女性の薄毛にはマイナチュレとロゲインどっちを使うべき?

マイナチュレとロゲインはどちらがオススメなのか?

考える女性

育毛剤は薄毛に悩む女性にとって心強いアイテム。
でも、育毛剤にも色々な種類がありますから、どれを選んだらいいか迷っている人も多いかもしれません。

そこで今回は女性用育毛剤の中でも人気のある商品、マイナチュレとロゲインをご紹介します。
マイナチュレとロゲインだったら、一体どちらを選ぶのが正解なのでしょうか?
成分や長所を比較しながら詳しく見ていきましょう!

マイナチュレとロゲインを徹底比較!

では早速、マイナチュレとロゲインを比較していきます。
まずはそれぞれの概要からご覧ください。

マイナチュレの概要

マイナチュレは女性の薄毛のお悩みに寄り添って開発された育毛剤です。
マイナチュレという商品名よりも「無添加育毛剤」という文字のほうを大きく広告に載せているくらい、無添加に自信のある育毛剤なんです。
配合成分も天然にこだわっていますので、デリケートな女性の頭皮に負担をかけることなく育毛することができます。
すでに多くのユーザーを獲得している、大人気の育毛剤なんです。

ロゲインの概要

ロゲイン

ロゲインには色々な種類があるのですが、女性用のロゲインとして販売されているのは「2%」という表記のあるものになります。
この2%とは一体何かというと、ミノキシジルの配合量を表しているんです。

つまりロゲインの有効成分はミノキシジル。
ミノキシジルは高い発毛効果があるということで医療用としても使われる成分です。
薄毛治療専門クリニックで処方されている実績があり、育毛剤としての効果は医学的にも認められています!

それぞれの特徴を表で比較!

マイナチュレ ロゲイン
 内容量  120ml  60ml
 価格  1本5,095円(税抜・送料別)
定期便1本あたり4,457円(税抜・送料無料)
 1本4~5,000円前後(処方を受ける医療機関によって変動あり)
定期便の実施なし
有効成分名  グリチルリチン酸ジカリウム、酢酸DL‐α‐トコフェロール、センブリ抽出液  ミノキシジル
 育毛・頭皮ケア成分の数  41  1
天然成分の数  31  0
無添加  11成分無添加 添加物あり
副作用の有無  ほとんどなし  ミノキシジルによる副作用の報告あり
匂い  ほぼ無臭  若干のアルコール臭
 塗布口 ノズル式  スポイト式
 テクスチャー さらっとしている  さらっとしている
 定期コースの特典  女性のための育毛ケアガイドプレゼント なし
 返金保証  180日間の返金保証あり なし
 購入後のサポート  フリーダイヤルの相談窓口完備 医師から処方を受けた場合のみ医師のサポートあり

マイナチュレとロゲインを比較してみた結果…

髪を確認するお風呂上がりの女性

マイナチュレとロゲインをざっくりと比較してきました。
2つの育毛剤に共通するところと、大きく異なる点はどの部分なのでしょうか?

有効成分は大きく異なる

マイナチュレとロゲインで大きく違うのは、有効成分です。

ロゲインは医薬成分のミノキシジルを主成分とする育毛剤。
天然成分ではないものの、高い発毛効果が期待できると言われています。

一方マイナチュレはセンブリや酢酸トコフェロールといった天然由来の成分を主体として作られています。
マイナチュレに含まれる成分にはミノキシジルほど強い発毛効果はありませんが、ナチュラルに頭皮環境を整えてくれる効果が期待できます。

どちらも市販では販売されていない

マイナチュレとロゲインに共通するのは、どちらも市販品として手に入れることができない点です。

マイナチュレは通販限定の育毛剤。
メーカー直販サイトか、楽天・Amazonのような通販サイトで購入するのが基本になります。

ロゲインのほうは国内では基本的に医療機関の処方を受ける必要があります。
ミノキシジルは医薬成分ですから、医師の指導の元に使用することが原則です。
(海外から個人輸入をして入手する方法もありますが、こちらはサポートが全く受けられない方法ですのであまりオススメできません。)

