20代女性でもびまん性脱毛症になる!?【原因と対策法】

20代という若さでも薄毛は起こります…

女性でも薄毛に悩む人が増えてきたとされていますが、そんなの年配女性の悩みでしょ?
そう思っている20代の女性もいるかもしれません。

でも油断するのは危険ですよ。
実は20代という若い女性でも薄毛の症状になってしまう可能性は充分にあるんです。
すでに薄毛に悩んでいるという20代女性もたくさんいるとか…

今回は20代の女性でもなる可能性がある、びまん性脱毛症について詳しくご紹介していきますね。

そもそもびまん性脱毛症ってなに?

分け目が薄い女性

「びまん性脱毛症」は別名FAGA(女性男性型脱毛症)と呼ばれていて、女性の薄毛の原因の多くを占めると言われています。

男性の脱毛症と違い、頭髪全体が薄くなっていくのが特徴的。
抜け毛が増えるのももちろんですが、髪の毛が細くなったりコシがなくなったり…こうした症状があったらびまん性脱毛症かもしれません。
部分的に一気にハゲてしまうわけではないので、ある程度症状が進んでからびまん性脱毛症になってしまったことに気付く女性もいるんですよ。

びまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症は主にホルモンバランスが乱れることによって起きると言われています。
髪の毛の成長に欠かせないのが女性ホルモンなのですが、何らかの原因によって女性ホルモンの量が減り、男性ホルモンのほうが多くなってしまうとびまん性脱毛症になりやすいとされているんですよ。

また、頭皮の乾燥や血行不良など頭皮環境が悪化することもびまん性脱毛症の一因。
お顔やボディなどと同じく、頭皮も普段からしっかりケアしてあげることが大事なんですね。

20代女性に多いびまん性脱毛症の原因

びまん性脱毛症の原因はホルモンバランスの乱れや頭皮環境の悪化であることがわかりましたね。
でも、20代の女性なら体も若いし、そんな心配もないのでは…
そう思う女性もいるかもしれません。

実は20代の女性でも生活習慣によってはびまん性脱毛症の原因を作ってしまうことがあるんです。
詳しく見ていきましょう。

①過剰なダイエット

若い女性がホルモンバランスを崩してしまう原因として多いのが、過剰なダイエットです。

20代という若い年代は無理な食事制限や絶食といった極端な手段でダイエットをする女性もいるかもしれません。
こうした過剰なダイエットでは、一時的に体重は減るかもしれませんが体にはかなりの負担がかかってしまいます。
そのひとつがホルモンバランスへの影響なんですね。
ボディラインが綺麗になったのに薄毛に…そんなこともあるかもしれません。

また、食事制限をすることで栄養不足になると頭皮や髪の毛にまわる栄養が減ってしまいます。
そうすると頭皮環境が悪化してしまい、これもびまん性脱毛症を引き起こす要因になるんですよ。

②カラー・パーマ剤による頭皮の刺激

ダイエットはしていないという20代女性でも、カラーやパーマなど薬品類を多く使うスタイリングをしている場合は注意してください。

カラーやパーマ剤が頭皮に触れた時に刺激を感じたことがある人はいませんか?
髪の色や状態を変えるほどの威力を持つ薬品ですから、頭皮にもあまり良い影響はないんですよ。
1~2回の施術ではさほど影響がないかもしれませんが、何度も繰り返すことで頭皮へのダメージが蓄積して、びまん性脱毛症という形になって表れてしまうことがあるんです。

③睡眠不足

現代を生きる女性は毎日が大忙し。
20代の女性もきっと例外ではないでしょう。
学業や仕事に追われて、睡眠不足が続いているという女性も多いかもしれません。

でも睡眠は、体の健康を保つ基本。
睡眠不足が続くとホルモンの分泌が正常に行われなくなり、ホルモンバランスが乱れてしまいます。

また、睡眠不足でお肌が荒れた経験のある女性も多いはず。
頭皮もお肌の一部ですから、お顔が荒れるのと同じで頭皮環境も悪くなっていることもあります。

こうしたこともびまん性脱毛症の要因として考えられるんですよ。

びまん性脱毛症の対策法

髪を確認するお風呂上がりの女性

20代の女性でもびまん性脱毛症になる可能性は充分にありそうですね。
ここまでの内容を見て怖くなってしまった20代女性もいるかもしれません。

でも、原因がわかったということは対策もできるということ!
20代の女性ができるびまん性脱毛症対策をご紹介していきますね。

①バランスのとれた食事を心がける

髪の毛は体に取り入れた栄養を使って育っていきます。
つまり、バランスのとれた食事は美しい髪の毛を保つためには必要不可欠なんですよ。

髪の毛の材料となるタンパク質や、髪の毛が育つために必要なビタミン、ミネラル。
こうした栄養に気を配って食事を取るように心掛けることはびまん性脱毛症対策になりますし、体全体の健康を保つことにもつながります。

