使用厳禁!女性にとって危険な育毛剤の条件【おすすめ育毛剤あり】

女性がやみくもに育毛剤を使うのは危険です…!

薄毛に悩む女性にとって、育毛剤は頼れるパートナーとも言える存在。
毎日の育毛ケアに取り入れているという女性も多いのではないでしょうか。

でもちょっとだけ気を付けて。
女性がやみくもに育毛剤を使うのは危険かもしれないんですよ。
お悩みを解決するはずの育毛剤がどうして…!?

今回は女性にとって危険な育毛剤の実態に迫ります!

女性にとって危険な育毛剤の配合成分

女性用の育毛剤も多く販売されるようになっていますが、髪の毛を生えさせるには男性用の育毛剤を使っても同じ…そんなふうに思っていませんか?

基本的に女性にとって危険な育毛剤とは、この男性用の育毛剤にあたります。

実は、男性用の育毛剤に配合されている成分の中には、女性にとって危険なものもあるんです!

一体どの成分が危険なのかを挙げていきますね。

①フィナステリド

フィナステリドは前立腺の疾患に対するお薬として開発された成分ですが、発毛作用が確認されたことから今では発毛剤としての利用が進んでいます。
男性用の発毛剤・育毛剤によく配合されている成分なんですよ。

でもこのフィナステリド、女性にとっては大変危険な成分!
何故なら妊娠中の女性の体内にフィナステリドが入ってしまうと、お腹の胎児に重篤な障害が出てしまうからなんです。

だったらフィナステリドを飲まなければいい…と思うかもしれませんが、実は触るのもNG。
フィナステリドは触れるだけで吸収されてしまいます!

プロペシアは男性だけの男性型脱毛の治療用です。女性が服用してはいけません

出典:プロペシア(PROPECIA)(男性型脱毛症用薬)に関する注意喚起について |厚生労働省

フィナステリドが配合された育毛剤(治療薬)

  • プロペシア
  • フィンペシア
  • エフペシア
  • フィナロ
  • ラムダグロー
  • プロスカー

②高濃度の発毛成分

注意するお医者さん

フィナステリド以外にも、発毛成分の濃度が高すぎる育毛剤は女性にとっては危険と言われています。

男女ともに効果のある育毛成分として代表的なのはミノキシジル
ミノキシジルは高血圧の薬として開発された成分ですが、発毛作用があることから育毛剤に配合されることが多くなってきました。
でもその反面むくみや動悸、めまいといった副作用も確認されていますので、デリケートな状態の女性…やはり妊娠中の女性にはオススメできないとされているんですね。

とは言え、副作用の心配がないような低濃度の摂取であればむしろ推奨されています。
専門家の指導に従って使用すれば大丈夫ですよ。

高濃度の発毛成分が配合された育毛剤(治療薬)

  • リアップ
  • ロゲイン
  • カークランド
  • ポラリス
  • スペクトル
  • アクタビス

③高濃度のアルコール・エタノール

アルコールやエタノールは肌に触れるとスッキリした感覚が得られることから、育毛剤に配合されることの多い成分です。

でも、塗るだけでスッキリするということは、肌にとって刺激が加わっているということでもあります。
市販の育毛剤には、大量のアルコールが含まれていることが多く、濃度50パーセント以上が大半で、70パーセント近くのものまで存在しています。
女性は敏感肌や乾燥肌の人が多いですよね。
アルコールには他にも、頭皮を乾燥させる、ホルモンバランスを崩す、頭皮上の善玉の常在菌を殺すなどの悪影響もあります。
あまりに高濃度のアルコールやエタノールは頭皮の状態を悪化させる原因にもなりかねません。

せっかく育毛しようとして育毛剤を使っているのに、逆に肌を傷めてしまっては本末転倒となってしまいます。

高濃度のアルコール・エタノールが配合された育毛剤(治療薬)

  • サクセス
  • ポリピュアEX
  • リアルラゾン
  • ケフトルローション
  • セファニーズ

女性でも使える育毛剤の条件

女性が使うと危険な育毛剤の成分についてご紹介してきました。

じゃあ安心できる育毛剤を選びたい時はどうすればいいのでしょうか。

ここでは女性でも使える育毛剤の条件を挙げていきます。
育毛剤を選ぶときの参考にして下さい!

①「女性用」と表記されている

女性が使っても安全な育毛剤を選ぶ時、一番最初に確認することをオススメしたいのは「女性用かどうか」です。

女性用の育毛剤を男性が使っても問題ないことが多いですが、逆は危険。
男性用の育毛剤は女性にとって良くない成分が入っていることがあります。
ですから「女性用」という表示をきちんと確認することが大事なんですよ。

女性向けに作られている育毛剤なら成分や分量なども女性の体を考えて開発されていますから、危険が少ないというわけですね。

②無添加である

先ほど、アルコールやエタノールが女性の頭皮にとって危険だというお話をしましたよね。

でもアルコールやエタノール以外でも、保存料や香料といった成分が女性のお肌に悪い影響を与えてしまう可能性があるんですよ。

こうした成分をできるだけ避けるためにも「無添加」と表示してある育毛剤を選ぶことをオススメします!

③厚生労働省の認可を受けた医薬部外品である

女性が安心して育毛剤を選ぶためのポイントはもう1つ。
「医薬部外品」のものを選びましょう!

医薬部外品とは、厚生労働省の認可を受けた証
つまり国のチェックを受けているので安心して使うことができるというわけですね。

もし認可を受けていない育毛剤を使ってしまうと、何かトラブルがあった時に国からの救済措置が受けられません。
そうしたことを防ぐためにもしっかり確認しておいて下さいね。

危険性が比較的少ない女性用育毛剤の効果は?

ここまでのお話の中で、「女性に危険が少ない育毛剤=成分の濃度が低い」と感じた人もいるのではないでしょうか。
育毛成分が少ないという事は効果も低いのでは?
そう思ってしまうかもしれませんね。

でもその心配はありません!
女性の育毛に有効で副作用のない成分は他にたくさんあるんですよ。
わざわざ危険を冒して男性向けの成分を使わなくても、女性に適した育毛成分が入っている育毛剤を使えばきちんと育毛できるということなんですね。

女性用の育毛剤に副作用の危険はある?

悩む看護師

女性が安心して育毛するためには「女性用」の育毛剤を使うのが良いというお話をしましたが、女性用なら副作用の危険はないのでしょうか?

残念ながら、100%副作用のような症状が出ないとは言い切れないんです。それはどんなに肌に優しいと言われている化粧品等を使用しても同じですよね。

女性用に作られた育毛剤であっても、肌質は人それぞれ
どうしてもお肌に合わない場合はかゆみやその他の刺激を感じてしまう人もいるかもしれません。

重篤な副作用の心配はないものの、お肌に合わないと感じた時はすぐ使用を中止しましょう。

女性の方は危険な育毛剤を使用しないように!

女性が使うと危険な育毛剤の成分について、いかがだったでしょうか。

そんなこと今まで知らなかった…という女性は、ぜひお手元の育毛剤をチェック!
頭皮や髪の毛の安全のためにも、成分を見直してみて下さいね。

女性にとって危険の少ない育毛剤を使用して、安全に育毛ケアをしていきましょう!