パントガールと亜鉛サプリの併用は大丈夫?【メリットと注意点】

パントガールと亜鉛サプリの併用はOK?

悩む女性

パントガールも亜鉛も薄毛に効果があるということは、よく見聞きしますよね。
どちらも効果があるなら、パントガールも亜鉛も試してみたい…と思う女性もいるでしょう。

でも、薬となるとやはり気になるのは併用することによるトラブルが心配ですよね。
基本的にパントガールと亜鉛サプリは一緒に服用してもOKだとされています。
それでも不安な女性もいると思うので、今回はパントガールと亜鉛サプリが併用可能な理由などを掘り下げてお話します。

パントガールとは?

女医さん

パントガールは女性の薄毛に効果があるということは、ご存知の女性も多いですよね。
ただ、実際にパントガールを服用するなら詳しく知っておく必要があります。
まず初めに、パントガールには具体的にどんな効果や特徴があるのか詳しくご紹介します。

パントガールの効果・特徴

パントガールは、女性の抜け毛を改善と同時に発毛効果があると世界で初めて認められた飲むタイプの薄毛治療薬です。
効果とともに安全性も認められていて、副作用がほとんどなく長期的な使用が可能なこともパントガールの大きな特徴です。

パントガールの効果は臨床検査でも認められていて、3ヶ月間使用継続した女性の7割が抜け毛の減少を実感しています。
アミノ酸やタンパク質・各種ビタミンなどが配合されているため、髪を成長させ薄毛を改善させることができるのです。

パントガールの使用方法

パントガールは、朝・昼・晩の食後に1カプセルずつ1日に3回の服用とされています。
服用の際の注意点は少量の水で服用することで、お湯で飲むのは避けましょう。

なぜなら、パントガールの栄養素は熱に弱いからです。
そのため、パントガールは低温か常温の水で飲む必要があります。
継続的に服用することで効果が得られるため、最低でも3ヶ月は服用を続けるましょう。

パントガールの入手方法

パントガールはネット上でも販売されていますが、日本では販売していないため個人輸入しなければなりません。
ただ、ネットで容易に買えるものの、個人輸入したものが安全かどうかは別の話です。

個人輸入薬を販売している業者の中には、偽物を売っているところもあり、どこが安全かは目に見えないものです。
しかも問題が起きたとしても自己責任になり、一切の保障がありません。
ですから、パントガールを入手する際は正規品を購入する意味でも必ずクリニックで処方を受けるようにしましょう。

亜鉛サプリとは?

考える女性

パントガールについてわかったところで、続いては亜鉛サプリについて詳しくみてみましょう。
亜鉛には薄毛に対してどのような効果があるのでしょか。

亜鉛の薄毛への効果

亜鉛が直接発毛を促すというわけではありませんが、薄毛にとって亜鉛は欠かせないものと言えます。
髪の毛は、ケラチンというたんぱく質の一種によって作られています。

もちろん、タンパク質を欠かすことも薄毛にとってはよくありませんが、ケラチンはタンパク質を原料として体内で構成されるものであるため、その材料が不足しても髪の毛を作ることができなくなってしまいます。
ケラチンを合成するためには亜鉛も必要なため、亜鉛を摂取することで薄毛を改善する効果が期待できるのです。

亜鉛サプリの摂取法・用量

亜鉛は、もともと体に吸収されにくい栄養素として知られています。
吸収されにくい理由は、吸収を阻害する食べ物や飲み物があるからです。

コーヒーや紅茶などに含まれるカフェインやタンニンは亜鉛の吸収を阻害するため、亜鉛アプリを摂取する際は必ず水か白湯で飲むようにしましょう。
飲みタイミングは諸説ありますが、空腹時は避けるようにし食後30分ぐらいで服用するのがおすすめです。
用量はサプリにもよりますが、1日1回もしくは1日2回の場合もあります。

パントガールと亜鉛サプリは一緒に摂取可能!

若い女性

パントガールと亜鉛は併用できるのかということですが、結論から言うと一緒に飲んでも問題はありません。
亜鉛は髪を構成する上で重要な栄養素で、薄毛対策としても欠かせないものですが、実はパントガールに亜鉛は含まれていません。

ですから、配合されていない栄養素を補うためにも、パントガールはむしろ亜鉛と併用することでメリットがあると言えます。

ただし、亜鉛の取りすぎに注意!

危険

亜鉛は抜け毛を防いだり薄毛対策としては、積極的に摂取したい栄養素ではあります。
でも、だからといってむやみやたらに摂取してはいけません。
亜鉛の過度の摂取は、中毒を起こすこともあり危険なのです。

亜鉛の一日の推奨摂取量は、厚生労働省の発表によると女性は9mgとされています。
亜鉛は食事からも摂取しているため、摂りすぎていることもあります。
過度に摂取すると貧血や腹痛などが起きる可能性もあり、注意が必要です。

サプリ以外で亜鉛を効率的に摂取できるおすすめ料理

過剰摂取の可能性を知ると、亜鉛サプリを服用するのを躊躇してしまう女性もいるかもしれませんね。
そんなときは、サプリ以外で食事によって亜鉛の摂取を心がけましょう。
ここでは、亜鉛を効率的に摂取できるおすすめの料理をご紹介します。

①鶏肉のレモンソース

鶏むね肉のレモンソース

鶏肉はタンパク質が含まれるほか亜鉛も含んでいるので、薄毛対策にはおすすめの食材です。
亜鉛はビタミンCと一緒に摂取することでより吸収率が高くなるため、レモンを食材とともに使用するのが効率よく亜鉛を摂取できるポイントかもしれません。

鶏肉のレモンソースのレシピはこちら

②牡蠣のポン酢煮

牡蠣のポン酢煮

亜鉛といえば牡蠣といわれるほど、牡蠣には多くの亜鉛が含まれています。
旬の季節になれば薄毛対策として食材に取り入れてみるのもおすすめです。
ポン酢は材料に柑橘類の果汁が使われているので、調味料からビタミンCも摂取できます。

牡蠣のポン酢煮のレシピはこちら

③大豆と人参と豚肉の生姜焼き

大豆と豚肉のしょうが焼き

豚肉にも亜鉛が含まれているため、亜鉛摂取のために食材として取り入れることができます。
さらに、大豆を同時に使うことで効果が高まります。
大豆には亜鉛のほか、大豆イソフラボンが含まれているため女性の薄毛対策としておすすめの食材です。

大豆と人参と豚肉の生姜焼きのレシピはこちら

亜鉛とパントガールで効果的な薄毛対策を

いかがでしたか。
パントガールと亜鉛は併用が可能かどうかについて説明しましたが、むしろ同時に摂取したほうがいいことがわかりましたね。

パントガールで抜け毛を防いで発毛を促し亜鉛の力で髪を構成することができれば、相乗効果によって薄毛改善が期待できます。
薄毛に悩んでいる女性は、パントガールと亜鉛の併用を考慮してみてはいかがでしょうか。