くれぐれも食事制限を厳しくする…というような、間違ったダイエットは慎んでくださいね。

②カラー・パーマの頻度を控える

20代の女性は髪の毛のオシャレを色々楽しみたい人も多いかもしれません。
でも、いくらヘアスタイルに気を配っても薄毛になってしまっては意味がないと思いませんか?

将来のご自分のためにも、カラーやパーマは過剰に行わないことをおすすめします。
ヘアカラーやパーマのように化学変化を起こすような薬剤ではなく、ヘアマニキュアやヘアアイロンなど頭皮に負担のない方法でスタイリングをするように心掛けてみてはいかがでしょうか。

③ゴールデンタイムに睡眠をとる

先ほど、睡眠不足はびまん性脱毛症の原因のひとつだというお話をしましたよね。
でも忙しい毎日で睡眠時間を増やすのは難しい…そういった女性もいるのではないでしょうか。

そんな20代女性におすすめなのが、睡眠を取る時間帯の工夫です。
夜10時~深夜2時までの時間帯はゴールデンタイムと呼ばれていて、他の時間帯に睡眠を取るよりも成長ホルモンが多く分泌されると言われています。
つまり長い睡眠が取れなくても、この時間帯に布団に入るようにすればびまん性脱毛症予防の効果は期待できるというわけ。

ちょっとした工夫でびまん性脱毛症のリスクを下げることができるんですね。

もっと簡単にできる対策法はないの?

ショートヘアの女性

20代の女性向けのびまん性脱毛症対策をご紹介してきましたが、どれも自分には難しい…
もっと簡単な対策法はないの?
そう思っている20代の女性もいるかもしれませんね。

びまん性脱毛症の対策として最も簡単なのは、女性用育毛剤を使うことです。
毎日頭皮に塗るだけなので習慣として取り入れやすく、研究もかなり進んでいますので薄毛改善効果もかなり高いと言われているんですよ。

でも、女性が育毛剤だなんて恥ずかしい…それに育毛剤だって薬剤でしょ?そう思う人もいるかもしれません。
大丈夫、20代女性が使うのに抵抗がないような育毛剤の特徴をご紹介しましょう。

20代女性にオススメな育毛剤の特徴

美容対策に敏感な女性の中には、体に負担のある化粧品は遠ざけたいと思っている人も多いかもしれません。
でも女性用育毛剤は天然成分でできているものがかなり多くあるんですよ。
天然成分配合の育毛剤を選べば、毎日使うことへの不安も減るのではないでしょうか。

また、育毛剤はお部屋や洗面所に置く人が多いと思いますが、メーカーによってはオシャレなボトルで化粧水や乳液と並べても違和感のない育毛剤もたくさんあります。
これなら毎日使っても恥ずかしくありませんよね。

さらに20代女性が育毛剤を選ぶ時に着目してもらいたいのがコストパフォーマンス。
育毛剤は使い始めてすぐ効果が出るというものではなく、数ヶ月、数年と使い続ける必要があります。
毎月の出費が負担にならないようなお値段のものを吟味して選ぶようにすることをおすすめします!

20代のびまん性脱毛症は早めの対策を!

20代女性のびまん性脱毛症について、いかがだったでしょうか。

20代でも薄毛になる可能性があると言われて驚いた女性もいるかもしれませんが、これだけ色々な対策があるならちょっと安心だと思いませんか?

ただ、症状が進んでから対策を始めても回復するにはかなりの時間がかかってしまいます。
少しでも髪の毛に異変を感じたら、すぐにでも対策を始めたほうがいいかもしれませんよ。

びまん性脱毛症の原因と対策をしっかり把握して、美しい髪の毛を維持していきましょう!