育毛剤には消費期限がある!使用OKなのはいつまで?

育毛剤には消費期限があることをご存知でしょうか?

パソコンを持つ女性

毎日使っている育毛剤。
ある日ふと、消費期限が気になったということはないでしょうか。

「え?育毛剤って消費期限があるの?」と思った方も多いでしょうが、実は設定されています。
しかし、どこを探しても記載がない。
一体なぜなのでしょうか?

今回は意外と知らない育毛剤の消費期限について、詳しく解説していきたいと思います!

育毛剤にはあまり消費期限が記載されていないけど…

悩む看護師

冒頭で触れたように、ほとんどの育毛剤には消費期限が書いてありません。
なぜなのでしょうか。

市販の育毛剤は法律上「医薬部外品」にあたります。
そして医薬部外品は、未開封で保存状態が適切であれば、3年間は品質が保てることが条件です。

薬機法で消費期限の記載が義務付けられているのは、期限が3年以内のもの。
つまり育毛剤は法律上消費期限を載せる必要がないというわけなのです。

消費期限が過ぎた育毛剤の使用はオススメできません

手のひらを向ける女性

上で見たように、ほとんどの育毛剤は3年ほどの消費期限があります。
しかし、3年を過ぎたものを使うのはオススメできません。
その理由について見ていきましょう。

①育毛効果が減っているかも!?

育毛剤にはグリチルリチン酸2Kやセンブリエキスなどをはじめとした、さまざまな有効成分が配合されています。
しかしこれらの成分は、いつまでも効果が保てるわけではありません。
時間や保存条件によって品質が落ちてしまうことがあるのです。

そうした育毛剤を使っても、本来のような効果は望めません。
そのため、薄毛対策を意識するなら消費期限の切れた育毛剤の使用は避けるようにしましょう。

②成分が変わっている恐れあり

上では消費期限が過ぎることで有効成分の品質が落ち、本来の効果がなくなっている可能性を挙げましたが、それだけでなく体に悪影響を及ぼす危険もあります。

長い時間が経つことにより育毛剤の成分が変化して、頭皮にかゆみやかぶれなどを起こし、薄毛の原因につながる場合も。
こうした思わぬトラブルを避けるためにも、消費期限切れの育毛剤は使わないようにしましょう。

開封した育毛剤は早めに使い切りましょう

女性の薄毛に一押し

前述のように、育毛剤は3年の消費期限があるとされていますが、それはあくまで未開封の場合。
開封してしまったものは未開封の時より劣化が早く進むので、なるべく早く使ってしまうのが賢明でしょう。

育毛剤には用量や用法が設定されているため、それらを守って適切に使えば、長くかからずに使い切れるようになっています。
また育毛剤は継続して使用することが大事ですから、日にちをあけるなど不規則な使用は避けるようにしましょう。

開封した育毛剤は正しく保存を

若い女性

上でも触れた通り、開封済みの育毛剤は比較的劣化しやすくなります。
正しい保存方法について以下で見ておきましょう。

①高温多湿は避ける

育毛剤に限らず、高温多湿の環境に物を置くとその影響を強く受けてしまいます。
前述したように成分が変化して、かゆみ・かぶれといった頭皮トラブルを招くことも。

お風呂場やエアコンの近くなど、温度や湿度の影響を受けそうな場所には育毛剤を置かないようにしましょう。
なるべく温度や湿度が一定の場所に保管するのがポイントです。

②光が当たらないようにする

直射日光などの光にも注意が必要です。
日光の紫外線が成分を変化させ、トラブルを引き起こす可能性があります。
窓際など日差しが直接当たる場所には育毛剤を置かないようにしましょう。

また、蛍光灯や電灯の光も避けた方が無難です。
やはり成分に影響を与える恐れがあるため、育毛剤はなるべく暗くて涼しい場所を選んで置くようにしましょう。

育毛剤の消費期限は3年以内です

いかがでしたか?
このように、育毛剤の消費期限は3年となっています。
ただしそれも未開封の場合で、開封したものはずっと消費期限が早まりますから、くれぐれも注意が必要です。

断続的に使用したり、昔のものを使うなどのやり方は効果も期待できません。
容器などに書かれた用法・用量を守り、なるべく早く使いきるようにしましょう。