女性用で唯一の「生える」育毛剤とは?【医薬品の効果と注意点】

生える女性用育毛剤は1種類だけ!?

驚く女性

女性の薄毛を対策しようと、育毛剤の使用を考えている女性もいるかもしれませんが、育毛剤はどれも同じだと思っていませんか。
実は、市販の女性用育毛剤の中で生える育毛剤は国内ではただ1つ、リアップジェンヌだけなのです。

なぜ、リアップジェンヌだけが生えるとされるのか…他の女性用育毛剤との違いを知っていて損はないですよ。
この記事を参考にしながら、育毛剤選びをしていきましょう。

なぜ生える育毛剤はリアップリジェンヌだけなの?

数ある育毛剤の中で、唯一生えるとされるリアップジェンヌ。
唯一生えるとされる理由は、リアップジェンヌの成分にあります。
リアップジェンヌの主成分であるミノキシジルは、厚生労働省から認可を受けた発毛効果のある医薬成分です。

つまり、リアップジェンヌは発毛効果がある女性用育毛剤として、国からのお墨付きをもらっているということです。
国内では、ミノキシジルが配合された医薬品である女性用育毛剤は、リアップジェンヌだけであるため、生える育毛剤はリアップジェンヌだけということになります。

医薬品と医薬部外品の違いって何?

前述したように、リアップジェンヌは医薬品であり、国から発毛効果が認められています。
ここで問題になるのは、医薬品と医薬部外品の違いについてですね。

医薬品はいわゆる薬のことで、市販薬であれ病院の処方薬であれ、配合される成分がある病状や症状に対して、効果があるとして国から認可されているものです。

一方の医薬部外品は、医薬品に準ずるで効果があるとされる有効成分は配合されているものの、医薬品ほど作用が強くはなく比較的穏やかに作用するものです。
そのため、医薬部外品は治すためよりも予防として使用されることが多いのです。

女性用育毛剤選びは「生える」「発毛」といった表現に注意!

手のひらを向ける女性

薄毛に悩む女性にとって、「生える」という謳い文句は惹きつけられる要素になりますよね。
ただ、女性用育毛剤を選ぶ時には、そういった生えるや発毛などを大きく謳った医薬部外品の育毛剤を紹介しているサイトには注意しましょう。

前述のとおり、医薬部外品は医薬品でないため、必ず発毛するという保証はありません。
医薬部外品である以上、効果を保証するような広告表現は薬機法に違反するためアウトなのです。
にもかかわらず、誇大広告を出している医薬部外品の育毛剤には注意が必要です。

医薬品以外の育毛剤では生えないの?

では、医薬部外品の育毛剤では髪は生えないのでしょうか。
実はそんなことはなく、医薬部外品の女性用育毛剤であっても髪が生える可能性はあります。

なぜかというと、医薬部外品の育毛剤にも育毛促進効果のある成分が含まれているからです。
作用は穏やかですが、症状によってはリアップジェンヌを使用した場合と似たような効果が得られる可能性はあります。

医薬品の育毛剤によって生える可能性のある薄毛の症状

髪の分け目を見る女性

女性が薄毛になる原因には、様々なものがあります。
その中で医薬品の女性用育毛剤によって生える可能性があるのは、血行不良が原因で薄毛になっている場合です。

医薬品の育毛剤の主成分はミノキシジルですが、ミノキシジルはもともと血管拡張作用のある医薬成分です。
ですから、医薬品の育毛剤は血行を広げることで血行を良くし、薄毛を改善することができるため、血行不良が原因の薄毛には効果的であります。

生える育毛剤の使用にはこんな注意が必要です

唯一の生えるとされる医薬品の女性用育毛剤ですが、使用するにはリスクも伴います。
医薬品の育毛剤を使用する前には、必ず注意点を把握してからにしましょう。

①副作用の可能性

医薬品であるなら、副作用の可能性は否定できません。
どんな医薬品でも同じですが、作用が比較的強いために効果が期待できる反面、身体には負担がかかるというリスクがあります。

もちろん、育毛剤は内服薬と違い直接血管内に医薬成分が入らないので、体内を巡ることはなく重篤な副作用が出る可能性は低いですが、可能性がゼロではないことを知っておくべきです。

②購入には薬剤師の指導が必要

医薬品は、購入時に薬剤師の指導が必須になっています。
それは、内服薬であれ外用薬であれ変わりはありません。
医薬成分を含む医薬品は、作用が強いため副作用の可能性が完全には拭えません。

そのため、正しく使用しないと危険な場合もあるからです。
医薬品の女性用育毛剤を購入する場合は、必ず薬剤師の指導を受けてからにしましょう。

③継続しないと生えない

医薬品の女性用育毛剤は、国から効果が認められているから、使用すればすぐに生える…そう思っている女性は、考えを改める必要があります。
いくら医薬品でも、使用してすぐに生えるわけではありません。
髪には、ヘアサイクルという髪が生えてから自然に抜けるまでの一定のサイクルがあります。

当然のことながら、先に生えている髪が抜けなければ新しい髪が生えませんし、抜けている毛穴にも新しい髪の卵ができあがってなければ表に現れることはありませんね。
ですから、育毛促進効果があっても医薬品の育毛剤も継続しないと生えないのです。

生える育毛剤(医薬品)を検討の際は一度クリニックへ

薬局などで簡単に購入できる医薬品の育毛剤ですが、使用を検討する場合は一度クリニックで相談するのがおすすめです。
なぜなら、女性の薄毛の原因は1つではなく、自己判断で薄毛の原因を特定するのは危険だからです。

しかも、クリニックを受診すれば薄毛の原因を知ることができるだけでなく、自分に合ったよりよい女性の薄毛治療法の提供をしてもらえるほか、アドバイスをしてもらうこともできます。

リスクを容認して自己判断で医薬品を購入するよりも、薄毛専門のクリニックで相談する方がメリットが大きいと言えます。

医薬品の女性用育毛剤はデメリットを把握して使用しましょう

いかがでしたか。
日本国内で唯一生えるとされる医薬品の育毛剤についてお話ししました。
もちろん、医薬品の育毛剤は国からも認められていて、効果が高いものであることには違いがありません。

ただし、メリットだけを見て安易に使用するのではなく、医薬品の女性用育毛剤はデメリットも把握した上で正しく使用しましょうね。