質と似た毛を使っても、やっぱり何となく違和感は出るものですよね。
しかし自毛植毛なら自分の髪質そのままですから、違和感はありません。

さらに傷跡もほとんど残りませんのでケガなどの手術と違って周りから心配されることもないんですよ。

びまん性脱毛症を植毛で治療する際の注意点

自毛植毛のメリットをご紹介してきましたが、びまん性脱毛症を植毛で治療する場合の注意点ももちろんあります。

それは、やはり費用が高額になることです。
発毛薬の治療では1ヶ月あたり1~3万円くらいが相場ですし、それを思うと一度に数十万円もの料金を支払うことはなかなか難しいという女性も多いと思います。
また、ほとんどの人にとって植毛は初体験のはず。
効果があるかどうか想像できないのに高いお金を払うのは気持ち的にしんどい部分もあるかもしれません。

ただ、先ほども書きましたが植毛は一度手術をすればそれで治療は終わり。
発毛薬は1ヶ月あたりの負担は少ないものの、長期的に通院した場合、トータルで見ると植毛と同じくらいの金額になる可能性があります。

どちらがいいかはご自身のびまん性脱毛症の状態と照らし合わせて、よく考えて決めることをおすすめします。

植毛によるびまん性脱毛症治療はこんな女性におすすめ

びまん性脱毛症を植毛で治療するにはメリットとデメリット、両方があることがわかりましたね。
でも、デメリットを考えたとしてもやはり植毛をおすすめしたいパターンもあるんですよ。
どのような女性に植毛がおすすめなのかを考えてみました。

①確実に効果が欲しい女性

自毛植毛の技術はかなり進んでおり、ほぼ確実に薄毛治療が成功すると言われています。

反面、発毛薬の治療では効果が出る前に時間がかかりますし、満足のいく結果が出るかどうかはかなり後になってみないとわかりません。
つまりびまん性脱毛症を確実に治療したいと考えている女性には、植毛はうってつけの方法と言うことができます。

②症状がかなり進行してしまっている女性

びまん性脱毛症と一言でいっても、症状の程度はさまざま。
軽い薄毛の症状であれば発毛薬での治療も比較的短期間で成果が出ると予想されますので植毛の必要はないかもしれません。

でも、びまん性脱毛症がかなり進行してしまっている女性は、発毛薬での治療をするとしても改善を実感するにはかなりの期間を要します。
この場合は植毛で一度に解決してしまったほうが、体の負担も費用も抑えられる可能性が高いんですよ。

植毛が気になる女性はまずクリニックに相談を

患者さんとお医者さん

ここまでの内容で、植毛について気になる女性も増えてきたかと思います。
興味があるという人はぜひ一度クリニックで相談してみてください。

薄毛治療専門のクリニックは、カウンセリングを無料で受けられるところが多くあります。
まずは相談してみて、ご自身のびまん性脱毛症に合った治療方法は何なのか、専門医の意見を聞いてみましょう。
植毛のメリットやデメリットも、医師の口からより詳しく聞くことができますよ。
話を聞いてみてからもう一度考えてみることで、治療の方向性がより深く見えてくるかもしれません!

植毛によるびまん性脱毛症治療はデメリットを把握してから!

びまん性脱毛症の治療としての植毛のお話、いかがだったでしょうか。

一度で薄毛治療が完了するのはかなり魅力的ですが、その分デメリットもある植毛。
すぐに決める必要はありませんから、専門医とじっくり相談しながら手術を受けるかどうかを決めるようにしてくださいね。

薄毛治療は納得して受けるのが一番です。
焦らずに治療方法を精査して、リラックスして治療に臨めるようにしていきましょう!