マイナチュレが優れている点

櫛で髪を整える女性

ではもう少し詳しく比較をしていきましょう。
ここでは2つの育毛剤について、それぞれ優れている点を挙げていきます。
まずはマイナチュレの長所からご覧ください。

①副作用が少ない

マイナチュレがロゲインに比べて優れているのは、副作用の心配がほとんどないことです。

ロゲインに含まれているミノキシジルは化学的に作られた成分。
さらにアルコール類の添加物もありますから、人によってはかゆみや湿疹などの副作用が出ることがあると言われています。
一方マイナチュレは天然成分中心に配合されている上に、無添加です。
稀に肌に合わない人もいるようですが、ほとんどの場合副作用の心配はありません。

お肌に優しい育毛剤を使いたいなら、マイナチュレのほうがオススメできるかもしれません。

②返金保証がついている

マイナチュレのもう一つの長所は、返金保証がついている点です。
マイナチュレは購入後180日であれば、開封済みでも返品・返金を受けることができるんです。

育毛剤を使う時に心配なのはお肌との相性ですよね。
せっかく購入してもお肌に合わなかったら捨てるしかない…そう思うと育毛剤を購入するのをためらってしまうこともあるかもしれません。
でもマイナチュレなら実際に使ってから購入するかどうかを判断することができるため、安心してお試しすることができます。

ロゲインにはこうした保証はありませんからこれは大きな長所と言えます。

ロゲインが優れている点

髪をドライヤーで乾かす女性

マイナチュレの優れた点をご紹介してきましたが、もちろんロゲインにも長所はちゃんとあります。

①ミノキシジルの高い効果が期待できる

ロゲインの一番の長所は、主成分が医薬成分のミノキシジルであるという点です。

先ほどもご紹介しましたが、ミノキシジルは発毛効果が世界的に認められている成分。
マイナチュレの配合成分にはここまでの強い力はありませんから、早く確実に育毛したい女性にはロゲインがおすすめできるかもしれません。

ただし、効果が強いだけに使い方を間違えると副作用の心配がありますから、用量・用法を正しく守って使っていってください。

②専門家と相談しながら使用できる

ロゲインのもうひとつのメリットは、専門家との二人三脚で育毛を進めて行くことができる点です。

日本国内でロゲインを入手する方法は医師からの処方が基本。
処方を受ける時には必ず診察が必要になります。
困ったことや疑問点をお医者さんと相談しながら育毛を進めていけるというのは、メンタル的にもかなり安心できるのではないでしょうか。
マイナチュレにも相談窓口はありますが、やはりお医者さんが近くにいてくれるのは心強いです。

もちろんこれは、処方を受けた場合限定のお話。
個人輸入などで個人的に入手した場合は適応外ですので、そこは注意してください。

結局どっちがおすすめ?

マイナチュレもロゲインも、それぞれ良いところが色々ありました。
結局のところ、女性の薄毛改善を目指すにはどちらの育毛剤がおすすめなのでしょうか。

どちらも甲乙つけがたいですが、今回はマイナチュレのほうをお勧めしたいと思います。

というのも、確かに育毛効果としてはロゲインのほうが高い実力を持っています。
ですがその分、副作用の心配もあるんです。
マイナチュレなら副作用の心配はほとんどありませんし、ロゲインほどではないにしても育毛効果にはきちんとした実績があります。

これから育毛を始める女性は、まずはマイナチュレを使ってみてはいかがでしょうか。

比較を参考に、自分にあった育毛剤を見つけましょう

OKポーズをとる女性

マイナチュレとロゲインのご紹介、いかがだったでしょうか。

どちらも優秀な育毛剤であることは確かですが、安心感で言うとマイナチュレが少し勝っているということになります。

とは言え、ご自身にはロゲインのほうが合っていると思った女性はそれでもOK!
育毛の方法はご自身が納得できる方法で行うのが一番ですから、より気に入ったほうを選んで大丈夫です。

今回の比較を参考に、ご自身に合った育毛剤を使っていきましょう。